スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

And tell me now, sweet friend, what happy gale blows you to Padua here from old Verona?

ところで君、どういう風の吹き回しで歴史あるヴェローナの町からこのパドゥアまでやってきたのか、もう言ってくれてもいいだろう。



さて、小島とその女友達la Rochlaise嬢が、

小島「aguilaさん。aguilaサンのことを○○(私の苗字)タンって呼んでいいですか?」


…。


キタコレ、レミギウス嬢!?


などとイミフな発言をすることなく、私の小学校時代からの友人であり、中高ともに同じ学校で過ごし(というか、中一から高一まで全部同じクラス)、大学も同じだったO原U己治君という男が、高二の時(多分地理の時間)、突然私のことを、「苗字+ルン」とか「苗字+りん」とか呼び出したので、授業中にもかかわらず、席を蹴って立ち上がりボコボコにそいつを蹴った(当時の私は、「灼熱の拍車」ことヘンリー=パーシーHenry Percy(ハリー=ホットスパー)(父親はノーザンバランド伯、叔父はウスター伯)の如く苛烈な性格をしていたので、高校の同期の三分の二が私に蹴られた経験があるはずです。)話をしました。それで、その彼が、そう呼ぶことをそれでも止めなかったので、しょうがないので、彼のことを「Uちゃん」と無駄に仲良さ気に振舞うことで牽制(ちなみにO原君は身長が2メーター近くあって、ガタイが良いので、明らかに喧嘩すると僕が負けるのですが、彼は性格の良い男なので、というか、明らかに突っ込み待ちのボケなので、僕が多少過激な突っ込みをしても笑って流せる男ですが…)したよ、と言う話をしました。


それから、その昔、L嬢が、やはり私のことを「苗字+りん」とか呼び出したので、

aguila「お前俺のことをどう呼んでもいいけど俺もお前のことを『○○(彼女の名前)+リン』で呼ぶぞ!」
L「あたしは別にいいですよ。」←絶対その場の勢いで言ってて覚えてないと思う。
aguila「俺も別に構わんが、お互いがそう呼び合っているところをドミニコ君とか、コルヌさんとかルーファス先輩に見られてたらどうなるか想像してみろ!」
L「…。そうですね。」←想像が出来たらしい。


ドミニコ君が見たら、それはその日のうちにウチの証書局長に伝わり、コルヌさんが見たら、その週の内にグラン=メートルの食事会のネタになるんだぞ!

と言うやり取りがあったことも伝えました。(まあ、私の中ではその三人の前で無ければどう呼んでもらっても構わなかったわけですが…。まあ何にせよ、何の既成事実も無いのに冷やかされるだけというのは納得いかないですよね。)


小島「私らは別に困りませんよ。そうか、一対一で呼び合うのが恥ずかしいんですか?」
rochelaise「『○○(rochelaise嬢の名前)+タン』と『○○(小島の名前)+タン』で私たち二人を呼んでもらっても一向に構いません。」
aguila「…。ドミニコ君とかコルヌさんとかに見られたら…」←これが切り札らしい。
rochelaise「全然構いませんよ。」
aguila「お前らが困らなくても、院生のコミュニティーの中で俺の立場が断然悪くなるんだよ!」


タダでさえ研究が進んでないのに(いや私の中では進んでるんですけど。)、後輩の女の子に○○タン呼ばわりされて鼻の下伸ばしていた!
などと報告されたらあの集団で生きていけないのだよ…。



小島「そうか、なら他の人も●●タンで呼べばいいんだ。例えばLyonnaisサンとかを○○タンってよべば。」


…。Lyonnais君が巻き込まれて犠牲になりました。

まあ、とにかく、ドミニコ君と、コルヌさんとLさんとウットさんととにかくアトリエの連中の前では呼ぶな、と、厳命しておきました。(ああ見えてウットさんとか噂話好きだから。)


小島「どうしてですか?」
aguila「ドミニコ君に伝えると、証書局長さまとブロードバンドで緊密に繋がっているから、0.5秒後に証書局長様に伝わり、そこから、エウスカディー助手に…」


ここで、エウスカディー助手登場。


エウスカディー「何?僕のこと呼んだ?」
aguila「いえ、ドミニコ君に話が伝わると、証書局長に…(以下略)」
エウスカディー「そうだね。で、何の話が?」
aguila「いや、こいつらが人のことを○○タンとか、○○リンとか呼ぶんですが…」
小島「どっちがいいですか?」
aguila「どっちも駄目だと言ってください。」
エウスカディー「○○タン!だな。」

ああ、これが先輩のすることか…(嘆息)。

というか、これで逆ルートでドミニコ君に繋がるような気がする…。

…。

え~っと起きてしまったことを悔やんでも仕方が無いので、とりあえず二人の相手はエ助手に任せて、とっとと退散しましたよ、と。


しかし、彼氏持ちだとか、彼氏と同棲している女だとかに懐かれても一向に嬉しくない気がするのは俺だけだろうか…。

というか、レミギウス嬢にしろ、ジャルダン嬢にしろ、こやつらにしろ、彼氏持ちにしか懐かれないのは何故だろう?

Such wind as scatters young men through the world,
To seek their fortunes farther than at home
Where small experience grows. But in a few,
Signior Hortensio, thus it stands with me:
Antonio, my father, is deceased;
And I have thrust myself into this maze,
Haply to wive and thrive as best I may:


(中略)…
早い話が、ホルテンショー君、俺は「金の生る木と女房になる気のある女」を探しに来たのさ。


comment

Secret

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。