スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼370

キング・コング

kingkong.jpg


King Kong


売れないボードビル女優アン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、大恐慌下食えない生活が続いていたが、演劇に関わるものとして、ジャック・ドリスコル(エイドリアン・ブロディ)の作品は尊敬していた。一方トラブル続きの映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)は、自身が製作中の映画が、出資者たちに不評で、記録映画としての価値しか認められず、撮影中のフィルムを転売されそうになる。助手のプレストン(コリン・ハンクス)に命じて、フィルムを持ち出させ、俳優を全員集め、機材を全て持ち込んで、予てから撮影予定の秘密の島、髑髏島へ向かうことに。ところが主演女優は彼の映画に乗り気でなく、降板していたことをプレストンに告げられると、デナムは、服のサイズの合う女優を探さなければならなくなる。偶然出会ったダロウとデナムだが、デナムの誘いに自分は喜劇役者だとして断るダロウだったが、脚本がドリスコルのものだとわかると俄然乗り気になり、船に乗り込むことに。ドリスコルの脚本はプロットだけで、完成はしていなかったが、デナムは何時ものようにドリスコルを煙に巻いている隙に、船を出航させ、まんまとドリスコルを公開に連れ出すことに成功する。乗り込んだのは、主演のブルース・バクスター(カイル・チャンドラー)、録音技師のマイク(クレイグ・ホール)、撮影技師のハーブ(ジョン・サマー)、船を動かす水夫としては、エンゲルホーン船長(トーマス・グレッチマン)のもと、黒人のベン・ヘイズ(イヴァン・バーク)、ヘイズを父のように慕うジミー(ジェイミー・ベル)、船のコックで、床屋で外科医でもあるランピー(アンディ・サーキス)など。表向きはシンガポールに向かうとしながらも、髑髏島を目指すように船長に強要するデナムだったが、ヘイズ以下の船員たちは髑髏島へ向かうことに警告を出していた。撮影は続き、ダロウとドリスコルは惹かれあい、恋人になっていたが、東南アジアまでやってきたとき、エンゲルホーンは、デナムが映画会社に訴えられ、逮捕令状が出ていること、そしてラングーンに向かうように命じる無線通信を受け取る。デナムに引き返すことを告げるエンゲルホーンだったが、突然辺りは霧に包まれ、暗礁地帯に入り込む。そう、もうデナムの目指す髑髏島へと到着していたのだった。暗礁に乗り上げてしまった船を幸いとばかり、撮影隊を連れて島へと上陸する。そこに待っていたのは、恐ろしい原住民たちだった。撮影隊は襲われ、マイクが殺されるが、ヘイズ率いる武装した船員たちが駆けつけ、デナム達は救出される。そして、嵐の満潮時に、船を出そうとする一行だったが、嵐の中乗り込んできた原住民たちにダロウをさらわれる。彼らはダロウを攫い、生贄に捧げようとしていた。ダロウが攫われたことに気づいたドリスコルは、船員たちを率いて再度島に上陸し、原住民たちを銃の力で蹴散らすが、時すでに遅く、ダロウは巨大なゴリラ、キング・コングによって連れ去られてしまった…。彼女を探しに原住民たちが築いた壁の奥に向かう一行だったがそこにいたのは…。



キング・コングよりも、髑髏島の不思議な生物たちの比重が大きかったような…。

コナン・ドイルのロスト・ワールドといい、秘境には恐竜が住んでるってのは、ヨーロッパ人の幻想なんですかね。


ジャック・ブラックの映画は、ジャッカル(ロードショーの鬼296)、隣のリッチマン(ロードショーの鬼349)、マーズアタック(ロードショーの鬼336)、エネミーオブアメリカ(ロードショーの鬼344)ぐらいですかね。

エイドリアン・ブロディは、戦場のピアニスト(ロードショーの鬼341)。鼻が高いです。

ナオミ・ワッツは、ル・ディヴォース(ロードショーの鬼115)のロクサーヌ。


ジェイミー・べルは、父親たちの星条旗(ロードショーの鬼359)のイギー。

トーマス・クレッチマンは、戦場のピアニストのホーゼンフェルト大尉。

アンディー・サーキスは、指輪物語(ロードショーの鬼15)のゴラム。
スポンサーサイト

御無沙汰してます

あまりの御無沙汰に、宣伝・広告がトップに来てしまいました。




ルーファス先輩の結婚式。

結婚式前日に袱紗を買ったり、白いネクタイを買ったりで大変でした。

当日、もう一人の司会の方が、電車(小田急?)の事故の所為で、遅刻するとのことで、事前の打ち合わせの時間が短くなってしまいました。

チャペルの前でウロウロしていると、同期のアジンナツァッチ君がやってきたので、彼と話す。
が、彼は、しばらくすると、誘導のために外に行ったのでまたもや一人で手持無沙汰な感じでいると、ヌーベルアメリーク先輩がやってきたのでしばらく話す。で、もう一人の司会の方がやっとやってきたので、披露宴の方の打ち合わせをやる。

結婚式自体は、プロテスタントの式次第に則って、全員で聖書の一節を読んだりする形式のものでした。うちの院長様の横に座って、賛美歌などを歌いました。伴奏の人のオルガンの和音が、抑え間違えたのか、不協和音の多い演奏でした。



披露宴の会場まではタクシー移動。院長・カタラン先輩・私、もう一人の司会の方(ウィステリアさんと仮に呼びましょう。)、で同席したのですが、
ウィ「ドイツって宗教はどうなの?」
aguila「南部をのぞいてルター派のプロテスタントが強いと思いますよ。(プロイセンによって統一されたので)」
ウィ「aguila君は、フランスって言ってたよね。フランスは何教が強いの?」
…。

aguila「基本はカトリックですね。自分たちをレフォルマトゥールつまり、カトリックの改革派と呼んでいたカルヴァン派は、人口の三割近くまで増えたことがあって、北部は上層の大商人階級、南部は貧しい農民たちがそのカルヴァン派、フランスではユグノーって呼ばれるんですが、そういう人たちがいたんですけど、ルイ十四世のフォンテンブロ王令(フォンテンブローと伸ばすと怒られるので)で、信仰の自由を認めたアンリ四世のナント王令が廃止されると、国外に逃げるか、改宗するかになってしまいまして…」
ウィ「王様はみんなカトリックなの?」
aguila「件のアンリ四世は、ユグノーだったんですが、国王に即位する前にカトリックに改宗して…」

…。

勘弁してくれ。代々木のTR会で世界史を教えていたカタラン先輩と、Y川の世界史の教科書を書いている修道院長様の前で、どうして、フランス近世史について語らなきゃならないんですか…。

aguila「ってことで、問題ないですよね?」
院長「そうだね。」
カタラン「まあそうですね。」

式自体は、飯がうまかったです。

ウェイターによるワインの給仕を断り、ワインのボトルをテーブルに置いて追い払うと、
カタラン先輩が酔い潰れ、新婦の父親の出し物の最中にカンブレ先輩がヤジを飛ばし、
それをゴシップリサーチャー、エウスカディ先輩が黙って見ているといういつもの修道院の飲み会でした。ルーファス先輩は良く我慢できたと思います。

ルーファス先輩の出し物はさすがに上手かったですね。

後、フランスにいる四人から電報が届いていましたが、さらっと読みましたよ。


結婚式の最中・披露宴の最中ともなると、「お前は結婚しないのか?」的な話題が出てきましたが、相手がいればね~って話ですよ。そういえば、カタラン先輩とアジン君を除けば、妻帯者か結婚の経験ありって人ばかりでした。(院長、ローザンヌ先輩、カンブレ先輩、ヌーベル先輩、エウスカディ大先輩)

結婚式の後、ヌーベル先輩とか、アジン君とか呼ばれてるのかと思って、慰労会に行きましたが、全員知らない人ばかりで閉口しました。あと、アンジェリーナ嬢と同じですが、面倒くさい女というものは確実に存在するのだと思いました。テラスイーツ。




十四日の土曜日は、研究室の後輩にしてクラッシックギタリスト兼ベーシストのサンタマリアに呼び出されて、ベースを見に行きました。
最近は、レオ・フェンダーが最後に作ったメーカーのプレベにもジャズべにもスティングレイにも、サドルスキーにもなるような音の出るベースが出ているのだと聞きました。十年前にはなかったのではと思っていましたが、存在はしていたようです。

新大久保~秋葉原をめぐり、マックで雑談。

アベックス嬢は、紅葉狩りに誘ってもらえなかったことが不満だったらしいこと、トウガラシ君は、めげない女(ダンジュルーズ嬢や許緒はメゲテいた)なので、一緒にいると非常に楽な女であることなどが話題。




十五日は、U原さんの結婚式。

サナエ師匠、セーコ嬢、ミズキなどがやってくる。
(サークルで固められる)

サナエ師匠の司会は堂に入ってて、見事なものでした。
自分たちのテーブルにいる人は、すべて交際相手がいるので、ミズキ氏が突然、

「お前、●●●なんだから、向こうの女の子たち口説いてこい」
「…。もう十年以上の付き合いだが、おれがそんなことするような性格の男かどうかくらいは知っているだろう?」
「無茶ぶりしてみた(笑)」

本当、無茶振りだよ。

でも、ルーファス先輩の結婚式と違い、若くてきれいでaguila氏好みの女性(=背が高い)がいっぱいいました。ということは絶対に話しかけないのですが。

会費の八千円分を取り返すために山盛りに料理を持っていたら、サナエ師匠に見咎められる。
ほっといて下さい。

ウェディングケーキが甘さ控えめで食べやすいと言っていたら、セーコ嬢に
「甘いの苦手なの?」
と聞かれる。

まて、下北で、ケーキバイキングに行っただろう、お前とは。
というか、そのテーブルにいたやつ、全員いたよねあのバイキング。

名残惜しかったのだが、別の予定が入っていたので、別れて御茶ノ水へ。




二十日の日は、修道院の同窓会。
そういえば、どうして一日の日に会ったのに院長はその話をしてくれなかったのか、どうして、卒論の指導教官がムッシュで、サロン所属であったはずのI嬢が、修道院の同窓会を主導するのか?が謎だったわけですが…。

開始前に、久しぶりに研究室に足を踏み入れると、私の毒舌の師匠である助教のソロン先輩と、タチアナ先輩がいました。
で、ソロン先輩が色々謎を解き明かしてくれました。曰く、開催が決まったのは、五日あたりだとか。

で、会場に移動すると、男性しかいないので、これはやはりいつもの修道院飲みっぽかったです。

しばらくすると、幹事のI嬢、あと、トウガラシ君もやってきました。


ちなみにトウガラシ君の私に対する口のきき方を見ていた修道院長は、

院長「aguila君とトウガラシさんは、同じ学年だったっけ?」
aguila「いえ、僕が二つ上です。」
トウガラシ「すいません口のきき方がなってないもので…」

まったくだ。

二次会に移動する際、お金が二千円しかなかったので、ハラハラしていました。

Excursion en Turquie 5

L'excursion en Turquie 5



  • 九月一日

    さて、この日は前日休館日で無念にも引き返した国立考古学博物館(Arkeoloji Müzesiアルケオロジ・ミュゼスィ)。ギュルハネ公園を横に見ながら、昨日と同じ坂道を上ると、小さな子猫が兄弟からはぐれて道をうろちょろしていたら、警備の兵隊が「こいつの兄弟の処に戻してやんなきゃな」的なことを言って塀の上につまみあげていました。

    さて、小雨がぱらつき出した中を、考古学博物館の入口に行くと、社会見学をしに来たのか現地の小学生らしき年代の集団が。そいつらの後を待たされながら、10TL払って、博物館の中に。


    古代オリエント博物館の前に置いてある彫像と、それに座る猫
    同上

    博物館の中は、考古学博物館だけでなく、古代東方博物館(Eski Şark Eserleri Müzesiエスキシャルクエセルレリミュゼスィ)と、装飾タイル博物館(Çinili Köşküチニリキョシュキュ)もありましたので、とりあえず古代東方博物館へ。博物館の中は、トルコ民族とは関係のない、古代オリエントや印欧系の諸王朝(ヒッタイトとか)の遺跡から発掘されたものが展示されています。ここでは、昨日一緒だったスウェーデン人の老夫妻とイラン人夫妻とに会ったので、軽く挨拶をしました。ティッグラトピレセル3世、とかアッシュルバニパル王だとかを覚えていない弟子に激怒してしまいましたが。


    P2009_0901_110442.jpg
    P2009_0901_110544.jpg
    P2009_0901_110554.jpg
    P2009_0901_110641.jpg
    P2009_0901_110738.jpg
    P2009_0901_111058.jpg
    P2009_0901_111459.jpg
    P2009_0901_112238.jpg
    P2009_0901_112400.jpg
    P2009_0901_112452.jpg


    古代東方博物館の後は、考古学博物館へ。ここも、トルコ人とはあんまり関係なさそうなギリシャ・ローマ時代の彫刻がたくさん展示されています。まず、ギリシャ風彫刻の数々を見るため、入口から右手に行き、そのあとも、古代ローマ皇帝の胸像・彫刻(多分大理石製)などをたくさん見た後、上の階に行き、今度はあまりつまらない、青銅像や、古代の遺跡から発掘されたものなどを見ました。三階まで行った後、今度は一階に下りてきて、装飾を施されたギリシャ人達の石棺を見ました。これがまた沢山あって、見るのに一苦労。最後は、つまんな~いとか言いながら、駆け抜けるように通り過ぎてきました。前半のギリシャ彫刻に興奮しすぎて、満足してしまっていた所為かも知れません。とりあえず、一通りは見るために全部を廻ろうとしたのですが、同行者が疲れたと主張するので、入口のソファーに置いといて、自分一人で回りましたが、結構自分も疲れてました。



    P2009_0901_113619.jpg
    P2009_0901_113848.jpg
    P2009_0901_114544.jpg
    P2009_0901_114714.jpg
    P2009_0901_114921.jpg
    P2009_0901_122733.jpg
    P2009_0901_123101.jpg

    トロイの木馬の復元創造模型
    ここにもあった金角湾の鎖


    さて、「疲れたー。疲れたー。」とか言いながら、最後は、装飾タイル博物館に行きましたが、ここはあんまり楽しめず。「はいはい。」とか言いながら、これも通り過ぎただけでした。出てきた後、自分もへたり込んで、入口でちょっと座って休憩しました。同行者はその間中庭の売店で水を買ってましたが…。しばらく休んで、雨もやみ始めたので、博物館の向かいにあるソフィア聖寺院に。

    アヤソフィア(Ayasofya)、ハギアソフィア(’ΑΓΙΑ ∑ΟΦΙΑ)、セントソフィアなどと呼ばれるこの建物、現在はモスクになっていますが、かつては、ビザンツ帝国の国教、東方正教会の総本山でした。世界史上もっとも有名な建物のひとつであるこの建物は、このたびの目的の一つであり、一度は訪れてみたいとかねがね思っていた場所です。


    ハギア・ソフィア

    とはいえ、博物館込みのこのモスクの入館料は20TL。本当に、考古学博物館の二倍の値段を払うだけの価値があるかどうか疑問でしたが、払わないと見れないので、疑問に思いながらも、内部へ。内部は修復作業中なのか、大きな足場が組んでありました。とりあえず、かつての後陣、現在のミフラープがある方向へ。一しきり見た後は、世界の臍(Omphalionビザンツ皇帝の戴冠式の場所)を見、手を一回転させられたら願いがかなうという柱の一部で、柱のくぼみに手を入れて一回転させると、二階部分に人がいるのでそこに向かうべく階段を探し始める。やっと見つけると、途中からは、階段というよりは、結構急な坂と言うべきところを通って二階のギャラリーに。昨日のヒッポドロームにもいた、韓国人っぽい観光客集団がまたいるな~と思いながら、ダンドロ(チン4にも出てきたよね。)の墓なんかを見て、復元されたビザンツ時代のモザイク画を見ました。


    オンファリオン

    第四回十字軍でコンスタンティノープルを陥落させたヴェネツィアのドージェ、ダンドロの墓

    そのあと、モスクを出ると、ブルーモスクとハギアソフィアとの間の広場でトルコ人からトルコ人がかぶりそうな帽子などを買ったりして、その日は疲れたのでホテルに帰って休むことに。

    夕方は、大衆的なロカンタに行ってみることに。地球の歩き方に載っていたエティシュという店。安くてうまかったです。「やばい。まちがいない!」とか思わず言ってしまいました。脂っぽいと思う人がいるかもしれないけど私は満足でした。


    P2009_0901_172828.jpg


    P2009_0901_173537.jpg
  • ロードショーの鬼369

    ボーン・アルティメイタム

    bourneultimatum.jpg




    the Bourne Ultimatum.

    ボーンの最後通牒。


    前作、ロシアで負傷したジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、ロシアの警察に追われていた。何とか振り切った彼は再び行方をくらませていた。数週間後、CIAの会議で、パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)は、ボーンは無害だと主張したが、CIAの長官エズラ・クレイマー(スコット・グレン)は、ボーンが死ぬまで安心できない、と引き続きボーンの監視を命じる。また、ボーンは、インドで殺された恋人マリア・クロイツ(フランカ・ポテンテ)の義理の兄、マーティン(ダニエル・ブリュール)とパリで会って、彼女が死んだ経緯とこれからの目的を告げる。同じころ、ナポリで、ある情報提供者(コリン・スティントン)からCIAの極秘計画「ブラックブライアー」についての情報を得たジャーナリスト、サイモン・ロス(パディ・コンシダイン)は、CIAの監視を受けることに。ロスは、トレッドストーンについてガーディアン紙に記事を書いていた。ブラックブライアーについての責任者ノア・ヴォーゼン(デヴィッド・ストラザーン)は、情報提供者の割り出しと、最悪の場合ロスの抹殺を指令していたが、ボーンは、監視を受けているだろうと予想してCIAの裏をかき、ロスを呼び出す。ロスが監視されている理由が「ブラックブライア」だと知ったボーンだが、しかし、ヴォーゼンの指令を受けたパズ(エドガー・ラミレス)にロスを殺されてしまう。ロスの持っていた資料を持ち出し、「ブラックブライア」についての情報提供者である男の写真を見た彼は喪失中の記憶を刺激され、彼がCIAマドリッド支局長であるニール・ダニエルズであることを突き止める。一方、ロスの暗殺には成功したもののロスへの情報提供者が割り出せずにいたヴォーゼンは、監視カメラに移ったボーンが情報提供者だと主張したが、ボーン対策の専門家であるランディを呼び、代わりに指揮をとらせたところ、ランディの的確な分析により、ボーンは情報提供者ではなく、ニール・ダニエルズが怪しいと判明し、ヴォーゼンは無能さを曝け出してしまう。ランディは相変わらずボーンは別の理由でダニエルズを追っていると主張するが、それは取り上げられずに、ボーンの追跡とダニエルズの抹殺が命じられる。一方、ロスの暗殺を知ったダニエルズは、即座にオフィスを引き払い、逃亡を図るが、もぬけの殻のダニエルズのオフィスでボーンが情報を得ているころ、CIAの特殊部隊が到着。一瞬で彼らを無力化したボーンだが、たまたまそこにやってきてしまったニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)。ベルリンからダニエルズの配下に配置換えになっていた彼女は、かつてパメラの下でボーンを助けたこともあり、今回もボーンを助けヴォーゼンに嘘をつく。そして、モロッコに逃げたヴォーゼンを追って、ニッキーはボーンと行動を共にすることになる。カサブランカでは、デッシュ(ジョーイ・アンサー)にダニエルズの抹殺指令が出る。また、ニッキーは、ダニエルズの担当範囲が南ヨーロッパ~アフリカであることを利用してデッシュに偽の命令を出すが、そのことがばれ、ニッキーが裏切ったとヴォーゼンに判断され、ニッキーとボーンに対する暗殺命令もデッシュに下される。ダニエルズの暗殺阻止に失敗し、ボーンも死んだと判断したデッシュは今度はニッキーを追い始めるが、爆発のショックから立ち直ったボーンは、ダニエルズの資料を奪い、デッシュを追い始める…。果たして、ボーンの記憶に現れる男(アルバート・フィニー)の正体は?ボーンを敵視するCIAからボーンは逃れられるのか?



    前前作(ロードショーの鬼108)・前作(ロードショーの鬼111)と見ています。

    マット・デイモンはそのほかにも、オーシャンズ11(ロードショーの鬼281)、オーシャンズ12(ロードショーの鬼118)、ジェロニモ(ロードショーの鬼94)なんかを見てます。

    ジュリア・スタイルズは、ボーンシリーズ以外は、デヴィル(ロードショーの鬼240)のブラッド・ピットがステイする警官(ハリソン・フォード)の家の長女

    デイヴィッド・ストラザーンは、プリティ・リーグ(ロードショーの鬼79)の広報担当、アイラ・ローヴェンスタイン。


    ジョアン・アレンは、ペギー・スーの結婚(ロードショーの鬼124)では、ペギー・スーの高校時代の女友達マディ・ナーグル、フェイス・オフ(ロードショーの鬼181)では主人公アーチャーの妻イヴ。


    スコット・グレンは、トレイニング・デイ(ロードショーの鬼177)の麻薬の持ち主、ロジャー。

    アルバート・フィニーは、エリン・ロコビッチ(ロードショーの鬼327)のエドワード・マーズリー弁護士、オーシャンズ12の大泥棒ルマルク。

    tag : マット・デイモン

    銀河英雄伝説名言録


    present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
    告知板

    どうでもいい告知


    ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


    プロフィール

    aguila_bicefala

    Author:aguila_bicefala
    本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

    カレンダー
    10 | 2009/11 | 12
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    最近の記事
    最近のコメント
    ブログ内検索
    ユーザータグ

    オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

    リンク

    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。