スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ロードショーの鬼1

タイタンの戦い

Clash of the Titans


タイタンの激突?


監督は、トランスポーター1・2のルイ・レテリエ。
聖闘士星矢のファンらしい。


遥かな昔、ゼウス(リーアム=ニーソン)、ポセイドン(ダニー=ヒューストン)、ハデス(レイフ=ファインズ)らは、父親であるクロノスらタイタン族を倒すために戦った。ハデスから生み出されたクラーケンは大活躍し、タイタン族を地下に封じ込めるのに大いに役立ったが、ハデスは、ゼウスに詐術を使われ、ゼウスが天空の支配者となり、ハデスは地下の冥界の支配者に。ゼウスは人間の愛と尊敬を集めて、永遠の命を保つ仕組みを整えた。
しかし、長い間に、人間はそれに疑問を持ち、神々に対して反抗的になった。アクシリオス王(ジェイソン=フレミング)は、軍勢を率い、ゼウスに対して戦争を挑むが、それに怒ったゼウスは彼の姿を借りて、彼の留守中の彼の妻ダナエ(ティナ=ステイぺルフェルト)の下を訪れる。戦場から帰ったアクシリオスは、自分と瓜二つの男が、妻の寝所にいる現場を目撃してしまう。怒った彼は、妻をそのお腹の中の子供とともに、海に流すことに。
一方、ハデスは、ゼウスに嵌められたことを恨みに思い、いつかその復讐を、とその機会を窺っていた。

嵐の中、漁師スピローズは、海上を漂う箱を見つけ、幼児が生きているのを発見すると、妻マルマラ(エリザベス=マクガヴァン)の下に持ち帰り、育てることに。数年後、ペルセウスは立派な漁師となり、妹のテクラ(氏二―ド=マイケルズ)を含めて四人で暮らしていたが、人間達と神々の対立は激しくなり、その混乱は、漁師であるペルセウス一家にも不漁が続くなどという形で影響を与えていた。そんな中、アルゴスの王ケフェウスは、ハクソス沖のゼウスの神殿を襲い、神像を壊す命令を軍隊に与える。丁度その時近くで漁をしていたペルセウス一家は、不遜な人間の兵隊に怒ったハデスとアルゴスの軍隊との間の戦闘に巻き込まれ、ペルセウスを除いた一家は、船とともに海の底に沈むことに。呆然としていたペルセウスを遠征隊の隊長ドラコ(マッズ=ミケルソン)は、アルゴスの都に連れて帰ることに。

アルゴスの都では、遠征隊の成果に労いの宴が開かれていたが、そこに、オリンポスの神々達の前で人間の不遜を訴え、彼らを懲らしめる許可をもらったハデスが現れる。ケフェウス王(ヴィンセント=リーガン)とカシオペア王妃(ポリー=ウォーカー)は、ハデスの前で、娘のアンドロメダ(アレクサ=ダヴォロス)の美貌をアフロディーテにも勝ると豪語し、ハデスは、カシオペアを老婆(キャサリン=レオプキー)にした後、アルゴスの都に十日後クラーケンを襲わせる、それを避けるにはアンドロメダを生贄に捧げよ!と言い残して広間を去る。その際に、ペルセウスがゼウスの息子と知り、半神であることを暴露して去ってゆく。

半神と知れたペルセウスは、人間対神の構図から、人間の敵とされ、牢に入れられるが、そこに現れた謎の美女イオ(ジェマ=アータートン)の口利きもあって、牢から出ることができる。自分が人間だと信じるペルセウスは、クラーケンを倒す手段を探す軍隊の兵士たちとともに旅に出かける。一方で、アルゴスの都では、アンドロメダを生贄に捧げるべきだと主張する預言者プロコピオン(ルーク=トレッダウェイ)の活動が盛んになっていた。

遠征に参加した兵士は、ドラコ隊長以外に、エウセビオス、イクサス、ソロンら歴戦の勇士たち。さらに、アナトリアから来た怪物退治の専門家オザルとクスクが強引に加わった。一方で、ハデスは、ゼウスに呪われていたアクリシオス王に新たな力を与えカリボスという魔物に変身させた。
都を出た遠征隊の面々だが、まだ半神であるペルセウスに疑念を抱いていた。一方で、自らの出生を受け入れられないペルセウスだが、ゼウスが送った、特殊な剣や漆黒の天馬(ペガサス)などを受け取らない意地を通そうとする。ドラコは剣だけは彼が預かり、ペルセウスに使えるものは最大限利用すべきと、忠告をする。そんな中、カリボスが遠征隊を襲撃。一旦は追い払ったものの、彼の体から巨大なサソリが生み出され、再び襲撃が。大サソリは撃退したものの、サソリの毒にペルセウスが苦しんでいると、ジン達が現れ、彼の毒を治癒し、神々と戦うための努力を申し出る。大サソリを操るジン達の助力で、大サソリの移動力を利用し、一つの眼を共有し合うグライアイの三魔女のところに行き、クラーケンの倒し方を聞き出すと、その不吉な予言もあり、オザルとクスクは、冥界には行けないと離脱する。そう、クラーケンを倒すには、冥界に住むメデューサを倒し、その首を利用するしかないと言われたのだ。しかも、ペルセウスは失敗する運命にあるとも予言される。果たして、ペルセウス一行は、メデューサの首を使ってアンドロメダ王女を救えるのか…!


ペルセウス役のサム=ワージントンは、ジャスティス(ロードショーの鬼282)のギドリー。

ゼウス役のリーアム=ニーソンは、スターウォーズエピソード1(ロードショーの鬼387)のクワイ=ガン=ジン。ホーンティング(ロードショーの鬼203)、ラブ・アクチュアリー(ロードショーの鬼132)、バットマン・ビギンズ(ロードショーの鬼256)、ナルニア(ロードショーの鬼229)のアスランの声、なんかをやってます。

ハデス役のレイフ=ファインズは、ハリー=ポッターシリーズのヴォルデモート卿。炎のゴブレット(ロードショーの鬼314)と不死鳥の騎士団(ロードショーの鬼362)なんかに出てます。

アクシリオス王役の、ジェイソン=フレミングは、スナッチ(ロードショーの鬼304)、ロック・スター(ロードショーの鬼294)、リーグ・オブ・レジェンド(ロードショーの鬼20)、トランスポーター2(ロードショーの鬼363)、ビロウ(ロードショーの鬼230)に出てます。後、ビロウ(ロードショーの鬼364)のマリガン。

エウセビオス役のニコラス=ホルトは、アバウト=ア=ボーイ(ロードショーの鬼48)のマークス役。おっきくなったな。

ケフェウス王役のヴィンセント=リーガンは、300(ロードショーの鬼388)のアルテミス隊長。トロイ(ロードショーの鬼65)のエウドラス、ザ・ポイント・マン(ロードショーの鬼286)のアーマル・カーミル。

スピローズ役のピート=ポスルスウェイトは、ジュラシックパーク(ロードショーの鬼381)の恐竜ハンターたちの隊長。

ヘルメス役のアレクサンダー=シディグは、サラマンダー(ロードショーの鬼395)のエイジェイ役。

ポセイドン役のダニー=ヒューストンは、アヴィエイター(ロードショーの鬼135)のジャック=フライ。

クラーケンは北欧神話なのだが、ギリシャ神話に出てきていいの?
ポセイドンがエチオピアに送った海獣は、くじら座になったケートス。(そう、化け物は、ポセイドンが送るはず。)

他にも色々神話を適当にいじってました。アクシリオスは、ペルセウスの爺さんだったはずだし、ゼウスが旦那に化けてって話は、別の説話のはず。

スポンサーサイト

新ロードショーの鬼2

K-20 怪人二十面相伝

舞台は第二次世界大戦がなかった1949年の日本。

華族制度は維持され、貧富の差が拡大していた。

1949年なのに、ヘリコプターがあって、しかも、Polizeiとか、ドイツ語表記されている。
ヘリコプターって第二次大戦で使われた印象がなかったんだが、45年に進駐軍が使ってるのね…。


とある学術会議の会場。エジソンにも比肩しうる発明の鬼才ニコラ=テスラが作ったと言われる、無線発電機。
これがあれば、送電線がなくても、自在に電力を供給しうる!と八木博士(串田和美)は熱弁し、助手(要潤)に装置の起動+を命じるが…、助手が暴走し、博士に電撃を落とし、会場を恐慌状態に陥れ、助手に変装していた二十面相が正体を現し、その場から去る。後から駆け付けた、明智小五郎(仲村トオル)と助手の小林(本多奏多)は、マスコミを振り切って現場に到着し、既に現場を検証していた浪越警部(益岡徹)から説明を受ける。
一方、グランドサーカスのスターである遠藤平吉(金城武)は、軽業を使って人気を集めていた。サーカスを率いる南部(小日向文世)や弟分のシンスケ(今井悠貴)らもサーカスを盛り上げていた。そんな平吉の下に、殿村弘三(鹿賀丈史)と名乗るカストリ雑誌の記者がやってくる。今度行われる、明智と、公爵令嬢にして羽柴グループの相続人、羽柴葉子(松たか子)との婚約の会場の様子を盗撮してきて欲しい、というのだ。断ろうとする平吉だが、南部の病状を見透かされ、高額の報酬に釣られ、つい引き受けてしまう。一方で、婚約の会場には、二十面相が奪取を予告していたブリューゲルのバベルの塔のコピーをも配置して、明智は一挙に二十面相を捕えようとしていた。そんなことも知らず、会場のビルに忍び込み、殿村から渡された写真機のシャッターを切るはずのスイッチを押すと、突然ビルに仕掛けられた、爆発物が起爆し、平吉は二十面相だと誤解され、逮捕されることに。獄中で拷問を受けた後、隣の牢の男(松重豊)の話から、二十面相の正体は殿村だと気づいた平吉だったが、もはや手遅れだった。そんな中、警察が平吉を護送中、橋が爆破され、平吉は何者かに救い出される。救い出された平吉が連れてこられたのは、からくり技師源治(國村隼)やその妻(高島礼子)らが住む泥棒長屋。助け出されたものの、自分は二十面相ではないし、泥棒にもなりたくないと吐き捨てて出ていくが、平吉はすでに二十面相として手配されており、また、サーカスはすでに無くなっていた。そんな中、弟分のシンスケに出会い、南部の教えに従い、世の中を変えるために、源治に頼み込み、泥棒としての修業を始める…
一方、葉子は、今は亡き祖父(大滝秀治)によって敷かれたレールに従い、明智との婚約を済ませたが、物足りない日々を送っていた。そんな中、ウェディングドレスの仮縫い中、デザイナー(嶋田久作)に化けた二十面相が、葉子の祖父の作った本物のテスラの装置を要求する。逃げ出した葉子を修業中に見かけた平吉は、彼女を追いかけ、二十面相と対決し、二十面相は警察がやってきたため引いたものの、今度は警察から逃げて、葉子を泥棒長屋に連れてくる。そして、葉子の祖父が隠した、本物のテスラの装置を探すための作戦が始まる…。






俺、松たか子嫌いなんだわ…。

金城武は、顔はかっこいいけど、台詞が。声が良くないのかな…。
孔明の胡散臭い感じとか、この映画のインド人の恰好するところとかはいいと思ったのだが、やっぱりしゃべらないで、意味深な笑みを浮かべてるのがいいのかね…。

小林少年がまったく見せ場がなかったような…。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。