スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼292

Always 続・三丁目の夕日


secoucher.jpg



前作はこちら(ロードショーの鬼106)。


小雪は相変わらずいい女です。

この映画の堀Kマキはいいかも?と思いました。

鈴木家の遠い親戚小池彩夢は、「さくらん」のキヨハの子供時代の人ですか。
縦ロールたまらん。

ただ、子供は家庭の手伝いをするのが当然、的お説教臭さはちょっと勘弁してほしいと思った。

後、列車とか、ノスタルジーに浸れるものは出そろってました。
日本橋の上に高速が走ってなかった!とか、「君の名は」かよ!とか。


須賀健太の映画って結構見てますね。
「花田少年史」(ロードショーの鬼95)、「椿山課長」(ロードショーの鬼110)、「三丁目の夕日」とか。

小雪も、
「ラスト・サムライ」(ロードショーの鬼37)「ゲゲゲのキタロウ」(ロードショーの鬼248)「三丁目の夕日」とかですかね。

吉岡秀隆は、本当にダメ男を演じさせたら一番ですな。

達彦さんこと福士 誠治もちらっと出てきます。ふ~ん、スウィングガールズ(ロードショーの鬼54)にも出てたんだ。

貫地谷しほりはまったく認識できませんでした。


ま、ダメ男の下に女が戻ってきたっていういい話です。
スポンサーサイト

ロードショーの鬼291

リーサル・ウェポン2 炎の約束

lethalweapon2.jpg


Lethal Weapon 2.

致命的な武器。

ロサンゼルス市警の二人の刑事、マーティン・リッグス(メル・ギブソン)と、ロジャー・マータフ(ダニー・グローヴァー)は、怪しい車を追跡。運転手は逃亡したが、車の中から、使用を禁じられているクルーガーランド金貨が大量に見つかる。この金貨は、南アフリカ政府発行だが、アパルトヘイトへの抗議のために、所有が制限されていたのだ。街中でカーチェイスをやらかして、甚大な損害を与えておきながら逮捕できなかったため、しばらく二人を別の仕事に就かせることにした市警当局は、連邦捜査局から保護を依頼されている、レオ・ゲッツ(ジョー・ペッシ)という男の護衛を二人に命じる。しかし、ホテルに着くなり、ゲッツは襲撃され、ゲッツは殺されなかったものの、襲撃犯は逃亡。ゲッツの証言に基づいて麻薬組織のボスの家を調べると、ゲッツを襲撃した犯人がおり、再び逃亡した彼を追いかけると、彼は死んでしまった。そこで、件の家を捜索するために、急襲すると、そこは、南アフリカ領事公邸であり、総領事アルジャン・ラッド(ジョス・アックランド)が現れ、外交官特権を盾に、捜査班を追い出す。ラッドの秘書リカ・ヴァン・デン・ハース(パッツィ・ケンジット)と惹かれあったものの、ラッドに手出しができない二人は、黒人であるマータフが、南アフリカに移住したい!と領事館を訪れ、騒ぎを起こしてみたり、アパルトヘイト反対のデモに紛れ込んで、いやがらせを行う。一方、嗅ぎつけられたことを知ったラッドも、マータフの家に爆弾を仕掛けたり、市警の刑事たちを襲撃したり、リカを招いていたリッグスもヘリコプターで襲撃される。なんとか、逃げ出した二人だが、リカの家まで彼女を送り届けると、そこにも、ラッドの部下、ピーター・アドルフ・フォルシュタット(デリック・オコンナー)が居り、リカは殺害され、リッグスは、数年前の妻の死の真相を知らされたあと、拘束衣を着せられ、海に沈められる。絶体絶命のこの状況から、愛した二人の女の仇を取り、ラッドの罪を暴けるのか!?





しかし、今回もご都合主義だよね。前作にも描かれていない嫁さんの死の真相はいいとしても、逃げ出して、部屋に帰ってきたら、なぜかそこにも襲撃犯がいて!って。
それなりに伏線の張り方も、バレバレです。拘束衣とか、絶対後で出てくると思ったもん。


前作と違い、リッグスの自殺願望は出てきません。


リアンがCMに出て、みんなから称賛を受けるのが納得できない。

そして、嫁さんの料理がまずいのはデフォルト。

tag : ダニー・グローヴァー

ロードショーの鬼290

リーサル・ウェポン

lethalweapon1.jpg

Lethal Weapon.

致命的な武器。


クリスマスを控えたある日、高層ビルから若い女が飛び降りた。女の名前はアマンダ・ハンサカー(ジャッキー・スワンソン)。ロサンゼルス市警の老刑事ロジャー・マータフ(ダニー・グロヴァー)は、五十歳の誕生日を目前に控えていた。ハンサカーという名前に聞き覚えのあったマータフは、身元を確認すると、知人の娘であることが判明した。一方、妻に先立たれた麻薬課の刑事マーティン・リッグスには、自殺願望があり、無茶な捜査をしたり、思いつめて、拳銃を口の中に突っ込んだり、するなど、周りから自殺願望のために敬遠されていた。そんな二人がコンビを組み、この自殺事件の捜査をすることに。二人は、対立しあいながらも、マータフは、リッグスを家庭での食事に招き、自分の妻、トリッシュ(ダーリン・ラブ)らを紹介する。女の部屋に麻薬があり、事件当時付近を歩いていた娼婦ディキシー(リシア・ナフ)によると、女が飛び降り自殺を図ったようだ、と片付けられようとしていたが、女の父親でマータフの命の恩人であるマイケル・ハンサカー(トム・アトキンス)は、娘は殺されたのだからその復讐を!と訴える。ところが、麻薬の中に農薬が混ぜられており、飛び降りなくても死んでいた事、証言をした娼婦にもう一度事情を聞こうと家を訪ねると、家が爆破され、その爆弾は特殊部隊専用だった事などがわかると、ハンサカーに再び事情を聴く二人。ハンサカーによると、軍隊時代の特殊部隊の隊長、ピーター・マカリスター将軍(ミッチ・ライアン)が、麻薬ビジネスに手を染めていること。軍隊時代の恐れ知らずで、命令には絶対服従の部下ジョシュア(ゲイリー・ビジー)などが彼につき従っていること、ハンサカーの社会的信用を利用して、銀行口座で、マネーロンダリングをしようとしていること、彼が組織を抜けようとしているため、娘が警告で殺されたに違いないこと、などを告白しだしたところ、ジョシュアの指揮する戦闘ヘリが、襲撃。ハンサカーは、死亡した。そして、将軍たちの襲撃は続き、リッグスが車で轢かれると、マータフの娘リアン(トレイシー・ウォルフ)が誘拐されてしまう。助けに行った、リッグスとマータフだったが、逆にとらえられ拷問される二人。この絶体絶命の状態から、脱出し、将軍の犯罪を暴き制裁を加えることはできるのか…!





最後の格闘シーンはいらないのでは?

全体的に、話がご都合主義です。
裏切ったとか、情報を話したとわかった時点でヘリで襲撃に来るならまだしも、話してる最中に襲撃するなんて、盗聴器を仕掛けてても、もう少しタイムラグがあるのでは?と思わされます。
あと、娼婦の家に聞き込みに行った時点でその家が爆破されるし。
もちろんその分、話の展開のテンポは速いので、飽きませんが。

ヒロイン的扱いは、マータフの娘リアンなのでしょうが、最初に死んでしまう、ジャッキー・スワンソンの方が美人です。








メル・ギブソンは、「ブレイブハート」(ロードショーの鬼43)の主役、ウィル・ウォレスですな。

ダニー・グローヴァーは、「刑事ジョン・ブック 目撃者」(ロードショーの鬼206)の犯人役。

ダーリン・ラブは、「ラブ・アクチュアリー」(ロードショーの鬼132)にも出てたそうな。

tag : ダニー・グローヴァー

わ~、良いんですか?

外資系の法律事務所で開かれたワインパーティーとやらに参加してきた。

場所は、正面に東京タワーを望める、高層ビルにあるオフィスの中でした。(官庁街だけど)

う~ん、オフィスでワイン(ただ飲み)を飲めるってのは文化の違いですかね?

声楽家を呼んでオペラのアリアを歌わせたり、ワインに関するクイズが出題されたり、余興もたくさんありました。

ええ、外資系なので、客のほとんど、そして会話のほとんどが英語でしたが。


だいたい、「このワインは、北半球産、南半球産?とか、ワインのブドウの品種は、カヴェルネ・ソヴィニョン?ピノ・ヌワール?シャルドネ?リースリング?とか英語で聞かれてもね~。」
(意味はわかるが、飲み比べたことなどないのでわかるはずもない。)


最強の

飲み友が名古屋から帰ってくるそうです。


ちなみに日にちは分かってないけど、aguilaゼミ全員に招集をかけよう。






北赤羽で、500G。

っていうか、要町でも下赤塚でも経験したことない店の前の行列。

これが北区。

これが板橋との違い!

二人で500づつなので、1kgです。


「高校生だったら週一くらいできたでしょ?いまなら、月一だけど。」
「かもね~」

塩の味がたまらん。
脳髄にナトリウムの刺激がドカンドカンとくる。

塩コショウだけでも結構いけます。
で、シンプルなので肉の味が味わえます。




というか、七時に約束があったのを六時半過ぎにもうこんな時間であることに気づき、四十二分のバスに乗ったら、57分には北赤羽に着いていたので、遅刻するとメールした分損したね。




コマサイにもミタサイにも行きませんでしたが何か。





西武で円高還元ワインセールとかやってたんですが、知り合いがやってるブログに出てきたことがあるようなのあるかな~と思って眺めてみたが、そういえば、ワインに全然詳しくないので、憶える努力も放棄していたことを思い出して退散。

そういえば

Queenの曲で一番DMCチックなのがこの曲です。


母親緊縛?


Get your party gown !
Get your pigtail down !
Get your heart beatin' baby
Got my timin' alright
Got my act all tight.
It's gotta be tonight my little school babe.

Your momma says you don't
and your daddy says you won't
and I'm boilin' up inside
No way I'm gonna lose out this time.

Tie your Mother Down !
Tie your Mother Down !
Lock your daddy out of doors!
I don't need him nosin' around.
Tie your Mother Down !
Tie your Mother Down !
Give me all your love tonight!


パーティー用の正装は脱げ!
おさげに結った髪は解け!
心臓を高鳴らせていろ!
俺のタイミングはバッチリ
完璧な行動で
今夜こそ決めてみせる!

お前の母親はやるなと言い
お前の父親も拒否したが
俺の心は中で沸き立ち
今夜を逃すことなどありえない。

お前の母親を縛れ
お前の母親を縛れ
父親は鍵をかけて外に締め出せ!嗅ぎまわられるのはうんざりだ。
お前の母親を縛れ
お前の母親を縛れ
今夜お前の愛はすべて俺のもの!


You're such a dirty louse
Go get outtta my house !
That's all I ever got from your family ties,
in fact I don't think I ever heard a single little civil word from those guys.
But you know I don't give a light
I'm gonna make out all right
I've got a sweetheart hand
to put a stop to all that grousin' an' snipin' (all night)

Tie your Mother Down !
Tie your Mother Down !
Take your little brother swimmin' with a brick (That's all right!)
Tie your Mother Down !
Tie your Mother Down !
or you ain't no friend of mine!


「この人間の屑め!
俺のうちから出ていきやがれ」
それがお前の家族という名の厄介者から俺が受けた言葉のすべて、
実際、あいつらからは、普通の大したことのない台詞さえかけてもらったことがない、
だから暗くして、成功してみせる。
そういう不平不満やあらさがしを忘れさせてくれるいとしい人がいるのだから


お前の母親を縛れ
お前の母親を縛れ
お前の弟は煉瓦に縛り付けて沈めてしまえ
お前の母親を縛れ
お前の母親を縛れ
できなきゃお前とはこれっきりだ!





なかなか訳しにくい。

というわけで、フレディの命日でした。

ロードショーの鬼289

ミッション・インポッシブル。

missionimpossible.jpg


Mission Impossible.

不可能な使命。


ジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)はCIAの極秘組織、Impossible Mission Forceの一員。今日も飛行機の中で、極秘指令を受け取った。プラハの大使館員アレクサンダー・ゴリツィン(マルセル・イウレス)が、東側に潜伏中のスパイのコード・ネームと氏名の照合表を盗み出し、渡そうとしているのだが、この名簿盗難の現場を押さえ、渡そうとしている相手を特定し、かつ名簿を取り返さなければならなかった。メンバーは、イーサン・ハント(トム・クルーズ)、コンピューターの専門家ジャック・ハーモン(エミリオ・エステヴェス)、ジムの妻クレア(エマニュエル・ベアール)、ハンナ・ウィリアムズ(インゲボルガ・ダクネイト)、サラ・デイヴィス(クリスティン・スコット・トーマス)である。大使館で開かれるパーティーに紛れ込んで、ゴリツィンの悪事を暴く手はずだった。ところが、計画はばれており、ゴリツィンは殺され、イーサン以外のメンバーは全員死亡することに。組織の責任者ユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェニー)に呼び出された、イーサンは、呼び出された場所にいるメンバーが、大使館にいたことに気づき、それを指摘すると、キトリッジから、「あの作戦は、数年前から情報を漏らしていた裏切り者を始末するための囮の作戦だった事。チームで唯一の生き残りのイーサンが裏切り者候補であること」を告げられる。ジャックから預かっていた特殊爆弾で一旦は行方をくらませたものの、チームの潜伏場所に戻ったイーサンのもとに現れたのは、死んだはずのクレア。そして、イーサンは、残されていたラップ・トップから、裏切り者ヨブの取引相手マックス(ヴァネッサ・レットグレイブ)とのコンタクトに成功する。そして本物のヨブを見つけ出すために、マックスのためにCIA本部から、本物のスパイリストを盗み出すことを約束する。
そして、クレアがそのために集めてきたメンバーが、運転・操縦のプロフランツ・クリーガー(ジャン・レノ)とコンピューターの専門家ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)。二人の協力を得て、難攻不落のCIA本部内のデータを無事盗み出し、本物の裏切り者を見つけられるのか?




…。

「おはよう!ウェルプス君。…
(中略)
君、もしくは君の仲間が捕まったとしても当局は一切関知しない。なお、このテープは自動的に消滅する。」

は、もはや様式美ですよね。



ジョン・ヴォイトは、真夜中のカーボーイ(ロードショーの鬼60)、ナショナル・トレジャー(ロードショーの鬼125)なんかを見てます。
アンジェリーナ・ジョリーの父親なのね。

トム・クルーズは、トップ・ガン(ロードショーの鬼)、デイズ・オブ・サンダー(ロードショーの鬼213)、レインマン(ロードショーの鬼27)、ラストサムライ(ロードショーの鬼37)なんかを見てます。

ジャン・レノって意外とレオン(ロードショーの鬼166)しか見てないな~。

ヴィング・レイムスは、刑事ジョー:ママにお手上げ(ロードショーの鬼235)、コン・エアー(ロードショーの鬼261)なんかにでてます。

tag : トム・クルーズ

さて

基本的に、コンビニの店員相手にも丁寧語で話すんだが、この間余りにも疲れてて、

「お箸はお使いになりますか?」
「いい。」(そっけなく)

などと答えてしまった。

何コンビニの店員ごときに尊大にふるまってるんだ!と自己嫌悪。




200円のおにぎりと、400円近いサンドイッチを食べていたら、

「リッチですね。」

といわれる。

「何を食べようと、おれの勝手だろう。先月の俺の収入が67万あったことを考えれば。」

「はあ。」

で、一瞬で食べてしまったわけだが、

「もっと大事に食べてくださいよ。」

食べ方にまで文句をつけるな。




IT関連の企業なのに、カフェをやっている某社があるわけだが、そんなに儲かっているわけでもないらしい。


「となりが神道系の宗教法人だから、巫女カフェとかやればいいんじゃね?」

メイドカフェがあるなら、巫女カフェとかやってもいいはずだ。

「どうせなら、日替わりで、コスプレカフェやれば。メイドカフェの次は、巫女カフェ、ナースカフェ、婦警カフェ、…あとは何だ…、女教師カフェとか!」

女教師カフェ…



いいね~。

「スーツ+赤いエナメルのザマス眼鏡=∞!」って感じで。
で、どんどん妄想が膨らんでいき。

「でさ、店長は、校長先生とか呼ばれてるの。で、当然、18歳だから、酒もたばこもないんだけど、カフェ。ね、おっとり系から高飛車なの、で、あとスポーティーなの。何でも取り揃えておくから。で、スーツと、保健の先生と、ジャージ姿の体育教師!伝票は出席簿!」

「需要ありますかね。」
「絶対あるって。少なくとも俺は入り浸るもん。」
「いいですけど、立地はどこにしますか?」
「…(しばし考えて)新橋とか?ただお酒ないと、客単価下がるよね~」
「そうですね。」
「そうだ、夜の営業は、定時制ってことで!」
「生徒としての自分の設定は、申告制ならいいんじゃないですか?」
「そう、学校ではいろいろな方程式を覚えたかも知れないけれども、このカフェで唯一覚えて置かなければならない公式はスーツ+ザマス眼鏡=∞!ってこと」←それはあんただけだってば。


「オムライス一皿1000円くらいで売れねえかな?」
「ボリすぎです。」


ま、巫女カフェなら店長は、禰宜(ネギ)か神主か、宮司か、婦警カフェなら、署長、ナースカフェなら院長とかそういうのも思いついたが、やっぱり女教師カフェに勝るものはない!

どっかねえかな?

ま、興味はあるんだけど、いかんせん、モデルとするべきメイドカフェにすら行ったことがないから、どんな感じの営業やってるかわからんな~。





というわけで完全に集中力が切れたので、こんなバカ話をしていたわけですが、最近、凸レンズの虚像のでき方の解説に異様に習熟してきました。っていうか、おれ社会担当じゃなかったっけ?






土曜日にわが神からの掲示が下った。


「我が使徒たるaguila_bicefalaよ。前回肉を焼いたのはいつじゃ?」

「はっ、あれは、仲康がいたから五月ぐらいだと思います。」

「そろそろ焼くべき時ではないかね?」


というわけで、焼き肉の神様が誘っていますので、赤羽在住ののコリン・ファレルさんとかどうですか?

ロードショーの鬼288

ウェディング・クラッシャーズ 結婚式でハメハメ。


weddingcrashers.jpg


Wedding Crashers.

結婚式の破壊者。結婚式荒らし。

ジェレミー・グレイ(ヴィンス・ヴォーン)と、ジョン・ベックウィズ(オーウェン・ウィルソン)は、弁護士。実は二人は、クルーガー氏(ドワイト・ヨーカム)と、クルーガー夫人(レベッカ・ド・モルネー)の離婚調停中も、脱線して結婚式を褒めだすほど、結婚式が好き。そう、彼らは、偽の経歴で見知らぬ人々の結婚式に潜り込んで、友人のふりをして結婚式に集まってきた女の人とベッドインするために結婚式に潜り込む、自称ウェディング・クラッシャーズだったのだ。ユダヤ教徒からヒンドゥー教徒、あらゆる集団・民族の結婚式に潜り込んでは、一時の情事を楽しんでいた。シーズンの終わりに、次期大統領候補でもあり、政界の名門出身、クリアリー財務長官(クリストファー・ウォーケン)の長女クリスティーナ・クリアリー(ジェニー・アルデン)の結婚式に潜り込むことに。政財界のお偉方が集まるそこで、ジョンが目を付けたのは、長官の次女クレア(レイチェル・マクアダムス)。一方、ジェレミーが目を付けたのは、長官の三女グロリア(アイラ・フィッシャー)。あの手この手で彼女らに近づいたが、なんと、クレアには名門出身の婚約者、ザチャリー・“サック”・ロッジズ(ブラッドリー・クーパー)が居り、しかも、長官の妻キャスリーン(ジェーン・シーモア)からは誘惑される始末。一方、ジェレミーは、目的を達成したものの、のぼせ上ったグロリアに積極的に迫られ、とっとと退散しようとしていたが、諦めきれないジョンは、グロリアに誘われたジェレミーをダシに長官の家にまで招かれることに…。



レイチェル・マクアダムスが全く苦手でしょうがなかった。
この手の顔は苦手なんだよね。
一方、アイラ・フィッシャーは、好みではないが、あの手の迫り方は大好き。
(夜中に目が覚めたら、両手足をベッドに縛り付けられてて、口に猿轡をかませられ、上に裸の女が乗っているって、Mゾ男、大興奮ですよ。)
ふくれっ面で地団駄踏みだした時点でかなり好意的になりましたが。


ジェレミーの師匠で大いなる先達であるチャズ役のウィル・ファレルは、奥さまは魔女(ロードショーの鬼284)で見たばっかり。

ドワイト・ヨーカムは、パニック・ルーム(ロードショーの鬼217)のラウルですね。

ジョンに好意的な黒人執事、ランドルフことロン・カナダは、ナショナル・トレジャー(ロードショーの鬼125)で博物館の警備員役をやっていました。

ヴィンス・ヴォーンはジュラシックパーク・ロストワールド何かを見てます。

クリアリー財務長官、ことクリストファー・ウォーケンは、デッド・ゾーン(ロードショーの鬼226)、
バットマン・リターンズ(ロードショーの鬼97)、ブラスト・フロム・ザ・パスト(ロードショーの鬼191)、を見てます。

オーウェン・ウィルソンは、アルマゲドン(ロードショーの鬼103)、ホーンティング(ロードショーの鬼203)、シャンハイ・ヌーン(ロードショーの鬼4)、シャンハイ・ナイト(ロードショーの鬼63)、80日間世界一周旅行(ロードショーの鬼23)、なんかを見てます。
バディ・ムービーが多いけど、全部相棒の方なんだよね。アイ・スパイもエディ・マーフィーありき、だし。(ま、見た後で、おれの中ではファムケ・ヤンセンが重要になったが)
しかし、この映画では珍しく主役の方。悪くはなかった。

tag : オーウェン・ウィルソン

ロードショーの鬼287

もう一度殺して
killmeagain.jpg

Kill me again.

もう一度殺してだな。

ヴィンス・ミラー(マイケル・マドセン)と、フェイ・フォレスター(ジョアンヌ・ウォーリー・キルマー)は、カジノの売上金をマフィアから強盗する。数カ月ほとぼりを冷まそうと提案するヴィンスに、「ラス・ヴェガス」に行く約束だったはずよ!」と抵抗するフェイ。暴力の前に一旦は納得したふりをしたものの、ヴィンスの隙をついて後頭部を殴りつけ、金ごとトンズラ。一方、ジャック・アンドリュース(ヴァル・キルマー)はリノの私立探偵。妻に死なれるまでは順調だったが、最近では借金まみれ。ただし、金のために何でもやるわけではなく、彼なりの行動規範があった。リノにやって来たフェイは新聞記事を見て、自分が死んだことにすれば、ヴィンスから逃れられると思い、私立探偵を雇うことに。そしてジャックの事務所を訪れる。ジャックは、相棒のアラン(ジョン・グリーズ)の手を借りながら、フェイの新しい身分証明書や、輸血パックで殺人を装うための血を手に入れ、殺人を装う。首尾よく死体を捨ててきたふりをしたものの、後払いの報酬残り半分を払わずにフェイは行方を眩ませる。しかも、フェイの残していたメモのためにジャックは殺人の容疑で警察に連行されることに。証拠不十分で解放されたものの、借金取りたちがジャックの事務所に押し掛けてきた。ジャックはフェイから払われた前払いの報酬から借金の一部を払ったものの、その金からフェイ達が襲ったマフィアに情報が伝わり、マフィアから目をつけられる。また、フェイの死亡記事を見たヴィンスがジャックの事務所に押し掛けることに。ヴィンスを置き去りにして、ラス・ヴェガスに行くと、案の定カジノで豪遊するフェイ。フェイから残りの報酬を受け取ろうとするところに、フェイ達の襲ったマフィアが復讐にやってきて、はずみでマフィアを殺すフェイ。逃げ出した二人は、一旦、ジャックが昔よく行っていた田舎のコテージに泊まるが、そこで、もう一度死んだことにすれば、追われることもなくなると考えたフェイは、「…もう一度殺して」とジャックに依頼。そして二人とも死んだことにするために、事故の偽装計画を立て始める…。



このあと、どんでん返しが2回ほど。

フェイってのは、すごい悪女です。
どうして、そんなに都会が好きかね~。


ジョアンヌ・ウォーリーがまだ、ヴァル・キルマーと結婚していた時の作品だそうな。

ヴァル・キルマーは、トップガン(ロードショーの鬼)のアイスマン、アレクサンダー(ロードショーの鬼36)のフィリッポス2世、モロー博士の島(ロードショーの鬼174)のドクター・モンゴメリーです。
鈴置洋孝っていい声ですね。ガンダムのブライトノアだ。


アラン楽器店の主人でジャックの相棒アラン役のジョン・グリーズは、メンインブラック(ロードショーの鬼269)のヴァンのドライバー、ニック役で出ています。

ロードショーの鬼286

ネヴァー・セイ・ダイ。

thepointmen.jpg


The Point Men.

pointmanとは、先兵とか、ポイントゲッター的な意味です。
最前線の兵士達とか、斥候兵達ぐらいの意味ですかね。

トニー・エックハルト(クリストファー・ランバート)らのチームは、イスラエルに雇われて、アラブのテロリストたちを暗殺する外人部隊。彼らの現在の標的は、残忍なテロリスト、アマー・カミール(ヴィンセント・リーガン)。ルクセンブルクに滞在中の彼を襲撃するべく、マディ・ホープ(ケリー・フォックス)、ペーター・ハウザー(ニコラ・ド・プリュイスネール)、ベニ・バウム(ドナルド・サンプター)、ライナー・ラックマン(ヘンドリック・ヘーズ)、フランシー・コルン(マリアム・ダドー)、ハースト・シュナイダー(カル・マカニンク)、ハリー・ウェバー(ウィリアム・アームストロング)らが活動していた。そしてついに計画は発動し、ライナーとトニーが実行することに。ところが標的としたカミールを撃つ直前にトニーは、相手の怯えた目から、これが替え玉だということに気づく。彼に向けて発砲すると、待ち伏せていた連中が逆に彼らを襲撃、ライナーは死に、トニーは重傷を負い、助けにきたマディーの車に乗る。尚も追跡してくる相手に、車の運転のスペシャリスト、ハウザーが後ろからサポートし、追跡者たちの車を列車に突っ込ませることに成功するが、ハウザー自身は警察に逮捕されてしまう。イスラエルの情報機関は、死傷者が出たうえに、外国の官憲にスパイとしての身元がばれ、逮捕者も出たことから、チームの解散、情報分析部門への転属か退職をチームに迫る。定年間近のベニは情報分析部門に、うまく立ち回ったマディは実戦部隊に残ることになったが、ウェバーは、大学にもどり、学位を取ることに、フランシーは、モナコ大使館に職を見つけたりということでバラバラに。マディーはトニーの子供を妊娠していたが、トニーと別れることを提案。諦めきれない退院したトニーも情報分析部門に残ることに。ところが、標的とされたアマーは、旧ソ連のKGBを母体とする集団の力を借り自分を襲撃した連中への復讐を図っていた。整形手術によって顔を替え、その手術を行った医師たちを殺し、まず、NYにいたウェバーと親しくなり、油断させたところを射殺、それから、ルクセンブルクで拘束を解かれたハウザーを、スイス国境に向かう山中で崖下に車ごと転落させ抹殺する。自分たちの襲撃したカミールが偽物だと気づいていたトニーは、カミールの仕業だと主張するが、司令官ベン・ジオン(マーティン・シーゲル)は取り合わない。
大使館員になっていたフランシーには、ビーチで近づき、料理を作る名目で家に上がりこみ、ベッドの上で殺害。警告のために彼女の家に向かっていたトニー達は間一髪で間に合わなかった。しかもトニーと行動を共にしていたハーストは、彼女の家にカミールが仕掛けていた爆弾トラップに引っ掛かり死亡することに。事態に気づいた情報部は、ついに残った三人に護衛をつけるが、マディーをおとりに、敢えて襲撃させることに。ところが、彼女を付け回していた怪しい人影ジョージ・マスード(オリヴァー・ヘイデン)を拘束し、安心して散歩に出かけたベニは、カミールに殺害されてしまう。マスードは、カミールがトニー達をつけ狙っていることを知って、彼を捕まえようとしていた、パレスチナ解放軍のエージェントだったのだ。カミールの真の狙いが、カミールの異母兄にして和平の主導者ジャミール・エル・アジズ(パトリック・ディーン)の暗殺であること、トニー達がつけ狙われるのは、アミールの妻子を彼らが殺していたから、旧ソ連の組織が暗殺を手助けするのは、和平が成立すると武器が売れなくなるから、などの事実が明らかになり、カミールを阻止するために、トニーは、マスードとともにカミールを追うことに…。



クリストファー・ランバートこと、クリストフ・ランベールは、Queenファンにとっては、ハイランダーシリーズの主人公コナー・マクラウドとして有名ですよね。

いや~目つき悪いね。

ヴィンセント・リーガンは、トロイ(ロードショーの鬼65)で、エウドラース役。ブリュセイスと楽しんでるアキレスを、アガメムノンが呼んでると呼びに来たり、オデュッセウスに、「俺達はもう帰る準備している」とか言ったり、パトロクロスがアキレスの鎧を着て戦ったことを伝える役。

正直反省している。

烏山でバイトしている時、あれは、夏休み中だったかな、昼飯を食ってたんだが、弁当を持ってきていた女子高生が、弁当のおかずが酢豚だったので、
「あたしベジタリアンだから豚肉あげる、先生。」
と言ってきた。
そこで俺が言った一言。
「酢豚から豚肉を抜いたら
それはただの『酢』だ!
「いいの!」
「そうですか。」

その子の苗字がTダノさんだったのはご愛敬。




さて、今のバイト先は、某Iwassaquis氏のかつての勤務地の近くなわけですが、最近ネオンの飾り付けがすごく、日が暮れてから通ると、カップルがうざいです。





先週の日曜日、そのバイト先から徒歩一分のSザンテラスってとこにあるホテルのロビーで待ち合わせしていたら、八人ぐらいの親戚連れと思われる集団に、
「すいませんシャッター押してもらえます?」
などと頼まれた。
他にも人はいるのによりにも寄って俺かよ~とか、シャッターは押すんじゃなくて切るんだっけ?とか、思ったが、人見知りの俺に見ず知らずの人の集団八人とかテロ以外の何物でもない。





月曜日は、そのバイト集団を集めて渋谷で飲み。

いや~、ピッチャーから飲むとか無いね。
三十を過ぎてる大人のやることジャない。


ちなみ、干支が一回り下の女から、
「苗字+タン」呼ばわりされたが、俺が酔ってなきゃ顎砕いたぞ、このくそ餓鬼!
(ちなみにこの女は、酔っぱらったオリウチクンの靴下を「穴があいてる~」とかいいながら引っ張って脱がせていたので、これはK藤嬢に報告しておくよ。)





その後カラオケに行きましたが、TMNの曲を歌い、TKに小銭を進呈。




っていうか、そこで袖を引っ掛けてシャツを破いていたことに気づきまた落ち込む。

ロードショーの鬼285

スーパーマン・リターンズ。

supermanreturns.jpg


Superman Returns.


帰ってきたスーパーマン。


aguila氏はかなりのアメコミ好きなので、まあ、それはmixiのプロフィールを見てもらえればわかるはずですが、自分の息子の名前をカル・エル・コッポラにしてしまうほどの、どこぞの「ゴースト・ライダー」ほどではないですが…。


というわけで、主人公がカル・エルのお話。

一応、クリストファー・リーブのシリーズの続編という扱いらしいのです。
ロードショーの鬼31でも言ってますが、やっぱりロイス・レーンはテリー・ハッチャーがやってた、テレビシリーズのスーパーマンが良かったですね。


スーパーマンこと惑星クリプトンの最後の生き残り、カル・エルは、天文学者の発見した惑星クリプトンの残骸を目指して地球を後にした。それから五年後のスモールヴィル。マーサ・ケント(エヴァ・マリー・セイント)の家の近くに隕石が落ちる。中から現れたのは、カル・エルこと、彼女の養子クラーク・ケント(ブランドン・ラウス)。一方彼の宿敵レックス・ルーサー(ケヴィン・スペイシー)と彼の愛人キティ・コワルスキー(パーカー・ポージー)は、北極にあるスーパーマンの秘密基地、「孤独の要塞」に忍び込み、スーパーマンの父、ジョー・エル(マーロン・ブランド)の残した、クリプトンの科学技術の結晶クリスタルを盗み出した。
一方のスーパーマンことクラークは、再びデイリー・プラネットで新聞記者として働きだす。久し振りに会った写真担当のジミー・オルセン(サム・ハンティントン)、編集長ペリー・ホワイト(フランク・ランジェラ)らと話をするが、現在、飛行機からスペースシャトルを打ち上げる計画の取材に出かけ、発射台となる飛行機に乗っているロイス・レーン(ケイト・ボズワース)がピューリッツァー賞を取ったこと、ジェイソン・ホワイトという子供(トリスタン・レイク・リーブ)が居り、ペリー・ホワイトの甥で、デイリープラネットのパイロットをやっているリチャード・ホワイト(ジェイムズ・マースデン)と結婚したことを知らされる。そんな中、レックス・ルーサーのクリスタルを使った実験のせいで、ロイスが取材のために乗っている飛行機に異常が起き、スペースシャトルを切り離せないまま、ブースターが点火してしまう事故が起きる、ロイスの危機に再びスーパーマンとなるケント。そして、ニューヨークの街に五年ぶりにスーパーマンが帰ってきた!



ブランドン・ラウスがかっこいいです。

ケヴィン・スペイシーは、F.R.A.T.(ロードショーの鬼158)とか、コンセンティングアダルツ(ロードショーの鬼51)とか。可能の王国の先生だけど。

ジェイムズ・マースデンは、Xメン(ロードショーの鬼33)、Xメン2(ロードショーの鬼150)とかのサイクロプス。ファムケ・ヤンセンを寝取られるの?
この映画の場合は、寝取られたところまでは…(っていうか付き合う前にできた子供でしょ)
郭公と呼びなさいよ。

フランク・ランジェラはジュニア(ロードショーの鬼264)に出てきてました。


サム・ハンティンドンは、デトロイト・ロック・シティ(ロードショーの鬼162)の主人公ジェレミー。


ケイト・ボズワースがすごくきれいです。額に皺を寄せると、宮崎あ●いみたいです。

俺的には、美男美女が出てくるので続編が見たかったわけですが、興行的に失敗し、事実上なかったことに。

ま、クリスタルの特性が分かりにくかったしね。たぶん、発明品でスーパーマンが危機に陥るってのがわかりやすかったと思うし、単純なロマンスの方をアメ公たちは求めてると思うよ。

マーヴェル好きはやっぱりカプコンの所為じゃないの?
マーヴェルは、スーパー戦隊もの(サンバルカンとか)と提携してるんで、チームで動くのが多いよね。

ロードショーの鬼284

奥さまは魔女。

bewitched.jpg


Bewitched.

誘惑されて。魅了されて。


『奥さまの名前はサマンサ
そして、旦那様の名前はダーリン。
ごく普通の二人は、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。
でもただ一つ違っていたのは、
奥さまは魔女だったのです。』

米倉涼子のリメイク版も見てました。

今回はノーラ・エフロン監督。
思い出したのは、めぐり逢えたら(ロードショーの鬼82)ですが、マイケル(ロードショーの鬼218)ってのもあったね。




落ち目の映画俳優ジャック・ワイアット(ウィル・フェレル)は、「奥さまは魔女」のテレビ版リメイクに進出し、ダーリン役としてサマンサより目立って人気を復活させようとしていた。マネージャーのリッチー(ジェイソン・シュワルツマン)に促されてサマンサ役に新人女優を起用させようとしていた。一方、イザベル・ビガロウ(ニコール・キッドマン)は、本物の魔女。浮気者の魔法使いの男どもに不満な彼女は、父親ナイジェル・ビガロウ(マイケル・ケイン)の止めるのも聞かず、人間の男と恋をするために人間界にやってきた。ただし世間知らずの彼女は、人間界の様々な瑣末事をこなせないため、「これで最後にしよう」と思いながらも、ついつい魔法を使ってしまう。そんなある日、ジャックとイザベルは、本屋で出会ってしまい、鼻の動かし方を見てサマンサ役にぴったりだと思ったジャックは、イザベルを本物の魔女だと知らず、新人女優としてスカウト。劇の中のセリフ「魔女だとしても愛してる」を気に入った彼女も、女優として活動しだす。お節介なお隣さん、マリア・ケリー(クリスティン・ケネワース)、スタイリストのニーナ(へザー・バーンズ)などと仲良くなりながら、幾度となく魔法は使ってしまうものの、イザベルは、ジャックのことが好きになっていく。サマンサの母親エンドラ役のアイリス・スミッソンに魔女疑惑があったり、ジャックの離婚調停中の妻シェイラ(ケイティ・フィネーラン)が出てきたり、二人の周囲も忙しいが、果たして、魔女と人間の恋は成立するのか…?



クララ叔母様(キャロル・シェリー)や、アーサーおじさん(スティーブ・カレル)など、架空の登場人物なのか実在なのかちょっと判断に困るんですけど。
教養として、奥さまは魔女、の世界観を知っていなければならないのでそれなりに複雑。ただ面白い発想ですよね。


番組のセットで夜中に二人で踊ってたシーンが好きです。

スタイリストのニーナことヘザー・バーンズが変わりすぎ。デンジャラス・ビューティ、デンジャラス・ビューティー2(ロードショーの鬼182)のミス・ロードアイランドなんですけど、あのときは金髪だったのに、今回は黒髪+メガネ。
う~ん、金髪の方が良かった。吹き替えの声優の声が野太すぎたのもマイナス。

マイケル・ケインは同じくデンジャラス・ビューティー(ロードショーの鬼120)にヴィクター役として出てます。もちろん、この間見た鷲は舞い降りた(ロードショーの鬼279)とか、バットマン・ビギンズ(ロードショーの鬼256)とかにも出てますけど。

この映画は呪われてると、途中でノイローゼ気味になってしまう小道具係のジョーイことマイケル・バダリュッコは、レオン(ロードショーの鬼166)のマティルダ(ナタリー・ポートマン)の父親役。めぐり逢えたらにもニューヨークのタクシーの配車係として出てます。

パーティーの会場にいたセクシーなホステス、ケイト・ウォルシュは天使のくれた時間(ロードショーの鬼214)のジェニー。ニュー・ジャージーでの親友アーニーの嫁さん役です。

アイリス役のシャーリー・マクレーンってアウトオンアリムの人でしょ。その筋では有名だよね。

ジェイソン・シュワルツマンは、コッポラの甥。ニコラス・ケイジや、ソフィア・コッポラは従兄弟らしい。


全般的にニコール・キッドマンが美人だったので良い印象です。
コールド・マウンテン(ロードショーの鬼101)なんかと違ってハッピーエンドですし。デイズオブサンダー(ロードショーの鬼213)の時より若々しく見えました。
最後の、「あ~た!お向かいの家に…」は鉄板。

ロードショーの鬼283

荒野の用心棒。

fistfulofdollars.jpg

A fistfull of dollars.

拳一杯のドル。大金。

Per un Pugno Di Dollari.ってのはイタリア語ですかね。


日本でマカロニ・ウェスタン(英語だとスパゲッティ・ウェスタン)と呼ばれるイタリア制作の西部(ウェスタン)劇の嚆矢とされる作品です。
但し、有名な話ですが、この作品自体はスペインで撮影されています。

黒澤明の用心棒の無許可リメイクで賠償金払ったのも有名な話ですね。


メキシコの国境の町、サン・ミゲルにやってきた名無しの男(クリント・イーストウッド)。到着するなり、母を求めて屋敷に忍び込む少年を見つけるが、少年はその屋敷のゴロツキ、チコ(リチャード・スチュイヴザントあるいはマリオ・ブレガ)に追い出される。窓からは、母親らしき女マリソル(マリアンヌ・コッホ)が顔を出していた。街の中に入ろうとすると、飛び出してきた鐘撞きファン・デ・ディアス(ラフ・バルダサール)が町の状況を簡単に説明してくれる。広場まで行くと、ゴロツキに絡まれ、発砲されるが、酒場に入り、酒場の主人カルロス・シルヴァニート(ホセ・カルヴォ)から街の状況を詳しく聞く。一方には、ロホ兄弟、一方には、保安官のバクスター一味がおり、安い銃器と酒を求めてアメリカから客が来るが、その金をめぐって二つの一味が争っており、両方とも腕の立つ用心棒を求めていることなど、ただし、治安が悪いためみんな町を出ていくか死んでいるか、仕事を辞めたかのどちらかだと。ただ、棺桶職人の老人ピリテロ(ジョセフ・エッガー)だけが、職にあぶれずに済んでいると。先ほど自分をからかったのが、バクスターの乾分だと聞くと、ロホ兄弟に自分の腕を売り込むために、瞬く間に四人のゴロツキを倒す。保安官ジョン・バクスター(ウォルフガング・ルクシー)を軽くいなすと、揚々とロホ兄弟の邸宅へと向かう。ロホ兄弟の長男、ミゲル・ロホ(アントニオ・プリエト)に100ドルで自分を売り込むと、アメリカの騎兵隊が近々やってくることなどを聞かされ、暫く大人しくせねばならないので、抗争は未だ先だと聞かされ、ねぐらを与えられる。そこで、チコがロホ兄弟の手下であること、マリソルが、三兄弟の一番下で一番腕の立つラモンの愛人であることを聞かされる。部屋にいると、兄弟の真ん中エステバン(ジークハルト・ルップ)がミゲル相手に見ず知らずのアメリカ人を雇ったことで詰め寄っていたが、男は、抗争は未だ先だという言葉を言質にとってロホの屋敷を出て、カルロスのもとに身を寄せる。翌日騎兵隊が町にやってきて、その翌朝、早朝に町を立つ。それをこっそりつけるカルロスと、ジョーと呼ばれ出した男。騎兵隊の取引相手とみられたメキシコの兵隊が機関銃で相手を撃ち殺し始める。実は彼らはロホ兄弟の一番下にして一番腕が立ち、一番頭の切れるラモン(ジャン・マリア・ボロンテ)の率いるロホ一味だったのだ。アメリカ軍の持ってきた金塊をまんまと手に入れると、お互い殺しあったように見せかけ、引き上げる一味。屋敷に戻ってきたラモンはバクスターと仲直りすると言い出し、ジョーは町を去るといい、ロホ一味のところから姿を消す。すると、町のはずれの兵隊たちの死体をカルロスとともに二体運び出し、墓地に放置する。そして、バクスターのもとを訪れ、バクスターの妻、コンスエラ(マルガリータ・ロザーノ)の部屋に忍び込むと、ラモンの所業をリークし、500ドルをもらって「但し、兵隊が二人生き残っていて墓地に逃げ込んだ」という話をする。その後、ロホ一味のもとにもどり、「兵隊が二人生き残っていて墓地に逃げ込んでいて、その身柄をバクスターが抑えようとしている」という情報をもたらしてさらに500ドルをせしめる。あわよくば共倒れを狙っていたわけだが、蛻のからになったロホ一味の邸宅を捜索するうちに、マリソルにその姿を見られ気絶させて連れ去る。一方、バクスター一味とロホ一家の激突は、バクスターの息子アントニオ(ブルーノ・カロテヌート)が捕虜になって終了していた。ジョーは、バクスターの下に気絶させたマリソルを連れていき、さらに金をせしめ、人質を交換させる。町の広場で行われる交換。ただし、マリソルの夫アランとその息子もその場に居合わせた。そう、マリソルは、アランの妻だったが、ラモンが強引に自分の家に囲っていたのだった。果たして、ジョーの狙う二つの一味の壊滅は成功するのか、そして、マリソル達一家を救ってやることはできるのか!?





イーストウッドが異様にかっこいいです。
やべっ、憧れる。


トゥルー・クライム(ロードショーの鬼25)とか、ピンク・キャデラック(ロードショーの鬼180)のころとは大違いで男盛りですしね。

ただ、声が、ルパン三世なんだよね~。


後、テーマ曲が最高です。みら~しどれどしらそ~みそら~。ってかっこいいし。
ただ、オープニングが長すぎ。でも二度見る人にはちょうどいい長さ。

で、絶対二度見たくなるし。


ま、ヒロインはあんまり美人じゃないので映画としてはどうでもいいですけど。

衝撃

TK逮捕に衝撃を皆さん受けたんじゃないですかね。

僕も結構好きだったのでそれはそれでショックでした。
ま、TMNの一番好きな曲は、we love the earthかな。
get wild and toughが好きとか言っているやつは、オタク認定なんだけど。


後、これ
これにずいぶん笑いました。

get wild and 逮捕とか…。be togetherじゃなくて「be 土下座」とか…


しかし、五億円って、TKに500円あげるってやつが百万人いればいいのか。
ま、生活費が月八百万とか言ってるやつの生活態度が改まらん限りいくら金があっても足りないだろうし。




それはそれとして、M田とかにある、ノックアウト大学ってあるじゃないですか。そこの学生さんが麻薬で捕まったけど、じつは、アメリカ人講師も二月に捕まってたって話がこの間新聞に載ってて、

「これだから、『ホラは吹くザワ、嘘は言う吉』先生の作った塾は駄目なんだ!」

とか思ってクリックして続きを読んでたんですが、名前を見てびっくり。Sイラス・P-ル・Rルビン…

「えっ。…おれが中学二年生の時の英語の先生ジャン。」

アメリカに帰ったとばかり思っていたが、まだ日本にいたとは。

というかこっちの衝撃の方がでかいです。




先週、御茶ノ水に行こうとして、新宿に着いた途端、中央線が止まったので、総武線に乗ればよかったのに、大江戸線で本三にいこうとして(御茶ノ水に行きたかったのだから、新宿線を使えばよかったのだが)すごく遅刻していった。
遅刻する旨連絡していたのだが、生徒達は不満たらたらである。

さて、今週の水曜日も、「今日も遅刻してもいいか」と思って、授業に遅れて行ったら、

「どうしたんですか、今日は。言い訳を聞いてあげますよ。」
←なぜ上から目線。

「いや、宇都宮線が止まってはいたが…、…それとは関係ない理由で遅刻しました。」

「今度から、メールしますよ。遅刻してると。」
「いや、俺、メールするくらいならその時間走ってろ!って思うタイプだし。この間も、某Ph.D.と待ち合わせした際、向こうが遅刻してきた時、怒鳴りつけかけたもん。だから教えない。」
「リヴィエールさんに聞きますよ。」
「じゃあ、メアド変える。」
「そんな理由で?」

そんなものです。

「おれがリヴィエールさんを呼び出す用事はあっても、向こうが俺を呼び出す用事はない。」





さて、休憩時間中に、生徒が勝手に俺のバックを漁っていた。(資料が多いのでバックで持ち歩いている。)

「何を勝手に見ている。」
「面白い教材ないかな~と思って。」

で、世界史問題自動作成ソフトをいじっていたので、

「それはリヴィエールさんに教えてあげなさい。便利だから。」
「世界史のしかない。」


いや、しかし危なかった。

なぜ危なかったかは、秘密です。






夜、道を歩いていたら、停車中の車から声をかけられた。

「すいませ~ん。あ、道を聞いているわけではないんです。あのこれ要りませんか?(高そうなペアウォッチを差し出して)配達の途中、要らなくなったんで…」

「結構です。」

意味がわからなかったんで、断ったが、何だったんだろうあれは?
文脈がわからん。

とにかくわけがわからなかったのと、「この俺を時計ごときで縛ろうなどと考えるな!このaguila_bicefala、時計などに縛られて生きる生活はしておらぬわ!」
(訳:時計が必要な生活はしていません。)
と思った。


だから遅刻したんでしょ。

最近のお気に入りは、

これですね。

gingerdraft.jpg

結構飲んでます。

ロードショーの鬼282

ジャスティス。


hartswar.jpg


Hart's War.

ハート中尉の戦争。ハート中尉にとっての戦争?

第二次大戦中、捕虜収容所で起きた人種差別主義者が殺人された事件と犯人とされた黒人の弁護人を引き受けた主人公の話。


1944年、ベルギー。父親が議員のため、第五師団の後方作戦本部に所属するトーマス・ハート中尉(コリン・ファレル)は、一度も前線に出たことがなく、実戦を経験したことがなかった。前線まで戻る兵士を送る途中、敵の待ち伏せを受け、敵の捕虜となる。ルッツ大尉(デュガルド・ブルース・ロックハート)の尋問に耐え切れず、三日で燃料基地の居場所を吐いてしまったハートは、アウクスブルクにある捕虜収容所に送られることに。収容所では、ソ連軍の捕虜が処刑される場面に出くわすが、捕虜たちの中でもっとも階級が高く責任者になっていたウィリアム・マクナマラ大佐(ブルース・ウィリス)は敬礼をし、「劣等民族どもめ」と吐き捨てるドイツ軍将校に対して、「我が軍にはそんな区別はありませんので…」と応酬した。ハートは、マクナマラ大佐に質問され、ルッツに尋問されたが、「階級と認識番号しか述べていません!」と答えたが、ルッツの拷問に一カ月耐え結局なにも吐かなかったマクナマラに見破られ、マクナマラはそれをおくびにも出さずに、「将校用の監舎は一杯だから、下士官用の監舎に行け」と命じられる。空きベッドを確認したものの、おとなしく下士官用の監舎に行くハート。ハートはそこで、責任者ヴィック・ベッドフォード軍曹(コール・ハウザー)からいろいろな情報を聞き出す。たばこを手に入れると、見張りの兵隊と取引ができることなどを教えてくれたベッドフォードは、翌朝には、新品の靴と靴下までハートに贈った。ところが、ハートが送られてきてから数日後、アメリカ空軍所属のラマー・アーチャー少尉(ビセロス・レオン・シャノン)とリンカーン・スコット少尉(テレンス・ハワード)が搭乗していた戦闘機を撃墜されて送られてきた。二人は黒人だった。マクナマラは、二人にも下士官用の監舎に行くことを命じ、ハートの監舎を指定する。監舎に行くとベッドフォードら下士官たちは、二人の少尉が上官であるにもかかわらず、馬鹿にした態度をとり、敬礼もしなかった。ハートが窘めたにもかかわらず、下士官たちは、二人の少尉を差別していた。そして、ある晩、アーチャーのベッドの下から、武器に成り得る金属製の杭が見つかり、本人は無実を主張するが、その場でアーチャーが銃殺される。残ったスコットは、下士官たちに完全に嵌められたと思い、ベッドフォードを敵視する。そして、数日後、スコットが外に出るのを目撃したハートはあわてて外に出ようとするが、隣に寝ていたカール・ウェッブ軍曹(ロリー・コクレイン)が起きだした頃、外が騒がしくなり、ベッドフォードが死体で見つかった。スコットは自分が見つけた時にはすでにベッドフォードが死んでいたことを主張したが、恨みという動機、監舎の外に出ていた事実、ドイツ軍側のハンス・フューセル少佐(デビッド・バラス)らの証言により、スコットが犯人とされた。即刻処刑しようとする収容所の所長ワーナー・ビッサー大佐(マルセル・イウレス)。しかし、マクナマラは、捕虜同士の間の犯罪は、軍法会議で裁かれるべきだと主張。死体の保存を訴えたハートをスコットの弁護人に任命する。追及する検事役は、出征前は現役の検事であったシスク大尉(サム・イェーガー)。イェール大学の法科大学院の二年生でしかなかったハートが弁護人に任命されたこと、ハートが最初から認否を問わずに殺人を事実だと決めつけて弁護の方針を決めたことでで、スコットは完全にこの裁判がやらせだと思い込み、自暴自棄になる。はたして本当の殺人犯は?突然軍法会議を開くといったマクナマラの真の目的は?





ブルース・ウィリスにまだ髪の毛があります。

ビッサー大佐が、
「イェール大学卒業生にそんなバカはいないはずだ!」
云々言い出したあたりで吹き出しそうになりました。
「1928年卒業の中では最年長だったがね」とか言い出したので、苦労したんだなこのドイツ人、と思いましたが。

ただ、議員の息子だから、寄付すれば大学自体には入れるんだよね、イェールって私立だし。
たしか、ブッシュもイェール卒。
ま、向こうの大学は入るのは簡単だけど卒業するのが難しいわけで、そのてん、イェーリアンの保証付きなわけだ。

うちのボスの卒業証書(Ph.D.の証明書?)、コネチカッテンシス云々とかニュー・ヘイヴン(新しい港)がラテン語形で書いてあって、アメリカの方が実は伝統残ってるんですよね。



コリン・ファレルは、アレキサンダー(ロードショーの鬼36)を見たくらいですかね。
眉毛太い。今度からサンタマリア氏をコリン・ファレルと呼びたいくらい。


マクナマラ大佐についていろいろ教えてくれるロス大尉こと、ライナス・ローチは、バットマン・ビギンズ(ロードショーの鬼256)でのトマス・ウェイン博士。

tag : ブルース・ウィリス

ロードショーの鬼281

オーシャンズ11

oceanseleven.jpg


Ocean's 11

オーシャンと十一人の愉快な仲間。

11人とは、

ダニエル・“ダニー”・オーシャン(ジョージ・クルーニー)
ロバート・チャールズ・“ラスティ”・ライアン(ブラッド・ピット
ライナス・コールドウェル(マット・デイモン
ヴァージル・モーロイ(ケイシー・アフレック)
ターク・モーロイ(スコット・カーン
イェン(シャオボー・クワン)
フランク・キャットン(バーニー・マック)
バシャ・タール(ドン・チードル)
ソウル・ブルーム(カール・ライナー)
リヴィングストン・デル(エディ・ジャミソン)
ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)

のことですね。


刑務所に四年間服役していたダニエル・オーシャンは、出所と同時に、収監中に思いついた盗みの計画を実行するために必要なメンバーを集め始めた。最初に、カジノのディーラーをやっているフランク・キャットンのところに行き、次に、ハリウッドの若手俳優にポーカーを教えているラスティのところに行く。そして二人で、必要な人物を集め始める。標的は、執念深いことでは有名なテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)の所有するカジノ。一流の人材が必要とされていた。
パソコン・電子系に強いデル、ドライブとラジコンに強いモーロイ兄弟、軽業の達人イェン、伝説の詐欺師ソウル、元カジノの経営者で、ホテル所有者で、標的ベネディクトの商売敵で強い恨みを持つ、一味への資金提供者ルーベン、爆発物のスペシャリスト、バシャ。そして、凄腕のスリの息子ライナス。
一行はラスベガスに飛び、慎重に計画を実行に移していくが、ダニエルには一味に隠していることがあった。それは、ベネディクトの交際中の女性が実は、ダニエルの別れた妻テス(ジュリア・ロバーツ)であったことである…。



クライムアクションなら、ミニミニ大作戦(ロードショーの鬼207)の方が登場人物が少なくてよかったですね。
十一人てのは人数多すぎ。
考えても見てください、ルパン三世に20人くらいの専門家が次々と出てきて、得意分野で活躍しながら盗みをやる。絶対、二時間じゃ覚えられないって。
60セカンズも同様。


ドン・チードルは、天使のくれた時間(ロードショーの鬼214)、オーシャンズ12(ロードショーの鬼118)、ヴォルケーノ(ロードショーの鬼249)に出てきてます。

エリオット・グールドは、ヴァージン・ハンド(ロードショーの鬼184)の神父役。

エディ・ジャミソンは、パニッシャー(ロードショーの鬼178)のミッキー・デュカ(息子の死に関してマフィアのボスに八つ当たりされたり、パニッシャーに命じられて仲間割れの情報を流したやつ)です。
この映画でもおどおどしてます。

スコット・カーンは、60セカンズ(ロードショーの鬼57)のタンブラー。
バーニー・マックは、チャーリズエンジェル・フルスロットル(ロードショーの鬼17)のボズレー。

アンディ・ガルシアは、ブラックレイン(ロードショーの鬼159)、アンタッチャブル(ロードショーの鬼50)なんかを見てますね。

ジュリア・ロバーツは、アイラブトラブル(ロードショーの鬼41)くらいしか記録に残ってませんね。
とちゅうから、エウスカディ先輩のエイベックスさんはジュリア・ロバーツに似てる説を思い出し、登場する度に、げらげら笑い出してしまいましたが…。


意外とマット・デイモン映画を見ていることに気づいたので、タグを作りました。
ジェロニモ(ロードショーの鬼94)、オーシャンズ12、ボーン・アイデンティティ(ロードショーの鬼108)、ボーン・スプレマシー(ロードショーの鬼111)。

tag : ジュリア・ロバーツ マット・デイモン ブラッド・ピット スコット・カーン

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。