スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼111

ボーン・スプレマシー。

ボーンスプレマシー


The Bourne Supremacy.


うにゅ。


にゅう。


なんだか無駄に殺しあってますね。


前作の後世界各地を転々としながらインドに彼女とともに隠れ住んでいたジェイソン・ボーン。彼女が殺されてしまったことから、再びボーンの活動が始まる!

なんか、スパイものっていうよりは、カーアクションが長かったような。

最後、ジェイソンが忍び込んだ女が誰だか一瞬わからなかったんだが、「愛するものを奪われたものは、その真相を知る権利がある云々」で、ああ、例のロシアの政治家(奥さんに殺されたことになってる)の娘さんね!あのフランスでスパイの後方支援活動していた人かと思っちゃったよ。


記憶を失ってる設定ってのは便利だよね。(シナリオにとって)都合の悪いことは忘れてることにすればいいんだし。

なんで、トレッドストーン計画の仲間だけは(そしてその住んでるところは)覚えていたんだろう?

後、あの直情的な、CIAの女指揮官。アボットの部下が気づいたようなことに気付かないで、ボーンに狙いを定めるあたり、無能なのでは?

そのパメラが泊ってる宿を見つけ、その部屋の番号を、フロントでかけてる最中に盗み見して部屋を割り出して…っていう一連の手順だけ参考になって、かつスパイ映画らしいな~と思いました。
この映画で感心したのは其処ぐらいか?

ドイツの警察が、ポリツァイ!ポリツァイ!(警察だ、警察!)とか叫びながら突入していくのは吹き替えしてなくて、ドイツ語が訳せなかったのか?とか勘ぐってしまいましたが。(←雰囲気を出すためだよ)



前作は、パリ、フランスがよく出てきましたが、今回は、ドイツ~ロシアが主な舞台で、特に美人も出てこなかったし(前作の恋人役はいきなり死んじゃうし)、評価はあまり良くないですよ。

tag : マット・デイモン

comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。