スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼132

ラブ・アクチュアリー。

loveactually


Love actually.

こういう登場人物の多い映画は苦手。
単なるその場面だけの登場人物だと思って見過ごすと次のシーンの中心人物になってんだもん。というか、元々外人の顔の区別がつかない上に、見たことのない外人ばっかり出てきて、誰が誰やら。
勘弁してほしい。

誰を中心に描くか決めてほしいよね。

キーラ・ナイトレイがすごい美人で、唯一の美人。




嘗てのロックの大スタービリー=マック(ビル=ナイ)とそのマネージャーのジョー(グレゴール=フィッシャー)の話。
彼らは、昔の自分のヒットソングをクリスマス向けに焼きなおした曲でカムバックを狙っている。




ジュリエット(キーラ=ナイトレイ)とピーター(キウェテル=イジョフォー…読めねえ。)の新婚夫妻とピーターの親友で、新進気鋭の画家マーク。
マークは、実はジュリエットのことが好きだったのだが、そのことを二人に気付かれないようにしていた。ジュリエットは夫の親友であるマークに嫌われているのだと思い何とか親しくなろうとしていたが、マークの撮った結婚式のヴィデオを見てマークの気持ちに気付いたが…。

この話が一番せつない。




小説家のジェイミー(コリン=ファース)と、メイドのアウレリア(ルーシア=モニス)。
ジュリエットとピーターの結婚式に出かけようと準備をするジェイミー、病気の彼女を残して一端出かけた後、戻ってくると、彼女は彼の弟と浮気中。傷心の彼はフランスの別荘に行くがそこで出会ったポルトガル人のメイド、アウレリアと心を通わせていく。





デザイン事務所の社長ハリー(アラン=リックマン)と、その妻カレン(エマ=トンプソン)、ハリーの秘書ミア(ハイケ=マカッシュ)。ミアはハリーに気が有り、さまざまなモーションを掛けて来た。ハリーは、遂にクリスマスプレゼントとして高価なネックレスをミアに買うが、そのことをカレンに気付かれて…。




カレンの兄デイヴィッド(ヒュー=グラント)は、最近首相に選ばれた。首相公邸のスタッフ、ちょっと太めのナタリー(マルティーヌ=マカッチョン)に一目惚れした彼は…。




カレンの友達ダニエル(リーアム=ニーソン)は、最近妻のジョアンナを癌で亡くしたのだが、妻の連れ子サムが部屋から出てこないのが心配のタネ。でもそれは、妻の死が原因ではなく、サムの片思いが原因だとわかったダニエルは、二人でサムの恋を成就させるための作戦を練り始める…。
ビリー=マックのPVを見たサムは、音楽をやっていれば変な格好していてもモテルと確信し、彼の片思いの相手、母親と同じ名前のジョアンナと学期末のコンサートで共演する計画を練り出す。




ピーター達の結婚式でジェイミーの隣に座っていた彼の友達サラ(ローラ=リニー)は、ハリーのデザイン事務所で働いていたが、同僚のカール(ロドリゴ=サントロ)に恋心を抱き、それはカールでさえ気づいている公然の秘密だった。見かねたハリーは、そろそろ具体的な行動に移すべきだと彼女にアドヴァイスを…。かくて、この事務所で働き始めて二年と七カ月と三日と二時間だが、二年と七カ月と三日と一時間半前に始まった恋が動き出す…。

これ、唯一救いが無かったな…。




ハリーの事務所ではミアに声をかけても無視され、ピーター達の結婚式で、女の人に声を掛けまくって振られまくったコリン(クリス=マーシャル、サハラに舞う羽根のヴィカー。)は、友人のトニーが止めるのも聞かず、「アメリカに行ったらモテル!」との信念のもとにアメリカに行くことにする…。

一番バカな話。ハーレム。




トニーが働く職場、それは、ポルノフィルムの撮影現場。この現場で裸のスタントをやっているジョン(マーティン=フリーマン)とジュディー(ジョアンナ=ペイジ)は、お互いに惹かれあっていき…。




etc...etc...

(イーティーシーっつっても、高速道路をスイスイと通り抜ける奴じゃないぞ。)

というわけでこれらの話が全部同時並行で進んでくんだからわかりにくいったらありゃしないし、あれ、この新婦に片思いしてるやつが小説家なんだっけ?とか、病気の弟持ちの女の人何て名前?とか、かなり分かりにくいです。

後、色々繋がりがあるんですよ、ミアとマークも友達で、マークのギャラリーでハリーの事務所のパーティーをやったり、クリスマスの日に告白を決めたデイヴィッドが、ナタリーの家を探して一軒一軒ノックして回っていると、ミアが出てきて、ナタリーの家は隣だと言ったり…。



トントン拍子な恋もあれば、簡単に進んでいかないのもある。
デイヴィッドは、アメリカの大統領(ビリー・ボブ・ソーントン)に強引にキスされた(ように見えた)ナタリーを避けるようになり、アメリカに対して強硬姿勢をとったり(その所為で国民の人気は上がるが)、彼女の配置換えを命じたり、サラはベッドインまで行きかけるが、弟からの電話を無視できずにカールを冷めさせたり…。


結婚式のシーンで、結婚行進曲が突然、ラ=マルセイエーズになって何で?と思ったら、そのまま、ビートルズのlove, love, loveになって納得。コーラスがきれいでした。後、隠れていた楽器隊がそれぞれ現われて弾き出す演出が最高。

ジョアンナの葬式のシーンでベイシティーローラーズ。

ダニエルはサムの為に、「こりゃレオとケイトの出番だな」と言いながら、タイタニックを見せる。なるほど、ディカプリオとウィンズレットね。

ヒュー=グラントのクリスマス=キャロルが結構良かった。
後、ジョアンナの唄う、マライア=キャリーのall I want for christmas is youはかなり良かったです。

ローワン=アトキンソンはデパートの店員として、空港でチケットを失くした乗客として、と頻出。ミスタービーンをとった監督だからか?

ビリー・ボブ・ソーントンは、アルマゲドンのNASAの責任者ダン・トゥルーマン。核による小惑星の破壊に反対してた人です。

キーラ・ナイトレイが出てなければ見る価値のない映画です。
後、ハイケ=マカッシュ、エロい。(バイオ=ハザードの研究員のフリしたスパイ。エリックの妹)あの調子で誘われたらイチコロ。

後、最後は何で、ビーチボーイズのGod only Knowsなの?
二回目を通して見て、最初の空港(ヒースロー)のシーンの意味がやっとわかった。

tag : アラン・リックマン

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。