スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼374

帰郷

volver.jpg


Volver.

マドリードに住むライムンダ(ペネロペ・クルス)とその娘パウラ(ヨアナ・コボ)そしてライムンダの姉ソーレ(ローラ・ドゥエニャス)は、ラ・マンチャ地方の風の強い小さな村に帰郷していた。一つ目の目的は、地方の風習であるお墓掃除、そしてもう一つは母の姉であるパウラ伯母さん(チュス・ランプレアベ)を引き取るためであった。パウラ伯母さんは、目が悪くなり、痴呆も進んでいた。墓で会った伯母さんの向かいに住むアグスティナ(ブランカ・ポルティーヨ)は普段伯母さんの面倒を見てくれているのだが、伯母さんは不思議と身の回りのことが不自由がないようなのだという。結局伯母さんの固い意志で連れて帰るのは諦めた一行だが、次は必ず迎えに来ると宣言してマドリードに戻ることに。家に帰ると、ライムンダの夫パコ(アントニオ・デ・ラ・トーレ)はビールを飲んだくれており、悪びれもせず仕事を首になったと告げる。ライムンダは自分のパートの仕事を増やすことにしたが、夫が楽しみにしているケーブルテレビのサッカーチャンネルの契約を解除することなどを主張する。ライムンダは伯母さんのことが心配で夫の娘を見る目が怪しいのに気付かない。翌日、仕事から帰ると娘が傘も持たずにバス停まで迎えに来ておりずぶ濡れになっていた。怪訝に思いながらも自宅に帰ると夫の死体が。そう、娘を襲おうとした夫が娘に刺されていたのだった。あわてて死体の始末をしようとするライムンダだったがその晩に限って、向かいのレストランを経営していたエミーリオ(カルロス・ブランコ)が店を畳んで売りに出すので鍵を預かっておいてくれと頼みに来たり、姉のソーレからパウラ伯母さんが死んだので葬式に行かねばならないと電話が来たり。不義理を非難されながらも葬式には行かないことを告げ、夫の死体をエミーリオのレストランに運び込む母娘。葬儀に出席したソーレは母イレーネ(カルメン・マウラ)の亡霊を見るが、地元の人々によると、イレーネの亡霊が姉であるパウラ伯母さんの面倒を見ていたとの噂だった。一方、エミーリオのレストランに死体を運びこんだライムンダが後始末をしようとしていると、レストランに入ってきた若者が。彼は、映画の撮影スタッフで、この近くで撮影隊が撮影をやっているのだが30人分のランチを用意してくれるレストランを探していたのだった。ライムンダは、エミーリオのレストランで働いていた経験と、空港で調理の仕事をやっていることもあり、エミーリオがいないことをいいことに勝手にこの店で注文を受けることに。野菜などは揃えたものの、仕入れのお金がないので、向かいに住む恰幅の良いレヒナ(マリア・イサベル・ディアス)やソーセージを大量に注文したばかりのイネス(ヌエス・サンス)らから材料を前借すると、三十人分のランチを提供することに成功する。そしてしばらく撮影するという撮影隊のために、しばらく営業を続けることに。一方葬儀を終えて帰ってきたソーレの車の中から亡き母親の声が。幽霊が出てきたと思っておびえるソーレだが、結局その母親と一緒に暮らすことに。ライムンダの方は、エミーリオがレストランを売ろうとしたカルロス(カルロス・ガルシア・カンベーロ)が現れ、エミーリオに無断で店を利用していたことがバレ、エミーリオに電話口で非難される。そして、今度はマドリードに現れたアグスティナが、癌で余命幾許もないことを告げられる。彼女の見舞いに行くと、妹のブリヒダにテレビに出ろと言われたが身内の恥なので出たくはないこと、だが自分の母親の生死を知りたいこと。彼女の母親は、ライムンダ達の両親が火事で死んだ四年前に消息を絶っていたこと、もし、ライムンダの母であるイレーネの亡霊が現れたら、自分の母の失踪に関係があるのではないかと聞いてほしいことなどを告げられる。亡霊の存在を知らないライムンダは取り合わないが、アグスティナにはある確信があったのだった…。果たして、ライムンダの両親の死とアグスティナの母の失踪の関係は?パコが口走ったパウラの出生の秘密は?そして、姿を隠していた母は何のために現れたのか?パコの死体の始末は?


ペネロペ・クルスのおっぱいが大きいです。
もうおばさんだけどね。

というか、重たい映画でした。
いや~Hable con ella(ロードショーの鬼80)もそうだったけど、きっつい映画。アルモドバルは暗いな。


ペネロペ・クルスの映画は、ウーマン・オン・トップ(ロードショーの鬼315)、コレリ大尉のマンドリン(ロードショーの鬼310)、サハラ死の砂漠を脱出せよ(ロードショーの鬼123)、などを見ています。
ウーマン・オン・トップの時にも料理のシーンが出てきたけど、そんなに上手じゃないよね、この人。

ローラ・ドゥエニャスの映画は、マール・アデントロ(ロードショーの鬼140)、アーブレ・コン・エジャなんかを見てます。

ランプレアーベもアーブレ・コン・エジャに出てたのね。

スペイン人ってラテン系で軽いと思ってたけど、重たい映画ばっかりだよね日本で紹介されるのは。

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。