FC2ブログ

ロードショーの鬼177

トレーニング・デイ。

trainingday.jpg


Training Day.

研修日。

ジェイク=ホイト(イーサン=ホーク)は、特別選抜された麻薬対策班に新しく配属された。先輩のアロンゾ=ハリス(デンゼル=ワシントン)とともに、一日を過ごすことになったジェイクだが、次第にアロンゾの本性が分かっていく。
マリファナを買った若者からそれを没収し、ジェイクに吸うことを強要する。ジェイクがそれを拒否すると、銃を向けて脅しつける。
密売人ロジャー(スコット=グレン)の家に行き、勤務中なのにアルコールを飲む。帰り道にラテン系の少女(14歳)がレ◎プされかかっているのを車から飛び降りて助けに行ったジェイクを傍観し、ジェイクが制圧すると、逮捕せずに金と麻薬だけ奪って放置する。チラシを令状に見せかけて、麻薬密売人の家族の家に押しかけ、家宅捜索と称してその家にあった現金を強奪し、ジェイクにその片棒を担がせ、付近の住民から銃撃される。アロンゾは自分の情婦サラ(エヴァ=メンデス)の家にジェイクを連れて行き、飯を食わせる。その後アロンゾは、署のお偉方三人と会い、ある件について了解を得る。但しアロンゾはかなり危険な状態にあることが示唆されたが、アロンゾは自分のチームを招集し、捜査令状を得て今朝訪れたロジャーの家を襲撃する。そこでロジャーの家に隠された麻薬を発見、無抵抗のロジャーを撃ち殺し、ロジャーからの発砲があったことを偽装するために、自分たちで仲間を撃ち、ジェイクがロジャーを撃ったことにし、また麻薬を自分たちで着服し大金をせしめることにする。協力を拒否するジェイクに「打ち合いになれば何が真実かではなく何が証明できるかだ。血液検査をすればお前の血液から麻薬の反応が出る…」と、朝から既に罠に嵌められていたことが判明。
その場ではしょうがなく折れたものの、麻薬の受け取りは拒否し、それでも頑なだったジェイクをアロンゾはラテン系のマフィアに始末してもらうために売り飛ばす…。

デンゼル=ワシントンの汚職警官ものです。
本当に汚職警官ものの映画って多いですよね。




アロンゾが令状を偽装して家探しをして現金を奪った家の嫁さんマーシー=グレイは有名な歌手らしい。スパイダーマン(ロードショーの鬼68)に本人役で登場したし、80デイズ(ロードショーの鬼23)にも眠たげなフランス婦人役で出ていたらしい。

アロンゾの情婦役でエヴァ=メンデスがまたもや登場。あごのシャクレ具合だけでわかったよ。「レジェンド・オブ・メキシコ」(ロードショーの鬼76)の時は全然、顎は気にならなかったけど、「最後の恋のはじめ方」(ロードショーの鬼169)でね~。

物語前半の善行がちゃんと報われ、勧善懲悪に辛うじてなってるところが救いかな…。
アロンゾはどうして、いきなりこういう悪事に新任警官を引きずり込もうとしたのかわからない。
もう少し時間をかけて、どういう人物か見極めてからすればよかったのに…、と思ったが、うまく丸めこめると思ったのか、それとも、彼が殺されることになる原因となるあるトラブルの所為で贅沢は言ってられなかったのか…。

エヴァ=メンデスぐらいですかね…。
スポンサーサイト



tag : デンゼル・ワシントン

ロードショーの鬼176

タイムクラッシュ 超時空カタストロフ

thrillseeker.jpg


Thrill Seekers(Timeshifter).

スリルの追及者達。(時間旅行者)

全米ネットのレポーターだったトム・メリック(キャスパー=ヴァン=ディーン)はエヴァンストン発電所の火災現場で中継中、炎の奥に人影を見、不思議な金属に気を取られたが、そのおかげで崩落してきた瓦礫に巻き込まれず命が助かる。但し同行のカメラマン達は死に、売名的な一か八かの取材手法に非難が集まり会社を解雇される。

数年後、メリックが再就職を果たした会社は、三流ゴシップ誌であり、「とりあえず大惨事が起こらない以上読者を過去の惨事に誘うしかないわね…」との理由で過去の大事故について記事を書くために資料を集め始める。会社の史料係エリザベス(キャサリン・ベル)が持ってきたタイタニック号の沈没、ヒンデンブルク号の炎上、ハリケーン=ヒューゴの被害状況など歴史上有名な大惨事の写真にはすべて同じ恰好をした男が写っていたのだ。いたずらを疑った(というかこんなことに今まで誰も気づかなかったのかよ…)メリックは編集長に発見を告げると、「本当なら大発見よ。改竄されてないはずの資料の原本をワシントンDCの議会図書館に調べに行きなさい」と言われ、その日の夕方のDC行きの飛行機に無理やり乗せられる。メリックが機内でさっきの写真を眺めていると、隣の席の少女が、「この人そこに乗ってるわよ」と告げる。そう、視線の先には件の写真の中の人物が…


主人公の行動がクレヴァーじゃないのでイライラします。
何でアメリカ人は全部自分で解決しようとするかな…。
自分なら何でもできる、他の奴にはできないことも!って感じがにじみ出ててイライラ。

キャサリン=ベルは沢口靖子に見えてしょうがない。

ロードショーの鬼175

ブルックリン物語。

moviemovie.jpg

moviemovie2.jpg


Movie Movie.

映画と映画。


二つの映画を二本立てで上映する…。

妹の目の手術代の為に弁護士を目指す青年がプロボクサーになって一攫千金を目指す「ダイナマイトパンチ」と、人生の終わりを迎えるにあたって興行を成功させようとするプロデューサーの物語「バクスターレビュー」。

ハンガリー系移民ジョーイ=ポプチク(ハリー=ハムリン)は、実家の食料品店の手伝いでボクシングジムにサンドイッチを売りに行く。そこで現役のボクサー(ランキング二位)をぶちのめしたことからジムのトレーナー、マーロイ(ジョージ=C=スコット)とピーナッツ(レッド=バトンズ)の目にとまり、ボクシングを勧められる。弁護士になるつもりのジョーイは一旦は断るものの、妹の目の手術のために莫大な金が必要になることから、ファイトマネー目的でボクサーになる。ただし、手術代を稼いだら引退するという条件で。一方、破竹の勢いのポプチクに目をつけたのが、裏社会のドン、マーロイ(イーライ=ウォラック)。自分の愛人モラン(アン=ラインキング)にポプチクを嗾けさせ、お金の魅力にハマらせようとする。そうやって自分を見失い始めたジョーイに愛想を尽かした図書館の司書で恋人のベツィ(トリッシュ=バン=デヴァー)。モランとマーロイの関係を知り、目が醒めたジョーイは、最後の試合に臨むが、その試合で手術代の残りの金額を稼ぐためには、八百長で試合に負けることが必要だとマーロイに言われる…

なんかボクシングのテクニックがまだ未熟だった時代だったということが良くわかりますね。最近のボクシングの試合って、ポイントを競い合うだけだから、高度な防御技術が発達していて、そんなにクリーンヒットしないじゃないですか。何ていうのロッキーや、はじめの一歩みたいな殴り合いってそんなに見かけませんよね。この映画は思いっきり殴り合ってます。

後半のバクスターレビューは、字幕だったのもあって寝てしまいました。

ジョージ=C=スコットやトリッシュ=ヴァン=デヴァーが全く別の人の役で出てるそうです。
何ていうの、二時間には尺が足りなかったから、同じ俳優で(出演料はこれ以上かからない?)途中から別の劇始めたって感じ?

でもシナリオの出来としてはかなり良かったと思います。明快。

トリッシュ=ヴァン=デヴァーのメガネが良かったです。
後、恋人が他の女とキスしたぐらいで別れる潔癖さ。

ロードショーの鬼174

D. N. A.

islandofdrmoreau.jpg


The Island of Dr. Moreau.

SFの古典、英文学の古典と言っても差支えない、ドクター・モローの島(モロー博士の島)の翻案。
作者ハーバート・ジョージ・ウェルズ(H.G.ウェルズ)は、「世界史概観」なんかでも有名。

原題は、原作が分かる作りだが、邦題DNAはどうだろう。ディオキシリボヌクリックアシッド(ディオキシリボ核酸、脱酸素リボ核酸、脱酸素RNA)から、モロー博士の島はわからんだろう。


ま、毒田もろ夫ではないはず。(←『賽の目繁盛記』を読んでいたようなやつはここの読者にいないし、そもそもそのPNは、エロ漫画雑誌の時…)


2010年、国連職員エドワード=ダグラス(デヴィット=シューリス)は、ジャワ沖で乗っていた船が難破し、漂流していた。一緒のボートに乗っていた二人は僅かな水を求めて殺し合い、相討ちになってしまい彼一人だけがモンゴメリ(ヴァル・キルマー)と名乗る男の乗る船に助けられる。医者ではなく獣医(本当は生物学者)と嘯くモンゴメリーに治療を受けながら事情を聴くと、ある島へ荷物を届ける途中だという。島に到着すると、そのまま船に乗ることを希望したダグラスに、下船して島の無線設備を使って救援を呼ぶことを勧めるモンゴメリ。ダグラスはモンゴメリに言いくるめられて下船し、到着した島が数年前にノーベル賞をもらったモロー博士の実験場だということを聞かされたが、それ以上の事情をよく知らされないまま軟禁される。何とか脱出したダグラスは、モロー博士(マーロン=ブランド)の秘密の実験を覗き見し、森の中に逃げ出す。そう、モロー博士は動物を進化させ、人間に近づけようという禁断の実験を行っていたのだ…。


動物を人間にし、自ら神になろうとした禁断の実験に手を染めるマッド=サイエンティストが、被造物である動物に逆らわれ、破滅するってのは、ジュラシック=パークなんかにも受け継がれたSFの古典的なモチーフです。



デヴィッド=シューリスは、「ドラゴンハート」の、竜の心臓を与えられ暴君と化した若い王子、「セヴンイヤーズインチベット」のスイスの登山家、「タイムライン」の大企業の社長、か。
ヴァル=キルマーは、「トップガン」(ロードショーの鬼)のアイスマン、「アレキサンダー」(ロードショーの鬼36)のフィリッポス二世、…ていうか、「セイント」の主役サイモン=テンプラーですか。アイスマンの冷徹な感じはなくて、すっげ~遊び人な感じだったけど。


ヒロイン、フェアザル=バルクはあんまり奇麗じゃないです。
後は、動物っぽくて元の顔が良くわかりません。
後、別の作業しながら見てたのでそんなに集中してみてませんでした。

最近

メンドイ!しか言ってない。




飲み会に呼ばれるのは好きですが、自分で飲み会をアレンジするのは苦手です。

ガリーチェンが上京するそうなので、アレンジを頼まれました。
俺は苦手やねん+男しか呼ばないぞ!

昔の面子を呼ぶか、比較最近の友達を呼ぶか…。

まず、どちらでも対応できるアルビオン君を召喚。

でしばらく考えた挙句、最近、ナボコフHPネタが多いわけで、折角なので、ナボコフ君と連絡取れるかね、一緒に飲めるかね?と提案したところ向こうは有給が取れなかったとのこと。


妻子持ちは大人数集まった時に声をかければいいやと思い、サン=ルイは名古屋、バッハさん、イササカサン、アンジェリーナ嬢などの連絡先は知らない、などと考えると、アンフォラくんが良いかと思い、とりあえず元クラアンフォラ君に声をかけると、先約有りとのこと。

この辺でもう打つ手がなくなるあたり、友達少なし。

コンセプトを変えて、ガロガロ君、ピエモンテさんあたりを呼ぶか…。

前回それだといつも通りすぎるから、サン=ルイやオベルニャを呼ぼうと思ってたら、SPDが女の子の来ない飲みは嫌だとばかりに女の子達に口を滑らせ、結局なし崩しにいつもの面子になったんだよな~。

ラ=リヴィエールさんはどっちでも対応可なんだけど…、何となく呼ぶことに気おくれが…。

ブルギニョンヌさん?

この間のあれが無ければ全然呼べるんだけど…。



飲みに誘う→歯が矯正中だと言われる。また誘ってねと言われる。
→偶にはお前が誘えていってみる→そのうち誘うので待ってろと言われる
→ライブに誘ってみる→カンボジアに遊びに行っているといわれ断られる←今ここ。



ま、十年ぐらいしたら向こうから誘われるんじゃないですかね。

アルビオン君は、腹案があればどしどし提案してください。
場所含めて。(ベルギービール不可。)
個人的には今肉が食いたいと思い始めた…。




今、思い出そうとしてもどの曲か思い出せないあたり「音痴」だと。

男の音痴には、「ソウルフル」という形容詞で誤魔化します。
魂が籠っていた云々。





綾瀬Hルカいいです。

また録画してました。

この間、剣道で逆胴打ってたので、「うわ、左胴打ったよこの人!飛び込み胴も抜き胴も相手の右胴打つのに!」とか思ってたんですが、上級者は左胴打つのね。(面小手防御の為に体を傾げて左胴ががら空きになった時など。)

しかしあの試合全然剣道っぽくなかったですよね。剣道の大会のビデオって見たことあるんですが、打突の時連中は首を傾げながら面防御してるんですよね。脳天以外を打突しても面で一本はとられないから、頚部に当たるのとか気にしてないんですが、実戦なら頚部切られただけで出血多量で死にますよね…。ま、剣道は脚を狙わないのは、剣術ではないから!と白土も言っていたので、それはいいんですが、すっげー体が傾いてる印象があるんですよね。
あの試合、普通に突っ立ったまんまでしたけど。




H井Rおは、TBTが知り合いなんじゃなかったっけ…。
全然別人でした。
あれは俺も苦手。

でも三白眼結構好きだよ。

諏訪御料人除く。




後、あのドラマのK雪もいいです。
笑った時の表情が特に。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター