スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼147

大いなる西部。

大いなる西部


bigcountry2.jpg


The Big Country.

グレゴリー=ペック主演の映画です。

ペック


あくまでかっこいいです。
恰好が濃いいではないです。


東部からやってきた裕福な船会社の社長の息子ジム=マッケイ(グレゴリー=ペック)は、船の船長を辞めて、ボルチモアで出会った自分のフィアンセ、パトリシア(キャロル=ベイカー)の住む西部へやってきた。街まで駅馬車でやってくると、荒くれカウボーイに絡まれかけたが、パトリシアの実家に雇われている牧童頭スティーブ=リーチ(チャールトン=ヘストン)に無事出迎えを受け、パトリシアのいる彼女の友人で小学校教師ジュリー=マラゴン(ジーン=シモンズ)の家まで案内される。スティーブに治安の悪さについて警告を受けたたが、パトリシアは取り合わず、二人で街から牧場まで帰ることにしたものの、案の定、パトリシアの実家と対立する牧場を経営するヘネシー一家の息子で、先ほど絡みかけてきたバック(チャック=コナーズ)にからまれる。穏便に事を済ませようとするジムが気に入らないパトリシアとの間に次第に溝が生じ始め、また、苛烈な報復を計画するパトリシアの父親テリル大佐(チャールズ=ビックフォード)に、復讐は自分の利益のためにやっているのだろうと難詰するも、大佐はヘネシー一家のアジトを襲撃する。ヘネシー一家の牧場と大佐の経営するラザフォード牧場とは水源が貧弱で、乾燥期になるとビッグ=マディー(大沼?)と呼ばれる共通の水場を利用していたがお互いその水場を独占しようと争っていたのだ。
一方、ジムは、ビッグ=マディーが教師ジュリーの持ち物(彼女の曽祖父がスペイン国王からもらった)だと知ると、一人でジュリーの所を訪れる。中立の自分がビッグ=マディーを買い取ることによって、ジュリーは煩わしい争いから逃れられると説得して、売買は成立する。ジムが出かけている間、牧場ではジムが遭難していることになり二日間捜索が続けられていたが、ジムがひょっこり帰ってくると、迷っていなかったことを主張する(地図と磁石、東西と南北を示す河と道路の存在で、方位がわかっていた云々)ジムと、それを信じないスティーブが言い争いを始め、スティーブは決闘を申し込むが(実はスティーブがパトリシアを狙っていたと思われるような台詞が出てくる)、ジムは人前で決闘をすることを拒絶。それが切っ掛けでパトリシアはジムがどこへ行っていたか、何をしていたかも聞かずに、「決闘を断るのは男らしくない。自分が恥をかかされた。」と自分の言い分だけを主張。取りつくしまの無い様子にジムはパトリシアとの結婚をあきらめ、翌朝牧場を出ていくことにする。早朝、出て行く前にスティーブに素手での決闘を申し込み、誰も目撃者がいないところで二人は疲れ果てるまで殴り合いをし、スティーブはジムのことを見直す。

ジムは、その後ジュリーの所を訪れ、婚約は破棄したが、牧場の売買、土地の登記は行いたいと告げ、手続きを進める。一方、土地がジムのものになったことをジュリーから聞いたパトリシアは、ジムの泊まる宿所を訪れ、やり直しを持ちかけるが、結局怒って帰ることになる。

一方、大佐はヘネシー一家の牛を、ビッグマディーに近づかせないことによって、ヘネシー一家の破滅を狙うが、そのことによって、ヘネシー達は、ビッグマディーがまだジュリーのものだと思っているので彼女を誘拐し、土地がジムの手に渡ったと聞くと、監禁する挙に及んだ…


全然、粗筋になってないのでこの辺で。



いや~よくある話だな~、これとおんなじ筋の西部劇見たことあるよ!とか思っていたが、実はおんなじ映画だった…。
そうそう、前回みた時は、ヘネシー一家の親玉(ルーファス=ヘネシー)は、ヘネシーじゃなくてルーファスって呼ばれてたもん。道理で、既視感が。

序盤の馬車とカウボーイのチェイスを見て、西部劇でのこういうチェイスシーンが遺伝子レベルで刻み込まれてるから、アメ公は現代もので必然性のないところでカーチェイスするのだろうと納得。確かにチェイスシーンがあるとスリリングで、展開にメリハリができるのも事実。

主題歌が良いですね。

監督のウィリアム=ワイラーは、「ローマの休日」、「ベン=ハー」の監督ですか。どっちも見たことがあります。
グレゴリー=ペックは、やはり、「ローマの休日」の新聞記者役で有名ですよね。後、ナバロンの要塞か…。
チャールトン=ヘストンはガンズ=ン=モーゼズ(←Guns n' Rosesにひっかけてもヘストンが全米ライフル協会の会長で、十戒でモーゼをやったのを知らないと…)ではなくてやっぱり「ベン=ハー」のユダ=ベン=ハーですよね。「十戒」のモーゼですけど。

ジーン=シモンズは、スパルタカスを見ていたので、メイクして火を噴く人ではないとわかっていましたよ。

個人的には、眉毛の太いジーン=シモンズがかなり良かったのでいい映画だと思いました。
キャロル=ベイカーも典型的な金髪美人でなおヨロシ。

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。