スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼228

グリーン・マイル

greenmile.jpg



The Green Mile.

緑色の最後の一マイル。リノリウムの床の一マイル。


死刑台に続く道を最後の一マイルと呼ぶそうですが、それがリノリウム(緑色。水で濡れるとよく滑る。病院とかの床のイメージ。)で舗装されているので、グリーンマイルだそうで。


またもや、スティーブン=キングの小説が原作です。


ポール=エッジコム(ダブズ=グレア)は、老人ホームに入所しているが、毎朝長距離の散歩に出かけるのが日課。ある時、昔の映画(トップ=ハット)を見て、昔を思い出し、辛い気持ちになったが、その原因を友人エレイン=コネリー(イヴ=ブレット)に語り出す。

若い時、エッジコム(トム=ハンクス)は、コールド=マウンテン刑務所で死刑囚の収容される監獄の獄吏の責任者をやっていた。同僚は、ブルータス(ブルータル)=ハウエル(デヴィッド=モース)、ハリー=ターウィルガー(ジェフリー=デマン)、ディーン=スタントン(バリー=ペッパー)、パーシー=ウェットモア(ダグ=ハッチソン)。

ある日、車のスプリングが利かないほど巨体の黒人、ジョン=コフィー(マイケル=クラーク=ダンカン)が監獄にやってくる。サディストで同僚の看守たちからも嫌われているパーシーは、州知事夫人を叔母に持つため、自分勝手な振る舞いが目立つのだが、この日も死刑囚コフィーの入牢に当たって、「死体が通るぞ!」と周りを不快がらせる。目に余る態度をとるパーシーにエッジコムは監舎から出て行くことを命じるが、出て行く時に八つ当たりで、デルことエドワール=ドラクロワEduard delacroix(この辺、Cajun(現カナダのアカディアに住んでいたが、カナダがイギリス領になってから防衛上の理由で、同じ旧フランス植民地のルイジアナに移住させられたフランス系住民。)なんだから、Édouard de la Croixってフランス風の綴りかと思ってたんですが…)に警棒を叩きつけ彼の指の骨を折る始末。数日後、この刑務所の所長のハル=ムーア(ジェームズ=クロムウェル)に呼び出しを受け、パーシーの件に釘を刺されるが、それ以外にもこの刑務所に極悪犯ワイルド=ビルことウィリアム=ウォートン(サム=ロックウェル)がやってくることが決まった知らせを受ける。
一方、酔って人を殺してしまったインディアン、アーレン=ビターバック(グラハム=グリーン)の処刑の期日が近づく。看守たちは、アーレンが家族との面会に出ている隙に、少し頭の弱い模範囚トゥート=トゥート(ハリー=ディーン=スタントン)を使って、処刑の手順を確認する。無事処刑を終えた後、パーシーは、もっと楽で給料の良い仕事への転属願を出しておきながら一向に移動しないのは、処刑の現場を見たいと思っていたエッジコムは、相変わらず周囲を不快がらせていたパーシーに早く出て行けと吐き捨てるが、パーシーは、電気椅子のスイッチを入れる命令を出したい、それをやっているブルータルと代わらせてくれたら出て行く!と自分の希望を述べる。そこでエッジコムは、デルの処刑に際して、その役目を務めさせる代わりに必ず移動することを約束させる。


不思議な力を持つ、コフィーは、エッジコムの尿道の感染症を治癒し、死にかけたネズミ(デルの飼っていたミスター=ジングルスはパーシーに踏みつぶされた。)を生き返らせ、所長の妻の脳の腫瘍すら治してしまった。このような不思議な力は神から与えられたに違いない、もし兇悪犯なら神がこのような不思議な力を与えたままにしておくはずがない、と確信し、コフィーから不思議な力を分け与えられた為、コフィーが起こしたとされる事件の真相を知ったエッジコムだが、もはや手続き上どうしようもない。また、争いだけのこの世の中に居続けたくないと願うコフィーは、良心に恥じることは無いとエッジコムを慰める。コフィーの処刑の前、映画を見たことがないというコフィーの為に、上映会を開く看守たち。処刑の直前、コフィーは、その映画の主題歌を口ずさみながら電気椅子にかけられる…。





誤解されたまま死んで行くのはつらいと思いました。

後、原作者は、この映画見て四回泣いたそうですが、それは、最初からストーリーが頭に入ってるからでしょうね。二回目に見直したとき、最初の映画(トップ=ハット)が流れるシーンでラスト近辺を思い出して泣きそうになりましたもん。


電気椅子での処刑シーンがかなり生々しいです。
いや、本物は見たことがないけどさ。
想像する感じではってこと。

悪役は本当にいやな奴として描かれてます。
しかも、善人に迷惑がかからない形で始末されるし…。


エッジコムの補佐役、副主任のデヴィッド=モースはザ=ロックに出て来た、トム=バクスター少佐。
所長のジェームズ・クロムウェルはピンク=キャデラック(ロードショーの鬼180)に出て来た、モーテルのフロント。
コフィーこと、マイケル=クラーク=ダンカンは、アルマゲドン(ロードショーの鬼103)のベアー(バイクを飛ばす黒人)。「スコーピオン・キング」(ロードショーの鬼19)のバルサザール(バルタザールだったっけ?メムノンへのレジスタンスのリーダー)。「猿の惑星」(ロードショーの鬼81)では、アター大佐(セード将軍の右腕のゴリラ)。
凶悪な殺人犯サム=ロックウェルは、チャーリーズ=エンジェル(ロードショーの鬼70)で、エンジェルをだましたIT企業の社長エリック・ノクス(ドリュー・バリモアといい感じになる演技をした人。)

ケイジャンcajun、エドゥワール=ドラクロワこと、マイケル=ジェッターは、天使にラブソングを2とかに出てました。ジュラシックパーク3(ロードショーの鬼12)ではユデスキー(冷静だが皮肉屋の傭兵)。
エッジコムの妻ジャンのボニー=ハントは、レインマン(ロードショーの鬼27)に出てたそうだが…。サリー=ディッブスって言われてもね…。(レイモンドとチャーリーが入ったカフェで、ネームプレートを読みあげられて、驚異的な記憶力を持つレイモンドに電話番号を思い出されて気味悪がるウェイトレス。)

所長の奥さんパトリシア=クラークソンは、アンタッチャブルに出てたそうだが…。ああ、ネス捜査官の家族。うん、多分カットされてて見てない。

殺された双子の父親ウィリアム=サドラーは、ショーシャンクの空に、ダイハード2などに出てます。

インディアン、グラハム=グリーンは、ダンス=ウィズ=ウルブズの「蹴る鳥」(拳を握って立つ女の養父。)マーヴェリックでは、マーヴェリックの友人でインディアンたちのリーダー、ジョセフ。

トゥート=トゥートことハリー=ディーン=スタントン、は「ビリー・ザ・キッド二十一才の生涯」(ロードショーの鬼179)にルーク役で。ストレイト=ストーリー(ロードショーの鬼40)では、ストレイト兄ことライル=ストレイト。「NY式ハッピーセラピー」(ロードショーの鬼211)の盲目の老人(杖を持って殴りかかる。)。

ビター=バックの処刑の時に電気椅子のスイッチを入れる獄吏ジャック=ヴァン=ヘイはビル=マッキニー。ピンク=キャデラック(ロードショーの鬼180)にコルタースヴィルのバーテンダーとして出てたそうです。

tag : トム・ハンクス

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。