スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファティゲ

ジュスイトレファティゲ。






そうだ!随分前ですけどCDの方は、Mイクシーの方で紹介させていただきましたよ。
(こことは読者がかぶってないので。)





「手持ちの●●があったら売ってくれない?10~90万の範囲なら言い値で買うよ。」

…。


おお。

私のことはヘッセン・カッセル方伯ラントグラーフフリートリッヒと呼んで下さい。

手勢をかき集めて全部まとめて売っぱらってあげます。

ちょっと早いけど夏のボーナスでふ。



しかしこの半年は異様にカネ回りが良いな。





今のところ、インディジョーンズ2、インディジョーンズ3、蝶の舌、レジェンドオブゾロ、なんかが更新待ちです。
スポンサーサイト

集計2

今日だけで10拍手されているので早めに集計しておきます。
27/06/2008集計
エントリー内容回数
ロードショーの鬼102(リンダリンダリンダ)
S.W.について
Que■n(女王様)関連
北条氏康・ケルピー・院試
ロードショーの鬼225(さくらん)
ロードショーの鬼190(アンナと王様)
ロードショーの鬼170(シークレット・ウィンドウ)
ロードショーの鬼145(ファンタスティック4)
ロードショーの鬼65(トロイ)
ロードショーの鬼(トップ・ガン)
八つ裂き光輪
ロードショーの鬼221(オペラ座の怪人)
ロードショーの鬼215(トレマーズ)
ロードショーの鬼213(デイズ・オブ・サンダー)
ロードショーの鬼206(刑事ジョンブック:目撃者)
ロードショーの鬼202(タイムマシン)
ロードショーの鬼192(ハドソン・ホーク)
ロードショーの鬼189(デビルマン)
ロードショーの鬼173(シャドウ)
ロードショーの鬼169(最後の恋のはじめ方)
ロードショーの鬼163(マスク2)
ロードショーの鬼161(黄昏)
ロードショーの鬼159(ブラックレイン)
ロードショーの鬼158(F.R.A.T.)
ロードショーの鬼135(アビエイター)
ロードショーの鬼119(トリック劇場版2)
ロードショーの鬼108(ボーン・アイデンティティ)
ロードショーの鬼76(レジェンド・オブ・メキシコ:デスぺラード)
ロードショーの鬼74(タキシード)
ロードショーの鬼61(ブラック・ホーク・ダウン)
ロードショーの鬼47(トッツィー)
ロードショーの鬼46(クレイマーVSクレイマー)
ロードショーの鬼40(ストレイト・ストーリー)
ロードショーの鬼37(ラスト・サムライ)
ロードショーの鬼34(たそがれ清兵衛)
ロードショーの鬼33(Xメン)
ロードショーの鬼31(スーパーマン)
ロードショーの鬼25(トゥルー・クライム)
ロードショーの鬼23revisit(80デイズ)
ロードショーの鬼20(リーグ・オブ・レジェンド)
ロードショーの鬼11(ニューヨークの恋人)
ロードショーの鬼10(みんなの家)
完結(アル・カサルについて)
中島敦ネタ
カマトトの話
眼鏡・AX・メールへの返事の仕方
温情による卒業
ハードルが高かった件
天気
アンデクス1
メモ(容疑者・交渉人・フラガール)
◎ンダム(G@cktとコッツェン)
歴史もフランス語も…
ベースが弾きたくなる…
さて(ムッシュの前でのモノマネ、髭を剃った話)
ようやっと(焼き肉・●てさん・写真集)
cogito ergo sum
訃報(イイジマン・ハルヒダンス)
アップショーの鬼
わかった
寒いね(原幹恵・踏んでも壊れない)
…(エウスカディ先輩の呼び方、高尾山、トルココーヒー)
ケスキスパス(硫黄島からの手紙)
浮世の義理(メゾン・ド・ヒミコ)
実験(カカラヂの告知)
占い・分析の鬼3(漢力検定)
合計81


先頭集団(拍手回数3)にやっとロードショーの鬼102が入ってきて、ようやく映画ブログらしくなってきたよ。二位集団(拍手回数2)にも、ロードショーの鬼65とロードショーの鬼が入ってきて、上位集団においてもロードショーの鬼の割合が増えてきました。

最近

姉と話す機会が増えたので、博多弁(筑後弁)が口を衝いて出てくることが増えました。

ペルー料理屋に行った時も、気づかれては無いのかもしれませんが、かなり方言が出てきてました。

根っからの都会派を気取っているのに…。






フェミーンな方はかなり愉快な嗜好を持っていることが判明。

C.ロナウドが格好良い!とか言っていたので、ベッカムとかはどうなの?と水を向けると、

フェミーン「…いや、金髪は良くわからないです。」
aguila「ベッカムは格好良いよな?」
サンタマリア「ええ。」
フェミーン「金髪だとどうも顔の評価をし辛くて…。」
aguila「じゃあ他には?」
フェミーン「う~ん。…ああ、そうだ、髪が長くてチリチリした人がいるじゃないですか?」
aguila(ボソッと)「フリット?」←時代古すぎ。
フェミーン「え~っと童顔で…」
サンタマリア「ロナウジーニョ?」
フェミーン「そう、ロナウジーニョ!」

…。ロナウジーニョ…。
それは特殊な嗜好だと思うぞ。




サナエさんは、何だか「こう呼ばれたい!」っていう理想の呼ばれ方があって(私は、「サナエさん」以外の呼び方はしないつもりなので覚えてませんが)、それに一番近い呼び方(さなちゃん)をしてくれるのが、セーコ嬢とU原氏だ、と以前言っていたんですが、aguila氏の中の人も自分の綽名としては理想の呼ばれ方がありましてですね…


フェミーン「aguilaさんお姉さんに何て呼ばれてるんですか?」
aguila「教えないよ。すごく恥ずかしいじゃないか、人に知られるのは。以前、アウグスタ嬢が…(以下略)」
サンタマリア「☆%$※(大意要約すると、その話耳にタコができてます云々)」
フェミーン「あたしその話初めてです。」
アルボラーダ「何度か聞いたことがあります。」
aguila「聞いた瞬間に研究室のメーリングリストに流したい衝動に駆られたもん。」
フェミーン「どうしてそうしなかったんですか?」
aguila「まあ、その話は、ドミニコくんに伝えたから、翌日にはラコステ君が知ってたんだけどね。」
アルボラーダ「まあ、もう、『◎▲』って呼んでも良いんじゃないんですか?」←付き合ってらんない感溢れる発言。

…。
適当なこと言うなこの野郎。

で、この話でしばらく自分の呼ばれ方の話をけむに巻こうとしていたのだが…

フェミーン「絶対aguilaさんの名前だったら『ひ』何とかに為りますよね」
aguila「いや、理想の呼ばれ方としては、『■❤』(名前の後半二文字)なんだけどね。」(一度もそう呼ばれたことは無いが)
サンタマリア「…ああ、良いですね。」←意表をつかれた感じ。
aguila「まあ、間違っても、☆♣さん(アウグスタ嬢)に『◎▲、俺のこと■❤って呼べよ!』とは言わんと思うが。」
フェミーン+アルボラーダ「イヤー+キャー!」


うん、そんなコッパズカシイことは、人前では言わんと思うが、実は二人きりになったら言えるかも知れない。(まあ、二人きりになるのは至難の業ですが。)

eight days a week

放っとくと次々と内容が古くなるくらい目まぐるしく状況が変わっています。


六月の半ばくらいから、友人の勤めるベンチャーで週四日ほど働いています。

元々のバイト先は週二日ぐらいです。

で、このバイト先から週二日の家庭教師の仕事を引き受けました。


計算上は、週八日働いていることになりますが、週二日づつのバイトはどちらも夕方六時以降の仕事なので、週四日の仕事の後に通っています。

うん。週四日しか働いてないよ。





さて、元々のバイトは、時給MMMD円です。(月8~9ↂ円)

で、そっから紹介された家庭教師は、昔、Y田講堂の学生課で紹介されてたバイトが、春日部で学部生でMMMMD円だったので、春日部より遠いし、aguila氏のマスター号も加味してaguila氏がその科目の専門家でないことを考慮してↁ円と吹っかけてみました。
週二日一回3時間という計算で、一月が四週でも12ↂ円です。


そして、週四日の方は、月20ↂ円貰えるので、大体、週四日で40ↂ円を月に稼ぐのかな~と思ってました。

ところが、六月の12日ごろ、2回目の家庭教師に赴いたところ、御高説を給わっていたらなぜか信頼されて、時給が倍になりました。時給ↂ円です。

「っひゃっほう~」です。週四日ほどしか働かず、月収52ↂ円です。
ってか、時給ↂ円ってどんな高給取りやねん。


ところが、3回目のこの家庭教師に赴いたところ、週1日で良いと言われてしまいました。で、1日3時間、週6時間で計算していたんですが、一回4時間、週1日ということで、月16ↂ円です。この仕事から得られる収入は期待値の3分の2になってしまいました。

で、ペルー料理屋に行った後の月曜日、突然電話がかかってきて、別の教科(社会)も教えてほしいから、空いた方の曜日は社会をやってくれ、とか頼まれました。え~っと、週8時間、一月が四週だとしても32時間…。

いいですか、aguila氏の時給はↂ円ですよ!
…。私、関東北部某県に住めちゃいますよ…。

空恐ろしくなったので、その話は断っておきましたが…。




ちなみに今日そのバイトだったんですが、4時間分の給料を受け取りながら、時間で帰ってきてしまいました。(勘違いです。)

来月1時間分給料を減らしてもらわなきゃ。







とっぱらいは、福利厚生もボーナスもない分、源泉徴収が無い。






さて、ベンチャーの方ですが、今週の火曜日初めて社長と親しく口をききました。
(一応顔だけは見せていた。)
女性用の矯正下着を売ったりはしている物の、デジタルコンテンツに強い会社だと聞いていたし、某塾にデジタル教材を売るらしいので、(経歴を生かして)その担当補佐役として雇われていたわけですが…。



社長「●●●に石油プラントを作る話があって…」
aguila「はあ。」
社長「インフラも整備しなきゃ。行く行くは、鉄道を引くぞ!」
aguila「…それじゃ帝国主義じゃないですか。」

ええ、資本主義の走狗というか、帝国主義の尖兵です。
気分はすっかり19世紀です。
列強の気分を追体験です。


しかし、女性用の下着から、学習塾の教材や、石油プラントまで売ってるなんてどこの総合商社だって感じですよね。

社長「ついては、誰か現地に派遣しなきゃ。」
aguila「任せて下さい。3ヶ月くらい帰ってこないつもりです。やりましょう、3B政策!」


で、当地の地球の歩き方と現地語の本を買った今日、

友達「…、あれやっぱ投資詐欺っぽいわ!」


…なんと、…。

詐欺かどうか確かめるために私を会社の金で現地に派遣してくれ!

と主張しておきました。

占い・分析の鬼11

エロゲ脳?

エロゲヲタスカウター SPECIII [β4版]

http://hamanasu.sakura.ne.jp/~yami/qandc/eotasc3.html





-エロゲヲタスカウターSPECIII (2008年6月25日13時5分42秒現在)-

aguilaさんのステータス
エロゲヲタレヴェル:1

さいだいHP:9

さいだいMP:102
虹脳力: 12

迷惑力: 2

妄想力: 19

解脱力: 12

総ヲタ戦闘力(EXP): 91
獲得称号: 妄想派二等兵

●あなたの虹脳力所見:
その手の情報に少し興味を持ち、意識的に取り込んでいる傾向が見られます。ですがまだ自制も効くので、問題になる程ではないようです。

●あなたの妄想力所見:
趣味や興味があるものによって少し快感を感じることがあるようです。

●あなたの迷惑力所見:
人間、生きて行く限りは他人に多少の迷惑はかけてしまうものです。気にする程ではありません。

●あなたの解脱力所見:
おたくとまでは行きませんが、惹かれた対象には強く興味を持つ傾向があるようです。






分析結果項目解説
分析結果が意味わかんねーヨ!ってなひとのための解説。

虹脳力
主にあなたの二次元脳力、早い話が知識量を表します。無論高いほどヤバイです。
妄想力
そのまんまです。あなたのイケナイ想像力を表します。やはり高いほどヤバイです。
迷惑力
やっぱりそのまんまです。あなたのウザさ具合を表します。言うまでもなく高いほどヤバイです。
解脱力
あなたがどんだけその手のアレにのめりこみ、世間から解脱していっているかを表します。察しの通り高いほどヤバイです。
エロゲヲタレヴェル
レベルです。総ヲタ戦闘力(EXP)の数値に影響されます。
さいだいHP
ここでいうHPとはヒットポイントではありません。ヘンタイポイントです。
虹脳力と迷惑力の数値に影響されます。
さいだいMP
ここでいうMPとはマジックポイントやマインドポイントではありません。マニアックポイントです。
妄想力と解脱力の数値に影響されます。
総ヲタ戦闘力(EXP)
総合力を表します。主に全てのパラメータの数値に影響されます。
獲得称号
総合能力、パラメータによって決定されます。
理論上は階級数19 x タイプ数16で304通り程になりますが
実際に表示されるのはもっと少ないと思います。
(選択肢を意図的に選ぶ必要があるため)
偉そうに成るほど色んな意味で手遅れです。目指すな元帥!

ご無沙汰

やあ、全国の僕の仔猫ちゃん達。元気だったかい?

引っ越しをして、一人暮らしをやめて、女の人と同棲する、ってことを告知したまま、日記を更新しなかったから、仔猫ちゃん達をやきもきさせたかも知れないね?


同棲相手というのは僕を子供のころから知っていて、僕の味の好みや好き嫌い、お互いの両親についてもよく知った間柄の人です。









いや、ですけど。





さて、期待していた反応は、11の人からしかえられなかったので、しばらく待ってみたんですが、結局彼一人しか反応がなかったんですよ。
意外と、私の動向には興味無いってことですか。


(ということで、今日は「O泉洋」風でした。)




ちなみにうちの姉の話題を振ったところ、



お前の姉は↓
http://www.goodsmile.info/products/max/2008/max0801-03.html

こういうのか?と聞かれたので、「めがっさ違うにょろよ」と適当に返してみた。

もちろん彼の返事は、室戸市名物「シットロト踊り」でした。

うん、何かあるとシットロト踊りに逃げようとする態度はどうかと思う。

いや、好きだけど。シットロト踊り。




というわけで、五反田のペルー料理屋に行ってきました。
嘘はついていないが、情報を小出しにしていた(U原氏≪引っ越しする≫とS-じ氏≪姉が…≫とサンタマリア氏≪一人暮らしを辞める≫の三人の情報を合わせると完全になったのだが…)ので、参加者の妄想が膨らんでいた。(aguila氏が十五分遅刻した間に話したらしい。)

面倒くさいし、こいつら相手に焦らすつもりもなかったので、あっさり白状したが…

アルボラーダ「そこはもう少し焦らしてほしかったっすね。幼馴染だとか…」

うん、君ら相手に焦らしてもそんなに楽しめない。
というか、サンタマリア氏にはチャンと、浮いた話ではないと明言しておいたはずだが…。
(君らの知らない女の人を連れてくるって言ったんだっけ?)
ヤキモキしていた仔猫ちゃん達(ファン)はこんな所に居たんですね…。←違う。


アベックス「aguilaさん、すごい広い部屋じゃないと住めないって言ってたじゃないですか。お姉さんと同居何て大丈夫なんですか?」
aguila「☆★平米(㎡)だから、凄い広いし。」
アベックス「広いですね。」
aguila「ま、姉貴だから、『完全に他人』ではないしね。共有スペースに物置くだろうし。」
アベックス「…。お姉さんは完全に身内です。」

アベックス「●●(ムスケティエ)くんに、■■(アベックスさんのこと)さん、髪型があり得ない形してるよって言われたんですよ」
aguila「キタロウの妖気センサーみたいにムスケティエ君の妖気に反応したんだよって言っときな。」
アベックス「っそっかー。わかりましたー。」

誕生日の話題になったので、acheverさんと、四日ぐらいしか違わないよ、ま、本当は二月二十二日だけど!とかいつも通り言っておきました。
アルボラーダ「ニャンニャンニャンの日じゃないですか。」
aguila「そうだよ。」
アベックス「…(ブツブツと呟きながら自分の考えをまとめている。)acheverさんの誕生日は多分ムスケティエ君なら知ってるから…」
aguila「おい!全然聞いてねえな、お前!」
アベックス「だって、acheverさんの誕生日を考えるのに一生懸命で…」

とりあえず、俺の誕生日が夏ってのは、ロ・クレールさんの飛ばしたデマだよと言っておく。


aguila「今日は、マスキュランの方が来る可能性もあったんだよね。そしたら全員スペイン語読めるし。」
フェミーン「aguilaさん、スペイン語読めるんですか。」
aguila「二外はフランス語だけど。」
サンタマリア「aguilaさん、フランス行ったことありましたっけ?」
aguila「あるよ。」
サンタマリア「ああ、あのブルターニュ日記。」


…そういや途中だよね、まだ。


延々と、フランス人が、サンパでないこと、パリを逃げるようにしてブルターニュに逃げたことなんかを話してましたが、

aguila「ま、行った先は、ブルターニュじゃなくてノルマンディーのモンサンミシェルだったんだけどね。」
で、モンサンミシェルで、150ユーロもする豪華な部屋に泊まった話をしようとして…
aguila「ま、この話はやめておこう。誕生日が分かるし…」

ということで、電子辞書出して調べ始めやがったんで、俺の誕生日は判明してしまいやがりましたとさ。

アルボラーダ「そういや、その辺で羊を食べに行きましたよね!」

ああ、そういうのもあった…。




ま、ペルー料理、おいしかったし、量が多かったです。
結構満足。


ああ、夏なのに引っ越し祝いに来るとか言ってるけど、もてなす料理が無いな~。

夏野菜のカレーとかしか思いつかん…。



I take a step outside
and I breathe the air
and I slam the door
and I'm on my way.
I won't lay no blame
I won't call you names
'Cause I've made my break
and I won't look back
I've turned my back
on those endles games.

I'm all through with ties
I'm all tired of tears
I'm a happy man
don't it look that way?
shakin' dust from my shoes
There's road ahead
and there's no way back home
(no way back home)
Oh but I have to say,

Leavin' home ain't easy
(Oh I never thought it would be easy)
Leavin' on your own
(Oh there's a million things calling me back)
Leavin' home ain't easy
On the one you're leavin' home.

(Stay my love, my love please stay
Don't stray my love what's wrong my love?
What's right my love?)

Leavin' home ain't easy
I thought how could I think of leavin'
Leavin' on your own
Still tryin' to persuade me that
Leavin' home ain't necessarily the only way.
Leavin' home ain't easy
But may be the only way.


ロードショーの鬼243

The 有頂天ホテル。

hotelbiss.jpg



…。

面白いシーンをつなげれば面白い映画ができるとでも考えているのだろうか?


話がバラバラすぎて、散漫な印象しか受けない。
豪華キャストってのは、ストリングスとかホーンとかを入れまくってアレンジした曲みたいなもんで、本の演奏に自信が(力が)ないから誤魔化しているというような印象なんですよね。
つまり、キャストぐらいは豪華じゃないと話が詰まんない、と。

いや、キャストの豪華さに筋が負けてない映画というものも確かに存在するでしょうけど、少なくともこの映画は違う。


新撰組がひどかったので三谷幸喜の評価自体が低いです。

じっさい、「古畑~」とか、大嫌いだから見てるだけでムカムカするもん。

彼の作品で好きなのは(そして見ていたのは)、「竜馬にお任せ」、「総理と呼ばないで」、「HR」くらいかな…。

この三つは誰が見ても面白いと思うよ。


ドタバタは起こして面白いのは、きれいに収拾が付けれたときだけ、しかも、視聴者の期待を裏切る形で、と思うのだが、この人は根本的に向いていないと思います。

予想を裏切る結末もなく、予想された結末に予想通りに落ちつけられてもね…。




鹿の被りものをみて、某サークルにあったトナカイの被りものを思い出しました。←正確には(元は一つだった)隣のサークルの持ち物らしいですが…

あの歌は良かったね。「サンチョパンサ~」とか言ってるの。
と、思ったら、甲本ヒロトの曲でした。

後、You自体苦手なんですが、あの英語の歌と、歌を歌ってるYouは良かったです。

他は褒めるとこないね。


個人的には、「みんなのいえ」(ロードショーの鬼10)の方が好きです。

ああそうだ、レストランで、灰皿を取り皿にしてしまった夫婦で田中直樹が再び出てるのがよかったね。

特に美人も出ていないので、評価は最悪です。(オーシャンズ12程度)

more...

ロードショーの鬼242

世界で一番パパが好き!

jerseygirl.jpg



Jersey Girl.

ニュー・ジャージーの女の子。

「ニュー・ジャージーの…」ならJerseyanと呼びたいところだが。

パパ曰く「世界は二種類の人間に分けられる。ニュージャージー州の人とニューヨーク州の人とに。」





オリヴァー=トリンケ(ベン=アフレック)は、N.Y.で働く腕利きの広告マン。同じくN.Y.で働く恋人のガートルード(ジェニファー=ロペス)と結婚する。が、娘の出産と同時に妻ガートルードは死亡。実家の父バート(ジョージ=カーリン)に預けて、部下のアーサー=ブリックマン(ジェイソン=ビッグズ)に心配されながらも仕事にのめりこむが、ある日父が娘を預かるのを拒否。その日はフレッシュ=プリンスことウィル=スミスの重要なイベント(ハードロックカフェに昔のアルバムで使った模型を贈呈)があるため、そのイベントを仕切るはずだったのだが、ウィル=スミスの遅刻の釈明をしようとして、記者からのブーイングに癇癪を起こし、「数年後にはウィル=スミスは業界から消えている大したことのない歌手だ!」と発言してしまう。
この件で広告業界から追放されたオリヴァーは父の仕事である道路整備の仕事を、父の相棒グリーニー(ステファン=ルート)やブロック(マイク=スター)と手伝いつつ、ニュー=ジャージーで娘を育てていくことに。娘ガートルード(ラケル=カストロ)は、すくすくと育っていくが、ビデオ屋のアルバイト店員で、妻子を持つ男性の性生活を研究対象にしている大学院生マーヤ(リヴ=タイラー)と仲良くなりつつ、ガートルードの学芸会の出し物ミュージカル「スウィーニー・トッド」の練習を続ける。一方道路工事の仕事で市民を説得し、結局広告業界の仕事を忘れられないオリヴァーは、彼に心酔している嘗ての彼の部下アーサーに再就職の世話を頼む。ところがその面接の日が娘の学芸会の日になっており、N.Y.の面接が終わってからニュー・ジャージーの学芸会には間に合わないと主張されるが、面接を受けに行く。ところが面接を受付で待つ内に、ウィル=スミス(本人)と隣り合って待つことに。彼と話すうちに家族と過ごす時間を大切にすることに目覚めたオリヴァーは、面接を受けずに娘の学芸会へと車を走らせる…




結局ウィル=スミス出てきましたね。

スウィーニー・トッドはかなりの人気だったんですね。



リヴ・タイラーはハムみたいな腕です。
メガネ+エロですが。

tag : ウィル・スミス

ロードショーの鬼241

ワットライズビニース

whatliesbeneath.jpg


What lies beneath.

下に潜むもの?何が下に横たわっているか?下に横たわっている物?


最近ハリソン=フォードづいてますね。

刑事ジョン・ブック(ロードショーの鬼206)以来、この半年でフリスコ・キッド(ロードショーの鬼234)、デビル(ロードショーの鬼240)、そもそも、スターウォーズシリーズ(ロードショーの鬼2、ロードショーの鬼3)も…


かつては有名なピアニストだったクレア=スペンサー(ミシェル=ファイファー)は、前夫との娘ケイトリン(キャサリン=トーン)が音楽学院の寮に入るのを切っ掛けにそれまで住んでいたところから、夫ノーマン(ハリソン=フォード)の父が持っていたヴァーモントの家に移り住むことに。しかし、その家に移り住んでから様々な心霊現象が起こるようになる。友人ジョディー(ダイアナ=スカーウィッド)などとウィージャ盤を試したりしながらも、パソコンの画面に表示されたMFのイニシャルから、夫婦喧嘩をしていたとなりのマリー=フール(ミランダ=オットー)が旦那のウォーレン(ジェイムズ=ラマー)に殺されたのだと思い、人前で名指しで非難してしまう。ところが、マリーは生きており、MFは別な人物であることが…。今度は行方不明人の名簿を探していると、マディソン=エリザベス=フランク(アンバー=ヴァレッタ)という人物に当たりをつける。そして、マディソンの実家に行き、その思いを強くしたクレアは、遺髪を勝手に持ち帰り交霊術を試みる。次第に明らかになるクレアの一年前の事故の真相と、この家で心霊現象が起きる真実は…



ヒロイン、ミシェル=ファイファーは聞き覚えがあると思ったら、バットマンリターンズ(ロードショーの鬼97
のキャットウーマンでした。レディーホークのヒロインでもあるわけか…。

写真では間違いなく美人ですが、映像だと偶に、それほどでもないなって角度がありますね。
バットマンの時にも言いましたけど。

ミランダ=オットーは、ロードオブザリングのエオウィン。(ロードショーの鬼15ロードショーの鬼16

丸いです。


アンバー=ヴァレッタは、「最後の恋のはじめ方」(ロードショーの鬼169)のセレブ。
「天使がくれた時間」(ロードショーの鬼214)にも出てましたね。

間違いなく美人ですが、霊体なのと、突然水死体のCGに切り替わるのでトゥーバッド。


サスペンスとしてもホラーとしてもそこそこの出来です。
ハリソン=フォードの冷酷な殺人者ぶりも良し。

tag : ハリソン・フォード

ロードショーの鬼240

デビル。

devilsown.jpg



The Devil's Own.

悪魔の固有の持ち物?


八歳の誕生日、フランキー少年(ジェーン・ダン)の家に警察が押し入ってきて父親を殺した。父親がアイルランド独立に賛成で、活動家たちと付き合いがあったからだ…。
青年になったフランシス・マグワイア(ブラッド・ピット)はアイルランド独立を目指す武装組織アイルランド共和国軍(IRA)に加入、その実戦部隊のチーフとして様々なテロを起こしていた。激化する対立への切り札として、組織は地対空ミサイルの購入を決定、その為に身分を隠してアメリカに入国し、購入の上武器を秘密裏に持ち込もうとしていた。アメリカに入国したフランキーは、ローリー・デヴァニーと名乗り、IRAの活動に協力的なアメリカ人のピーター・フィッツシモンズ判事(ジョージ・ハーン)に、アイルランド系だがIRAとは無関係の滞在先を紹介してもらう。判事が選んだステイ先は、実直な警官トム・オミーラ(ハリソン・フォード)の家だった。トムの妻シーラ(マーガレット・コリン)、二人の娘ブリジット(ジュリア・スタイルズ)とモーガン(アシュリー・カリン)、アニー(ケリー・シンガー)を紹介され、次第に家族としてうちとけて行くローリーことフランキー。トムの同僚エドウィン(エディー)=ディアズ(ルーベン・ブラデス)などとも仲良くなりながら、先行してアメリカに潜伏していた同志ショーン(ポール・ローナン)とともにミサイルの輸送準備を進める。また、友人の妹でIRAの連絡員メーガン=ドハーティー(ナターシャ・マケルホーン)とも知り合う。フランシス達にミサイルを売るのは、マフィアのビリー・バーク(トリート・ウィリアムズ)、ところが本国情勢の悪化から、取引をいったん中止しようとIRA上層部が判断。金さえもらえるなら保管しておくと請け合うバークに、取引自体を延期するのだと金を払えないフランシス。そこで、フランシスの暮らすトムの家を家探ししようとするバーク。ところがその日、同僚エディーの為に偽証し警官を続けて行く自信のなくなったトムは早退して妻シーラとともにいつもより早く家に戻ってきていたのだ…


これも救われない結末でしたが…。

ナターシャ・マケルホーン?

…。

ああ、キリング・ミー・ソフトリー(ロードショーの鬼186)のデボラ…。う~ん、こっちの方が若く見えたけど、あっちの方が眼鏡かけてたので魅力的。

ヒロイン的立場なんだろうけど別に特記すべき事項は無いな…。



トリート・ウィリアムズ?
…。
デンジャラス・ビューティー2(ロードショーの鬼182)のコリンズ…。ラス・ヴェガスのFBIの責任者でジェフの恋人を奪った上司か。


ジュリア=スタイルズは、ボーン・アインデンティティ(ロードショーの鬼108)、ボーン・スプレマシー(ロードショーの鬼111)のニッキー・パーソンズ。パリ郊外に住んでたヨーロッパでのCIAのエージェントか。


ルーベン・ブラデスは、レジェンド・オブ・メキシコ/デスぺラード(ロードショーの鬼76)のラミレス。
う~ん、わからん。


ヒロインがもう少し美人なら評価はもちっと高いんだけどね。

tag : ハリソン・フォード ブラッド・ピット

ロードショーの鬼239

地下鉄メトロに乗って

takemetro.jpg



…。


長谷部真次(堤真一)は、女性下着の販売員、ある日地下鉄の駅で恩師の野平先生(田中泯)に再会する。弟から父が病気で倒れ、自分に会いたがっているという連絡を受けたが、母と兄昭一(北条隆博) とにつらく当たる父親に反発して家を出たきり、もう何年も家に帰っていない。そんなことを思い出しながら、止まってしまった地下鉄を乗り換えるために地上に出ると、そこは、昭和、しかも兄が死んだ日だった。公衆電話から実家にかけると、現代の甥と弟が出て来たし、家にかけると母親が出て来た。電話の向こうは現代だったのだ。何とか兄の死の状況(父と兄が喧嘩して家を飛び出した)を聞き出し、過去の兄を見つけ出し、今晩は二度と家を出るなと釘を刺したが、結局兄は再び父と対立し家を飛び出す。そして、兄の死の直前に母の口からもたらされた兄の出生の秘密…。

この後、現代に戻ってきた真次は、勤め先の岡村会長(笹野高史)や、軽部みち子(岡本綾)らにその体験を話す。その後、愛人関係にあるみち子の家に行きまどろんでいると、終戦直後の日本に迷い込む。そこで満州がえりのアムール(大沢たかお)に会い、うち解け始める。ところが、みち子も同じく過去に迷い込んでおり、娼婦と間違えられ警察に連れていかれることに。

二人は目が覚めると現代に戻ってきており、みち子を助けるために使った時計が無くなったまま等、夢でなかったことを知る…


その後次第に時代を遡りながら、アムールの愛人お時(常盤貴子)や、満州時代の父親、アムールと呼ばれ出す前、メトロと呼ばれていた父との邂逅、を繰り返し、冷酷に思えた父に隠された葛藤があったこと、彼の送ってきた壮絶な体験を追体験しながら、父親に対するわだかまりを解いていく…
一方、みち子も真次とともにタイムスリップを繰り返しながら、自分の出生について不明だった部分を知ることによってある決断を下す…






…。どうして、父親だとわかんないんでしょうかね?若いからですか?でも逆に真次の方は出征前と出征後の父親に両方とも同じ恰好を見せてるわけですから気づいても良いはずですけどね…。後、お時も、自分の居酒屋に入ってきた真次を見てなんで気付かないんですかね…。


救われない結末でした。
結局このタイムスリップは、一人の女性の存在を消し去っただけですしね…。


常盤貴子が相変わらず良いな~ってくらいですかね。

お時「アムールになんかしたらタダじゃおかないからね?」
真次「アムールに惚れてるのか?」
お時「少なくともあいつはあたしに惚れてるみたいだけどね。」

ロードショーの鬼238

裏窓。

rearwindow.jpg



Rear Window.

裏庭の窓。


…。

グレース・ケリーが良い。

特に押しかけ彼女ップリが実によい。

「とにかく今晩はここに泊まるから。」
「でも君、それは…」
「つべこべ言ってると明日も泊まるわよ!」

世間の諸兄はどう思うか知らないが、aguila氏はこういうのに弱い。



腕利きの写真家L.B.ジェフリーズ(ジェームズ・スチュワート)は、レーシングカーの迫真の写真を撮るために車に近づきすぎ足の骨を折り、全治六か月の重傷。することもないので、家の車椅子に腰かけて、集合住宅の周りの家の様子を覗き見していた。特徴的な人物にはそれぞれ綽名をつけて。胸のでかいいつもエアロビを踊っている若い女にはミス・バスト、いつも振られてばかりのミスロンリー、などなど。他にも窓から見えるのは、いつもテラスで寝起きする夫婦や、作曲家志望のピアニスト、気の強い寝た切りの奥さんを介護しながら仕事に出かけるセールスマン…。身の回りの世話を焼いてくれる訪問看護婦のステラ(セルマ・リッター)に窘められながらもついつい裏窓から周囲の家の様子を覗いていた。恋人のリサ・キャロル・フロモントン(グレース・ケリー)に、どちらかが仕事をやめて妥協することを迫られるジェフリーズだったが、現状が変わることを望まない彼は煮え切らない態度をとり続けていた。そんなある夜、車いすの上で寝ていたジェフリーズは、大雨の中、真夜中にも関わらず、夫婦喧嘩が絶えなかったセールスマン、ラース・ソーウォルド(レイモンド・バー)が何度も家から出入りしているのを見た。そして次の日から、奥さんが寝ていた寝室が日も高いのにブラインドを下ろしたっきりになっていた…。用心深く周囲を見回すラースの態度や、肉切り包丁やのこぎりを手入れする彼の様子から、奥さんを殺しバラバラにしたのでは?と疑いを持ち始める。そこで、戦友のドイル警部(ウェンデル・コーリー)に頼んで、ソーウォルドの様子を探ってもらうのだが…。





いろいろ面白い台詞はありましたけどね。金持ちの男達を手玉に取るミス・バストを見たグレース・ケリー

「女が一番危険な仕事をやっているわ。狼たちを手玉に取ってる」
「でもうまくいったみたいだね。一番金を持ってそうなのを選んだ。」
「でも、誰も愛していない…」


「僕たちもうやり直せないのか?」
「当分会えないわ…。明日まで。」←どんなツンデレ。


ジェームズ・ステュワートは、知りすぎていた男と声優さんが同じで、もうこんな声って印象がインプットされてしまいました。





そうそう、テレビガイドでは、この週はシャロン・ストーン特集だったので、クイックアンドデッドを見直す予定だったんですが、いつの間にかヒッチコック特集に…。
中国に関する例の問題発言の所為ですかね。

ロードショーの鬼237

知りすぎていた男。

themanwhoknewtoomuch.jpg



The man who knew too much.

知り過ぎた男、ですよね。


ヒッチコックの映画です。

この映画を見るのは二回目ですが、この映画の所為で、ヒッチコックの評価があまり高くないわけです。とは言っても前回は、一回目のケ・セラセラを歌うところで見るのをやめたわけですが。


アメリカ人医師ベン・マッケンナ(ジェームズ・スチュワート)は、妻ジョーことジョセフィン(ドリス・デイ)、息子ハンク(クリストファー・オルセン)らとともに、モロッコを旅していた。バスの車内で、息子ハンクが、バスが急停車した際にあるムスリムの夫人の顔にかかっていたベールを剥ぎとってしまったのだが、その夫人の旦那らしき人物がすごい剣幕で抗議をしても、現地の言葉が分からないマッケンナ夫妻は当惑していた。そこで、乗り合わせていたルイ・ベルナール(ダニエル・ジェラン)という男が間に入り、事情を説明しベールを返却させた。ベルナールと多少親しくなったマッケンナ夫妻だが、妻ジョーは、先ほどのムスリムたちとルイ・ベルナールが下車後に親しく話していたため、仕組まれた言いがかりだったのではと疑うが、ベンは取り合わない。夕食を共にする約束をして、実際に部屋まで来たが、部屋を間違ってきて訪ねた人物を見た途端、ルイは都合が悪くなったと言って約束をキャンセルする。仕方なく夫妻だけで、食事をとっていたが、チェックインの際にじろじろ見ていて、今も横に座っていたドレイトン夫妻(ベルナルド・マイルズ、ブレンダ・デ・バンジー)が話しかけ始める。そう、ジョーはかつて世界各地でショーをやっていた高名な歌手だったのだ。結局四人で食事をとっていたが、そこにルイ・ベルナールが若い女性を連れて同じレストランにやってくる。多少気分を害したジョーだったが次第にベンの方がいきり立ってきたのでなんとか宥めて、翌日両夫妻とハンクで市場に出かける約束をする。ところが、突然市場で発生した殺人事件、しかも殺された男は、現地人の扮装をし、顔を黒く塗ったたルイ・ベルナールだった。最後の瞬間ルイは、要人暗殺を示唆し、アンブローズ・チャペルと謎の言葉を残して息絶える。事情聴取の為警察に同行した夫妻だが、息子ハンクだけは、ドレイトン夫人に預けてホテルに連れて行ってもらう。モロッコの警察に疑われ喧嘩腰のマッケンナに対して、聴取の最中に電話がかかってき、「ルイから聞いたことを他人に漏らすと息子の命が危ない!」と脅迫される。念のためドレイトン氏に先に帰ってもらうことにしたが、その数分後ホテルに帰りつくと、息子のハンクはおらず、ドレイトン夫妻はチェックアウトしていた。そう、ドレイトン夫妻こそが、事件の首謀者だったのだ…。


アメリカに帰国せず、イギリスに立ち寄った夫妻は、イギリス警察のブキャナン警部(ラルフ・トルーマン)への協力を拒否し、独自に自分の息子を助け出すために、事件の手掛かりを追い始める。





教訓。
見ず知らずの人間に子供を預けるな。

マッケンナ医師の頭の悪い行動にイライラ。
ていうかそういう行動とっちゃダメなのは俺にもわかるぜ!
っていうか、何で自分で解決しようとするかな…。
そして奥さんのとりみだし具合。
ああ、手出しちゃいそうになる。(「うっせい馬鹿!」とか言いながら)


何でモロッコまでいって暗殺者を呼んでくるのかが全く不明。
そこが納得できないと、この映画に入り込めません。


ドリス・デイは本当に歌上手いです。
一聴の価値あり。
シナリオはクソですが。





ドリス・デイのケ・セラセラは素晴らしいです。あと、ケイ・セラセラと発音するとより近く聞こえます。

ロードショーの鬼236

さらば友よ

adieu2.jpg

adieu.jpg



Adieu L'ami.(farewell friend)

アデューは、à dieuで、神様の所でって感じですか。au revoir(もう一度お目にかかった際にau=à + Le)ではなく二度と会えない人に言う科白です。(普通は、à bientôt(また直ぐ後で) とか、à mardi(火曜日に)、 à la semaine prochaine(また来週)とか、会える機会を明示します)



アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンです。


アルジェリアからの帰還兵を乗せた船が冬のマルセイユに着いた。外人部隊の軍医のディノ=バラン(アラン・ドロン)は、モーツァルトという男を探す女イザベル(オルガ・ジョルジュ・ピコ)から声をかけられるが、「そんな男は知らん」と足早に立ち去る。一方、下船直後からバランに目を付けていたアメリカ人傭兵フランツ=プロップ(チャールズ・ブロンソン)は、これからコンゴに行って一儲けしようとしていたが、それには軍医が必要だった為バランに声をかける。イザベルを無視したことに興味を持ったプロップは、そのことを聞きながらも、バランを口説くがバランは断固として拒否。ただし、プロップの持ちかけた賭けには乗る。まんまと銃をせしめたプロップだが、バランに殴り倒される。
バランは、イザベルの所に行くと、イザベルからモーツァルトがやるはずになっていた仕事を肩代わりしてくれないかと頼まれる。その仕事は、会社の健康診断をやってくれというもの。ただし、本当の目的は、パリの広告代理店の秘書課に勤めるイザベルは会社の金を横領していたものの、返す当てが出来たので、クリスマス休暇の会社に誰も人がいなくなる時期に金庫を開けて返しておいてほしいというもの。金庫室は地下にあり、誰も入れないが、休暇前にボーナスを保管しておくため、一旦開けられるが、金庫室の横に医務室があるため、医務室で健康診断をする際に、仕掛けて置いたカメラを動かして、誰も入れない金庫室の金庫の暗証番号を撮影するのだ。その為、健康診断をやる医者が必要だったのだ。
もろもろの打ち合わせをやる中、プロップは、上流社会の連中と賭けをやりつつ小金を稼いでいたが、諦めきれずバランを口説きに現れる。ところが、バランの計画の方が金になりそうだという勘が働き、バランを追い回すことに。
一方、健康診断の手伝いをしている専務の娘で医学部の女学生ワーテルロー(ブリジット=フォッセイ)に気付かれないように、バランは金庫の暗証番号を撮影すべく健康診断の最中にカメラを動かすが、フィルムをイザベルに渡したところ、七桁のうち三桁しか撮影できなかったため、失敗だ!と告げられる。
そこで、バランは、四桁なら104で一万回試せば開くはずだ!と、休暇中の会社に忍び込んで試行錯誤する。実は、給料だけではなく、全社員のボーナスも一緒に収められているので、二億フランほどの現金が入っていることがわかったのだ…。全員が退社した後の会社に忍び込み、暗証番号を試し始めるバランだが、そこに何とプロップが現れる。協力を拒否し、しばし格闘したものの、出社日である火曜日までの制限時間を考え、バランは遂に折れて協力することに。一日二回の巡回の警備員をかわしながら、二人は交替で試行錯誤を続けるが、ようやく開いた金庫の中身は空っぽだった…。






more...

しまった

…。

ここで、栃木から抜け出せない「栃木はまり」かも?とか言ってたら本当に来たよ栃木ウェーブ。

というわけで明日は多分餃子を食べることに。






みなさん、古文ってどんなふうに勉強してた?
勉強法教えて。(うちの大学の人のみ)


点数取れないということが無かったので、勉強したことないんだよね…。
接続とか助詞とか助動詞とか一つも覚えようとしなかったんだけど、訳はできたしな…。





No崎Kanって、「ここって15組?」「14組です。」って間違えてうちの語学のクラスに入ってきた人って印象しかないが…。





BGMを外したところでさして閲覧者は増えないので、戻そうかしら。
いや、外して良かったとの感想も聞かないし。





管夷吾、いいですよね。ま、ハンショを読んだときと同じ感じなんですが。




「天然」は、芸人殺しですが、A瀬はるかの芸人殺しぶりはさすが。

この間、ヒゲ男爵マジ凹みだったしね。

後、「~イケメン。」の人も。

「昨日A瀬さん何食べました?」
「餅を。」

…。正月でもないのに餅を?

「餅ですか?」
「チョチョイと旅行に行ってお土産に買って来ました。」

餅は旅行のお土産?
チョチョイって単語はいるのか?

駄目だすべてが気になる。←気になるということは興味があるということです。




「地下鉄に乗って」
多分泣くだろうなと思って見てたんですが、アンナに後味が悪いとは…。

多分原作はもっとさわやかな感じだろうと思うので読んでみます。

「椿山…」は原作を先に読んどいてよかったもん。映画は設定だけ借りた感じ…。

この間ドラマでやってた、「角筈にて」の方が百倍良かったです。(やっぱり泣いたんですが)
角筈ってのは、新宿ゴールデン街の当たり。むかしは角筈ゴールデン街と呼んでたそうです。

浅田次郎は良いです。あれ見て泣かない奴は人でなしです。「天切り松…」とか「金ぴか」とか

う~ん

H室冴子さんが死去。

う~ん。

一時代を築いた人だしね。


『少女小説家は死なない』、『雑居時代』、『ざ・ちぇんじ新釈とりかえばやものがたり』なんかはたぶん今読んでも面白いと思うんだ。『~~ジャパネスク』は見てない巻があるからな…。


慎んで故人のご冥福をお祈りします。




『金色…』の作者さんが出版社を訴えてますが、原稿って結構ぞんざいに扱われてるんだね。
むかし、真鍋譲二とKドカワがさんざんとらぶってたのを作者の側でエッセイ書いてたけど、あれは、Kドカワだからだろう…と思ってたんですが、S学館も、とはね。
S学館では書かない云々と発言してたのはその辺が原因でしょうか?

ま、普通に考えて、社員があまりにもファンすぎて持ち帰ったとか、転売目的で横領したとか、思っちゃうんですけど、意外と「捨てた」とか、ロッカーから出てきましたとか言うのもありそう。

錯覚

正直スマナー正直スマナー正直スマナー
正直スマナー正直スマナー正直スマナー
正直スマナー正直スマナー正直スマナー
ーナマス直正ーナマス直正ーナマス直正
ーナマス直正ーナマス直正ーナマス直正
ーナマス直正ーナマス直正ーナマス直正
正直スマナー正直スマナー正直スマナー
正直スマナー正直スマナー正直スマナー
正直スマナー正直スマナー正直スマナー
ーナマス直正ーナマス直正ーナマス直正
ーナマス直正ーナマス直正ーナマス直正
ーナマス直正ーナマス直正ーナマス直正



最近のエントリーのほとんどが、mixいで検索できなくなった古い日記のリメイクと称した焼き直しであることに対して。





今日、四五年ぶりに会った女性に、「誰だかわかりますか?」と聞かれて
「ごめん、全然わかんない」
「●●■■です。」
「●●■■さん!?」(鸚鵡返し)

いや、変化ってよりは進化ってレベルだぜその変わり様は。

昔は俺のことを呼び捨てだったのに敬語が使えてる時点でビックリですが。
(昔、オリウチとO茶の水で待ち合わせしてたら、なぜかTて嬢と駅前で鉢合わせして、喋ってる所にこの女どもが来てそのあまりのテンションの高さにTて嬢が「じゃあ、あたし帰るね。」と逆にこっちが申し訳ない気分になったことを謝らせようと思ったがもうどうでもいいや。)

女の人って変わるんですね…。


今日、五時半ごろ◎の内線の後楽園のホームに上って来たサトー洋介山を発車する車両から見分けられたので目が悪くなったということは無いはず。(メールしようかと思ったがストーカーみたいで気持ち悪いので思いとどまる。)

そうだ、この女なら、人見知りしなさそう。


一月が経つのが早くて

今日のエントリーはちょいと下品かも。
潔癖症の人は見ないこと。




先月の一日ごろ、aguila氏と中高六年間一緒で、大学も一緒でバイト先を紹介してくれたHI氏から、aguila氏が幼稚園の頃から知り合いで、小学校時代の習い事と塾が一緒で、中高六年間一緒の学校に通って、実は大学も一緒だったA氏が遠い異国に行ってしまうので送別会をやるぞ、と連絡が入った。


土曜指定だったので、H郷近辺十時くらい、なら参加できると返事したところ、上野で飲んでるから来い、と言われる。

面子は、やはりバイト仲間(やっぱり中高六年間一緒、大学では国際経済の授業がかぶってたね…、高校時代の唯一の思い出は、音楽のテストで彼とリコーダーを合奏したことぐらい)のYMと、やはり、音楽の時近くの席に座っていたH氏(多分一緒のクラスになったことは無い)。


う~ん。何て微妙な面子。

なんせ、Aとは、二十五年つまり四半世紀も知り合いなんだが、ちっとも仲良くないんだよね…。
(大学時代、噴水前でマージャンやろうって誘われたことしか記憶にない。)

大体、A、中高では、小学校の時の塾の友達と一切(いやK庭とI本は別か)喋ってなかったような。


で、まあすごく久しぶりの面子と話したわけですが(いや、A以外はHIの結婚式で会ったんだけど。)
…。

A氏の発言が真っ当なというか、常識に溢れる発言であごが外れそうになった。
口を開けば冗談か軽口しか言っていなかった男が…。(実家が近いので帰りのバスが一緒になることもあったんだけど、まじめなこと話してるの聞いたことないもん。)
人間って成長するんですね。

曰く、
「いや~嫁さんと子供の為に仕事を頑張ろうって気になるよ!」
「家に帰ると、家族がいるといいな~って思うよ。今から一人になるとか考えられんもん。洗濯とか自分でやるとか想像できんもん。(←それか!?)」

あんまりまともなんで、

「お前、意外とまともやったとね…」というと
「なんば言いよっと。この中では俺が一番真面目よ。」←この人は依然として博多弁が抜けない。


確かに。


なんせ、他の面子は、

YM「ネットゲームのオセロを利用して出会い系代わりに使ってた」
HI「しかもこいつ、撃墜数六らしい。さらにすごいのは、静岡とか栃木とかから相手の女を上京させてるんだよ…」
YM「まあ、ずっと情報棟で張ってたからな」
HI「意外と、東D生のチ●ポ味わってみませんか?とか書いとくと引っ掛かるんだよ」

とか、延々と言ってるからな。

YM「一回相手がS理中で、返り血を浴びてその後飲み会とか言ったことあるよ。シャツが異様に汚れてて…」

aguila「そういや、一回、二人でHIの家に行ったとき、HIのパソコンで風俗のクーポン印刷してたよな…。」
YM「いや、その頃パソコンのプリンタがなくて…」
A「そういや、誰か友達に風俗のクーポンを印刷させて、その為だけに大学で待ち合わせしてたよね…」

こいつ、全然隠そうとしないのな…。というか、あのときだけ特別なのではなく、常習的にやってるんだね。


ま、その後、延々とロックブーケの彼のお薦め風俗情報を聞かされたが、件のHIの家に行ったときと同じで聞き流してましたが…(この時、下高井戸が最寄駅なのに、豪徳寺まで連れていかれたんだよね~。京王じゃなくて小田急に路線が変わってるし…。)




他にもうちの高校の人が爆笑するネタとかあったんですけどね。

H「そういや、Fクイもロンドンじゃなかった?」
A「Fクイ?大学時代はずっと一緒やったばってん、卒業して以来あっとらん。」
aguila「Fクイ?Fクイって喋れるの?っていうか仲が良かったの?」(喋ったのを見たことがないので実に失礼)
A「授業ずっと一緒にとっとったよ。俺あいつと一緒にタイ旅行に行ったもん。」

はははは。FクイノブOと一緒にタイ旅行。あははははははは。
ありえねえ~。




HI「aguilaを見てると、人生の幸せは結婚にはないなって思うよ。」

何を言ってるんだお前は。あんなに美人の嫁さんをもらっておいて。




というわけで(何がというわけなの?)、コンパやろうよ、女の人紹介してよ?と言われたが、呼んでも来そうなのはモロトフ嬢ぐらいだが、モロトフ嬢が呼べる友達ってアルボラーダさんぐらいだろうけど、こんな下品な奴らは紹介できないし…。

下品さで対抗できそうなのは、レミギウス嬢か小島?

うん、小島なら大丈夫。


ただ問題なのは、連絡先一切知らないんだけどね。(しかも彼氏持ちやし。)




A「いや~H君とこんなに話したとは初めてばってん意外と楽しかったね…云々」

あ、やっぱり。だって二人が話してるところ見たことないもん。
Aの人徳をしたって名残を惜しみに来たのではなく、全然話したことないのに飲み連れて来たこのHIの手腕に敬服せざるを得ない。

で、aguila氏も
aguila「Aと卒業後に飲みに行ったのって今日が初めて?」(いやもちろん在学中は無いですけど)
A「いや、一遍、新宿で…」
aguila「ああ、あんとき…」

そうだ、あの時も、HIとYMはいたな…。(まだ、J智在学中です。)
後、シミスとlieuxが居て、後、誰がいたんだっけ…。あんまり話したことない面子とラーメン屋に行ってカラオケに行ったんだよね。ラーメン屋で、AがH斗の拳について熱く語り出して意外に思ったんだ…そうだそうだ。





しかしようやくわかったよ。どうして俺が、うちの高校の文系の連中と付き合いがないのか。
文系はこういうのばっかりだもん。





ということが先月の十日ぐらいにありましたとさ。

というわけで、A氏の成長に感心したので、今日はビーチボーイズの「パンチで行こう。」





一人前の男になったとき、
若いころ夢中になった同じものに
興味を持っているだろうか
過去を振り返り
あんなことをしなければ良かったというだろうか
まだジョークばかり言って
音楽を楽しんでいるだろうか
たとえ大人になったとしても。

When I grow up to be a man
Will I dig the same things
that turned me on as a kid?
Will I look back and say that
I wish I hadn't done what I did?
Will I joke around and still dig those sound?
When I grow up to be a man.

今女の子達に対して持っているような興味を
女性に対して持っているだろうか。
すっかり落ち着いているだろうかそれとも
まだ世界中を飛び回りたいと思っているだろうか。
今は若くて自由だけれども、一体どんなふうになるんだろうか
一人前の大人になった時は。

Will I look for the same things
in a woman that I dig in a girl ?
(14,15)
Will I settle down fast or
will I first wanna travel the world?
(16,17)
Now I'm young and free, but how will it be
When I grow up to be a man.


子供達は親を誇りに思ってくれるだろうか。
それとも石頭の分からず屋だと思うだろうか。
遊びに行くときには
一緒に誘ってくれるだろうか。
残りの人生を
妻を愛し続けているだろうか。
たとえ大人になったとしても。

どんなふうになっているんだろう
大人になったとしたら。

Will my kids be proud
or think their old man's really a square?
(18,19)
When they're out havin' fun, yeah
Will I still wanna have my share?
(20, 21)
Will I love my wife
for the rest of my life?
When I grow up to be a man
What will I be
When I grow up to be a man?
(22, 23)
won't last forever
(24, 25)
It's kind of sad.
(26, 27)

占い・分析の鬼10

憧れ女性ちぇっく こちら

結果。


 まず、ロリコン属性評価ですが、aguilaさんの場合割と大人な女性が好みですか?セクシーという言葉に弱そうです。
次に知的属性評価ですが、かなり知的な女性が好きなようです。クイズ番組で難しい問題に答える女性がかっこいいと思う傾向があります。
そして、大人しく一歩引いてくれるような女性を求めています。二人きりでは良く話すようなタイプが好みです。
女性の胸に関しては、こだわりはあまり無いようです。適度なふくらみがあれば文句は言わないタイプです。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、ちょっときつい感じの女性が好きなようです。おっとりよりもハッキリしている女性に憧れています。
外見的な部分で言うと、かなり身長の高い女性が好みなようです。知的な女性も好きなあなたは、実は割と甘えん坊かもしれません。
髪型にとくにこだわりはなさそうです。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 鈴木杏 (270点)
2位 田中麗奈 (264点)
3位 宮地真緒 (262点)

【 憧れ女性ちぇっく http://checker.from.tv 】


宮地さんは絶対違う。
田中麗奈は…地元が近いんだよな…。
方言で喋ったらイチコロかもしれない。

鈴木杏は…、おしいんだけど何かが違うんだよね。


惚れるポイントは、何か好きなものを持っててそれを熱心に語ってる時に結構惚れます。

何度も言ってますが、安藤美●が良いな~と思ったのは、自分のインタビューなのに荒川静香を完全にファン目線で追ってたからです。

知的な女性云々は、プランスに指摘されたこともあるけど、自分ではそうは思わない。
キツメの女性好きは自覚してます。
身長云々も。

…。



















more...

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。