スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末です。

今年こそいい年にすると言い続けて来ましたが、今年もさしていい年ではありませんでした。


例年一人の年末もさして寂しくないわけですが、今年はなぜか独り身がこたえます。
卒論書いてた時ぐらいの孤独感。

というわけで、キャロキンの「恋の家路」。


Sometimes I wonder if I'm ever gonna maike it home again.
It's so far and out of sight.
I really need someone to talk to
And nobody else knows how to comfort me tonight.
Snow is cold, rain is wet,
Chills my soul right to the marrow.
I won't be happy till I see you alone again.
Till I'm home again and feeling right.



時々、また家まで辿り着けるのかしらと思う。
だって、そこはあまりにも遠く見失ってしまいそうだから。
話しかける相手がどうしても必要だけど、
今夜の私をどうやったら慰められるかは誰にもわからない。
雪は冷たく、雨が濡らせば、
私は魂の奥まで凍りついてしまう…。
あなたがもう一度一人になっているのを見るまで、私は幸せになれない。
私が家に着いて落ち着くまでに。


…。家の外でストーカーしてると雨や雪に降られて辛かったって歌です。
僕は根性ないのでストーカーとかできませんけど。

スポンサーサイト

ロードショーの鬼129

ローレライ。

ローレライ


Lorelei; The witch of the pacific ocean.

太平洋の魔女、ローレライ。


これも半分眠りながら見ました。

初めっから自分の意を受けた奴を艦長にしておけばよかったんじゃ?
やっぱり、乗組員の数が足りないからか…。

見てる途中に、香椎由宇が結婚した話を聞き、萎える。
阿川さんが意外と良かった。

近藤公園って意外といろんな映画に出てるんですな…。
リンダリンダリンダ(ロードショーの鬼102)、隠し剣鬼の爪(ロードショーの鬼52)…。

冨野御大、出てるのは知っていたが確認していなかったのでもう一回見る機会があったら必ず見ますよ。

ロードショーの鬼128

ゼブラーマン。

zebra


夜中に見たので、途中眠ったらしく、ほとんど記憶に残っていない。

渡部篤郎がこんな映画に出てるのにびっくり。
近藤公園?いつ死んだの?
市川由衣?どこに出てた?

中性子爆弾って、町閉鎖したぐらいじゃ、周囲への影響大きすぎでしょ!

程度の感想しかありません。

鈴木京香のコスプレ(ゼブラナース?)が意外と良かったです。

ロードショーの鬼127

7月24日通りのクリスマス。

7月24日


故郷の長崎の町をポルトガルの首都、港町リスボンだと空想する平凡なOLが、学生時代の憧れの先輩と出会って、自分を変え始め…。

電車男の制作スタッフが手掛けたということで、逆電車男と見る向きもあるそうな。


中谷美紀はどうにも苦手。
眼鏡かけてるんですが、苦手。
後、コミカルにどんくさい。


上NO樹里も出てきました。
主人公と似た位置づけということで、やはり眼鏡。
上NO樹里はどの映画に出ても役柄は同じじゃないか?
が、中谷さんほどは拒否反応がでず。


中谷さんが苦手なのは、やっぱり痩せすぎなイメージがあるからかな。
激瘦せ後の宮沢りえみたいな感じ。
個人的には、もっとポッチャリ…健康的な方が好み。
後、髪を梳かしてないからかな。
服装は地味でも良いから。
なんか、小林稔Gがやってる税務署員のドラマに出てくるアシスタント役の女の人を思い出してしまった。あれは好印象だから、やっぱり頬骨かな…。

劇団ひとりが端役かと思いきや意外とチョコチョコ出る。
青田典子がワンシーンだけ。
夏川純がどこに出てきたか全く分からず。


最後は冗長だが、あの途中のウキウキ感は好き。
ハッピーエンドは好きだが、クリスマスに独り身で見ると辛い。

ロードショーの鬼126

はいはい。
手紙。

手紙



パッチギロードショーの鬼71の泣いている沢尻はすごいとか言っていたが、「手紙」の沢尻はさらに良い。

実によい。
これ見ていいと思わない奴は男じゃない。(独断)

え、良いと思ったのは、眼鏡してるからじゃないかって?

51XY9C3ASYL__AA240_.jpg


っていうかこれ?

cast03.jpg



沢尻って絶対化粧っ気が無い方が美人だよな~。
後半の結婚してメガネかけずに茶髪になったシーンとか見てらんない。

見てらんないと言えば、主人公のお笑いシーン。
あれはチョット…。

沢尻のいいところは実は声がすごく色っぽいんだよね。
あの声の艶めき。

ただメガネ沢尻最高。

ロードショーの鬼125

ナショナル=トレジャー

nationaltreasure


National Treasure.

国家的な?国民的な?財宝。

ニコラス=ケイジものを続けて見てしまいました。

プロデューサーのジェリー=ブラッカイマーというのは、色々やってますねしかし。
パイレーツ=オブ=カリビアン(ロードショーの鬼73)、ブラック=ホーク=ダウン(ロードショーの鬼61)、コヨーテ=アグリー、60 seconds(ロードショーの鬼57)、エネミー=オブ=アメリカ、ザ=ロック、アーマゲドン(ロードショーの鬼103)、ビバリー=ヒルズ=コップ、クリムゾン=タイド、トップ=ガン(ロードショーの鬼)…なんかを見たことがあります。

ブラック=ホーク=ダウン以外はいい映画だよ。

監督のタートルトーブは、う~ん、昔クール=ランニングを見たことがありますね。
(地獄へ道連れのアレンジを聞くため。)

ヒロイン、アヴィゲイル役のダイアン=クルーガーが良いです。へえ、トロイ(ロードショーの鬼65)のヘレンね。
ただ、アヴィゲイルというと、某ジャンプ漫画のごつい人を…。

ケイジのお父さん役はジョン=ヴォイト。何と、真夜中のカーボーイ(ロードショーの鬼60)のテキサス野郎か。
あの、洒落者な感じは見る影もないね。

ええ?ジョン=ヴォイトって、アンジェリーナ=ジョリーの父親なんだ!


最初の突っ込みどころは、「結局盗むんなら仲間割れする必要なかったジャン」てとこ。
独立記念館でも、勝手に立ち入り禁止の所に入ったりするし、倫理観はそんなに強くなさそうだが…。

謎解きものだが、アメリカ映画お約束のカーチェイスはあり、ロマンスあり。

最後、FBIの捜査官が、コンパスと曲尺の紋章(フラン=マソンのシンボル)の入った指輪をしていたのが如何にも。


しかし、最後までメアシャム(海泡石)パイプが砕けなかったのはなぜだろう。あの足場が崩れるところで砕けてもおかしくはなかったのに…。


ま、ダイアン=クルーガー美人ですし(←トロイの時酷評してなかったか)、前半のご都合展開にムカつかなければ無理なく見れる映画です。

tag : ニコラス・ケイジ

ロードショーの鬼124

ペギー・スーの結婚

ペギースー



Peggy Sue got married

ペギー・スーは結婚した。

タイトルを聞いた時には、バディ=ホリーのペギー=スーを思い出しました。





もし君がペギー=スーを知っているなら
なぜ僕がブルーなのかわかるだろう♪

で、オープニングで流れたのは、明らかにバディー=ホリーの声なのに全然別の曲。
途中でとめてググってみました。

へえ、ペギー=スーにこんなアンサーソングがあったとは…。




これは内緒だよ、
僕がそういったなんて誰にも言わないで
友達からちょっとうわさを聞いただけだから

僕がそれを信じているわけじゃない
ただ君がどう思うか聞かせてほしい
君が「ウソだろ?」って思うなら
僕もそう思う。

どの娘か思いあたるだろう?
最近歌う歌には必ず出てきてた。
今から言うのは僕が聞いたことだ、
もちろん、その話が間違っているのかもしれない。

でも彼女のことなんだって
言われた。
彼女は婚約指輪をはめてる。
ペギー=スーはこの前結婚した。




Please don't tell,
No, no, no
Don't say that I told you so,
I just heard a rumour from a friend

I don't say that it's true
I'll just leave that up to you
If you don't believe
I'll understand

Do you recall a girl
That's been in nearly every song
This is what I heard
Of course, the story could be wrong

She's the one
I've been told
Now she's wearing a band of gold
Peggy Sue got married not long ago




こっちは、例のバディー=ホリー映画の映像かな。
楽しそうに弾いてますね。ヴォーカルがストラトで、フロントのテレキャス使いと飛び跳ねてます。

ま、あんまり見る気はなかったんですが、このオープニングの歌詞がタイムリーだったので、とりあえず見ることにしました。

監督は、フランシス=フォード=コッポラ。
主演は、キャスリン=ターナー。
相手役は、ニコラス=キム=コッポラこと、ニコラス=ケイジ(コッポラの甥っ子。)
ちなみに、主人公の妹役で、ソフィア=コッポラも出てます。

他にもジム=キャリーとか有名どころが端役で出てます。

四十代の役で出てきた二人が、そのまま十八の役として出てきてるので、感情移入しにくい云々という評価を見かけたが、どうせ録画で見てるのでそんなには気になりませんでした。

夫の浮気から離婚を決意し別居中のペギー=スーは、夫も来ることになっている同窓会に出席する。そこで、立身出世を遂げた昔の知人や、消息不明の友人の話を聞いたり、旧交を暖めあったりする内に、実行委員会によって同窓会クイーンに選ばれた彼女は、興奮し意識を失ってしまう。目が覚めると、そこは25年前、高校卒業を数週間後に控えた頃だった…。

同窓会には家族同伴は当然らしく、娘と出かけてます。

ジム=キャリーが若いです。

高校時代のあこがれの男性マイケル=フィッツ=シモンズは、ケヴィン=J.=オコナー。
ふ~ん、ヘルシングのイゴーリ役か。へえ、ハムナプトラにも出てたの…。

ニコラス=ケイジ、ジム=キャリーなんかは、四人組でヴォーカルグループを組んでますが、かなりうまい(フィル=スペクターのサウンド=オブ=ウォール系?)。ま、天使にラブソングをのあの声も、スタントらしいので、実はスタントなのかもしれませんが。

途中で、普通のペギー=スーも流れます。

話の筋は、結構イライラします。高校時代に戻って人生をやり直したいのか、いろいろ夫以外の別の男性に積極的に話しかけたりしますが、ニコラス=ケイジとも仲良くしたり、でも結婚はできないと拒否しておきながら、でも自分が産むことになる子供が愛しいから…、と一貫性が無い。

台詞で、Peggy Sue got married.ペギー=スーは結婚してるのよ!といいますが、結局この曲とはあんまり関係ありません。

責任者出て来い!

後、若い女の人は出てきません。

tag : ニコラス・ケイジ

寒い。

リンゴをまだ食べていません。
体を動かさないと寒いので、冷たい食べ物が食べれない。




昨日は冬至だったんですか。どおりでデザートにカボチャ系のものが。
食べれば良かった。





鍋の値段は安かったので満足。
隣に座ってた女が、Y本モナに目元が似てなくもないと思ったが、本人が彼女をどう思っているか定かではないので黙っておいた方がいいと思った。

なんだか自分の話ばっかりしていたようで、全然人の話を聞こうとしてませんでしたが、その所為で昨日のメンバーが早速ここを見つけて見てたので、自業自得ですかね。

他言無用のこと。

あ、後、~~さんが「………」って言ってあったとか書いてあっても、私の脳内妄想か、嘘の可能性がありますので、その辺のメディアリテラシーは宜しく。
発言の当事者と私との記憶がよく食い違ってることがありしかも、間違い(それを言ったのはわたしじゃない)を指摘されても修正しませんから。




最近の話で言うと、Rivière派への入会手続きには、ウットさんの写真を踏ませる云々は、リヴィエールさん当人の発言ではなく、ガロガロ君が言っていたものだが、飲み会でも、ここでも、リヴィエールさん当人が言ったことになってべらべらしゃべってましたから。




例の人と連絡が取れたので、一月にまた。




某女性の日記が、「実は振られたふりでした~」的なネタかと思っていたが、冗談ではなかったらしいのですが、前向きなコメントに感銘を受けました。
ま、立場は全然違うんですが、私が少しだけ成長したのは間違いないはずなので、見習うべきとこは見習っていきたい。

最近の

物忘れはひどく、ボンバー佐藤の下の名前を思い出せず。
帰国中のルンド先輩に指摘される。




11の知り合いっぽく、誰だっけこいつと思いながら、日記を検索すると、ああ、A達君ね。
元気かね?




エイベックスさんの前で、フロランタン、ラコステ、リケンティア大暴走。

リケンティア「S道士は、肉食厳禁ですよ。ただ講義を持ってるやつは喰っても良い。精力をつけなきゃいけないらしいです。」
ラコステ「この間泊まり込みの学会でN古YAに行ってきたんですが、盛り場を歩いてると、一般人なのかキャバ嬢なのか区別つかず、みんな名古屋巻きしてるんですよ。■★(ジャンプの某掲載漫画)のお嬢様より巻いてる。」
I井嬢「名古屋巻きって何ですか?」
aguila「名古屋嬢がしてる髪型だよ。でも、名古屋行ってみたいよね。いろいろ美味しいもの食べたいし。」
ラコステ「全部B級ですけどね。」
フロランタン「高いのもあるじゃん、ひつまぶしとか。」
ラコステ「そういうのは、車じゃないといけない離れた所にあるんだよ。」
aguila「ま、でも、モーニングセットとかすごいって言うじゃない。あと、手羽先だとか、草鞋とんかつ(みそカツか?)だとか、天むすとか…だから行ってみたいね~。」
エイベックス「でも~やっぱり、名古屋嬢って名古屋巻きしてるのを見に行くんですか?」
aguila「おい、俺は今食い物の話してたよな。」
フロランタン「いや、今のは喰い物ですよ!」
aguila「あっ、そっかー!(わざとらしく)」
フロランタン「aguilaさん、研究室の肉欲大王って呼びますよ。」


…。
まて、言ったのはお前だ。


リケンティア「なるほど、精力付けないと。」
aguila「お前自重しろ。」
ラコステ「自重しろ。」
フロランタン「自重しろ。」


このご、「自重しろ」発言が頻出するほど低俗な発言ばかり。
エイベックスさん怒ったんじゃねえの?

ひさしぶり

火曜日は、久しぶりにgo点下で運動しようと思って、時間まで某作業を別室で続けていたところ、冬季休暇前で閉室が一時間早くなっているのをしらず、黙々と作業していると、突然ドミニコくんが入ってきて、「向こうは閉まってますよ…」「え~。」「一時間早くなってるんですよ」「忘れられたんだ。」「こっちが電気ついてておかしいから、来てみたんですが。」「どうしよう。どうしたらいいかな?」「明日の朝早く来て、鍵返すしかないんじゃないですか?」

…。鍵を持ったまま明日の朝早く来るのか


「あ、証書局長様が集中で講義やってるから、出待ちすれば!」
「どこでやってんの?」
「●●●」
「ん、面倒だから明日で良いか?」


ま、結局証書局長様と会えたので、無事に鍵を返却。
タチアナ先輩もマイクロ室にいたら、荷物を置いたまま鍵をしめられていたらしく、ちょうど我々が開けたところに到着。

局長「ああ、僕はまだ必要とされていたんだ」

誰も不要とか言ってませんよ。

で、結局しばらくしたら再集合ということで、私は無事に運動をした後、チムニーで証書局会議。





アパルトマンの話。
どうやら私はアウグスタさんに手玉に取られているらしい。←証書局の意見。

そんな人ではないと思うんだけど、ま、僕は見る目が無いですからね。

あるいは、監視カメラとかそこらじゅうにしかけられていて俺の行動が筒抜けになってるとか。

まあいずれにせよ、変な行動しないと信頼されてるわけですからそういう信頼を裏切るような男にはならないようにしないとね。







aguila氏のバイトの話、
「女子K生をふんづけたりしてるバイトだよ。」
フィオレンティーナ「そこだけ代わってくれませんか。」

…。そういう嗜好なのね。
踏むのは業務のうちではないからな~。

私自身は踏まれるのが好きとかそういうことは言いませんでしたが。





そうそうまた結婚テロ。
大抵の人は知ってたようで、まあ、顔出してなかったですからね。
ま、後本人も口止めしてたようですが、おめでたいことを隠す必要はないとは思うんですが…、

ま、本人の性格か。

最近の寒さに死にそう

友人に召喚されてI袋に行ったが、ミカンを押し付けるのは荷物になるから邪魔だろうと遠慮したところ…


リンゴを押し付けられた!

そこはかとなく敗北感。





映画の撮影中に、●ツケンが負傷したと聞き、それはやはり、■ラウザーさん関連?
と思う。

連載の方には、ついに一世登場か?




★りレオ良かったですね。

あの挿入歌のインストかなりカッコイイと思ってましたが、エンディングテーマの方は、いかにもF山M治の作ったポップスって感じで、本人が歌ってても全然違和感を感じない作りですが、あのインスト。本人が作ってたんですね。演奏してるのを見て、すごく意外な感じがしました。




中華の食べ放題でした。

豚肉とエビが食えない奴が誘ったとは思えんな。

やったーマンや、DBの実写のキャストの話とかしてた。

食べ放題


同行者の写真は撮りませんでした。




Lさんとか好き嫌いなさそうなイメージだったんですが、レバーが嫌いだそうで。
やった、怪談に続いて弱点を見つけた!(ただし私もレバー嫌い。)
で、焼き鳥の串、レバーかなとか言いながら食べてみたら、砂肝だったそうです。
で、砂肝って何だろうってな話になって、
aguila「ほら、鳥って穀物を細かく砕くために、石を飲み込んですりつぶすって言うじゃない、でそれが入ってる所があるじゃない。…で、俺は何を言いたいんだっけ?」
sierra「結局何なんですか?」
L「砂が入ってる所は食べられないと思います。」
aguila「ああ、うん、多分そうだね。何なんだろうね結局。」

結局、昨日調べたところ鳥の後胃(胃の後半部分)で、砂嚢とも呼ばれ、砂を飲み込んでおいて穀物を擂り潰すところだそうな。

…何だ、俺があってんじゃん。

議論するのすら嫌だから適当に流したとか言うなよ。





リヴィエール「aguilaさんって何故かずっと●ペイン史だと思ってて、卒論の時、◎ランスって聞いて、『今更変えたのかよ!』って思った。」

…。
おれもあんたはずっと中性子(まま)だと思ってたけど、駒場で授業があったので卒論ガイダンスを欠席したところ、リヴィエールさんがG代史だったことを知らずに、騎士団で「発表する?」とか言って、「え、知らないの俺だけだったの?」的な空気を味わったんですが…。

aguila「何でだろうね?ヴァルカヌス君(←二外はスぺ語)といっつもつるんでたからかな?」

ええ、サロロンには出入りせず、アウグスタさんやジャルダンさんやいささかサンみたいなサロンのエントラージュ達とは没交渉だったせいですかね?というか、騎士団以外のフラ語が二外のアウグスタ・イササカなんかとの話題で俺が出てこなかったからじゃねえ?
それとも、サバで騎士団が閉鎖された年に、王立協会に加わったせいですか?(だったら、コンパの守護者も同じだし…)





個人的には、今期のドラマは歌姫最高だと思ってますが、視聴率が低いのね…。
やっぱ初回に「踊る!…」にぶつけられたからかな。

筋がおこちゃまという批判をネット上で見かけたが、あれは定番というか王道だよ!

後、O河内さんをはじめていいと思ったよ。(サタケさんの嫁だからかもしれない。)




杏さゆりの雄系女の単発ドラマよかったっす。




帰りの電車の暇つぶしに、伝説の武器防具がよくわかるとかいう本を買ってみる。

七支刀が収められているのが、『石上神宮(いしがみじんぐう)』とか思いっきり間違ったルビが振ってあって萎える。

おいおい、俺、世界史+地理選択だけど、石上は「いそのかみ」って読むことぐらい知ってるぞ。

こういう、雑学系の本って、持ってる知識の確認だけにしか使えないんだよな…。

寒い。

修道女エイベックスさんは、ムスケティエ君にacheverさんと間違えられたらしい。
確かに、髪は黒いし、二人とも細身だし、ドイツ史だし、名前は一字しか違わないし、とか思ったが、

「じゃあ、acheverさんのふりして、『あき■だよー!』っていうか、ムスケティエ君を誰か他の人と間違え返してやれば?」
「そっかー、aguilaさんみたいに返せばいいのか~。」


で、そのあとムスケティエ君に同様の話をして、多分エイベックスさんがそういう返しをしてくるよ~と言っといた。

ムスケティエ「acheverさんは、絶対、『あき■だよー!』とは言わないから。」


…、確かに。





「aguila君は旅とか行かないの?」
と問われたので、ガロガロ君から聞いたアウグスタさんの話をする(下のエントリー読んでからみてください)。

S「じゃあ、俺が、泊まるよ。」
aguila「そういう話ですか?」
S「ま、俺漁っちゃうけどね、色々。」
aguila「だめですってば。」



例年通り、
Águila_bicéfalaは、


現在ミカンを配っております。





ヤン君へ。いつがいい?池袋で良い?
他にも呼ぶ?

16はすでに埋まってて、二十日はcannaux先生の送別会だそうで、火曜日は避けてほしいのだが、27付近からは駄目なので~

いつものようにPCのアドレスに返事くれ。

ハードルが

前回ガロガロ君と話したとき(十月か十一月)に、
ガロガロ「アウグスタさん、二月ぐらいに一回帰ってくるらしいよ」
aguila「じゃあ、その辺で俺が腐乱酢行こうかな。」
といつものように冗談を言っていたんですが…

ガロガロ「aguilaさんが向こうに行くって言ったら、『あたしのアパルトマン貸すのに~』とか言ってたよ。」
aguila「ほう。」
ガロガロ「でも、『あたしが住んでるところから、aguilaさんが突然出てきたら周りの人驚くかな?』とも言ってたよ。」
aguila「確かに。」
ガロガロ「でも、『それって(こんなこと言ったら)失礼かな?』とかすぐに言ってたけど。」

いえいえ、失礼ではないですよ。
俺だって、アウグスタさんの家から、こんなひげ面が出てきたら驚くよ。
ま、周りの人に聞かれたら、Je suis son père.
(『彼女の父親です』)とでも適当に答えるけど。
もしくは、アウグスタさんの中の人です!とか。

いや、でも、絶対にあり得ませんけどね。
人の家、しかも女の人の部屋に、いくら本人が一緒にいないとはいえその部屋で暮らすなんて…。

非モテ系には辛すぎるハードルですな。

絶対、寛(クツロ)げないし。

で、大体、周りの外人じゃなくて、コルヌさんとかにアウグスタさんの部屋から出てくるところを間が悪く見られちゃったりして、すごい勢いで噂が駆け巡っちゃうんだよ、そういう時に限って。




アウグスタさんの部屋だから、女性の部屋だから寛げないのかと思いましたが、実はそうではないかもしれないことに思い至りました。
確かに、俺が四谷の某私大に通ってた頃、「遊びに来いよ」と誘われて、京都の友人の家に遊びに行ったら、その部屋の主人は一週間帰って来ず、月八万で6DKぐらいの一軒家を借りていたのだが、そいつがその家をルームシェアしてて、その俺とは全然面識のないルームメイトと一週間近く暮らしていたが、その時は結構それなりに寛いでたな~。(え、ルームメイトの方も女の部屋に入り浸っていたから、実はその家で暮らしてたのは俺だけだろうって?)




というか、アウグスタさんは警戒心なさすぎだよ。
俺が、全世界のアウグスタファンに向けて、部屋の写真を撮りまくってワールドワイドウェブ上に公開したりしないとも限らんだろう!←そんなことはしません、っていうかできませんが。

いや、逆に無警戒なところが「見たければ好きなだけ見なさい」ってことなのかな?
←絶対にないって。




岡B氏の結婚生活がそれなりに幸せそうなことをジェニファーに聞く。
ジェニファー「この間岡B夫妻にあったんですけど…」
何でも、嫁さんがたたんだシャツを、岡Bが気に入らなくてたたみなおしたら、
「何か言いたいことがあるなら言いなさいよ!」とか言われたって嬉しそうに言ってたそうです。
あの嫁さんアンナに美人なのにそんなに性格きついんだ!
っていうか、俺が接した感じでは全然そんな印象は受けなかったが…。
Y吹からきいた彼女の話からも全然そんな印象は受けなかったが…。

ジェニファー嬢曰くそれは俺の認識が間違っているとのこと。

しっかし、幸せそうだな、岡B。とても新潟で俺がアウグスタさんに口答えできずに下を向いて「っくっそ~」とか言ってたのを「ひどいっすね!」とか言ってた奴とは思えん。

で、ジェニファー嬢は、そんな惚気話(ノロケバナシ)を聞かされたんだ。




許著メール面白いのが来るよね~ってな話になって、

シエラ「■◆さん、いっつも面白いメール来ますよね。」
ジェニファー「『aguilaさんを見直した』って内容のメールが来たことあります。」
aguila「それは俺が守備範囲が広いって話かい?」(うわ、リヴィエールさん目の前にいるのにこの話するの?)
ジェニファー「いや、『意外にaguilaさん見る目があるので見直した』とかいう話でした。」
aguila「へ?」
ジェニファー「押Kも◆の話で…」
シエラ「ああ、」

許著は玉木のファンなのでCMで共演した押Kが嫌いだ云々って言ってたから、きっとその話なのだろう。





O寺さんは、面白い人らしい。
シエラくん曰く「男子校出身者は男として二軍だ。共学出身の一軍の人とは初めから差がついてる。ただ、その後大学に来て一軍に昇格できる奴もいれば…」
という話を延々とシエラくんにしてたらしい。

…万年二軍ですが何か。




あと何か話したっけな?

リケンティア君の彼女の写真を見せてもらった。

うんうん、危うく、研究室の下劣のツートップに下劣呼ばわりされた話を思い出すところだったよ。




あ、後、むかし、シエラくんが、●●さんがT盤T子に似てるって話をしてきたので、
「そういうのは自分で言えば!」とか言ってたら、本当に言っちゃったよこの子。

I藤君のことと言い、シエラくん口軽すぎ。

ロードショーの鬼123

サハラ、死の砂漠を脱出せよ。

sahara


SAHARA.

サハラ。





エヴァ=ロハスときいて、Lohas(Lifestyles Of Health And Sustainability )の方を思い浮かべたが、Rojasね。(Rojo/aはスペイン語で赤い)


クライブ=カッスラーのベストセラー小説ダーク=ピットシリーズの同名小説を映画化。
WHO世界保健機関の医師エヴァ=ロハスは、マリ国境付近で発生した謎の伝染病の正体を突き止めようと、その感染源である内戦中のマリ国内に潜入しようとしていたが、突然謎の刺客に襲われる。間一髪のところで彼女を助けたのは、元米軍特殊部隊SEAL(Sea Air Land)
にして、現在はトレジャーハンターのダーク=ピットDirk Pitt。彼らが海中から引き揚げた古代の王の棺をお披露目するパーティーに呼ばれていたマリの軍事政権と取引のある実業家マサード氏にカジーム将軍との仲介を頼むが、徒労に終わる。
一方、パーティーに出ずに馴染みの情報屋から、長年彼が追っていたCSA(アメリカ南部連合国、Condederate States of America、南部諸州がUSAから脱退して作った国)の金貨とそれを大量に積んだ船の手がかりを手に入れる。マリ国内に潜入するダークと、それに同行して国境を超えるエヴァ、伝染病の正体と、ダークの探す装甲艦の行方が微妙に交錯しつつ…。



実に面白い。

マシュー=マコノヒーもスティーブ=ザーンも良いです。

納得できなかったのは、ボートを沈められて(自ら沈めて)、泳ぎ着いた川岸の小屋に、地図や服が全部そろってたこと。あれ何なんだろう?

砂漠で見つけた飛行機の残骸から陸上ヨットを作るところとか、実にいい。


へ~、マシュー=マコノヒーって、ウェディング=プランナー(ロードショーの鬼49参照)の主人公と愛し合うことになる男か!
なんかうちのローザンヌ先輩にそっくりだな。

ヤン君は嫌いかも知れませんが、ペネロペ=クルス実にいいですよ。
特に最初のメガネ+白衣。

more...

ロードショーの鬼122

恋するための3つのルール。

恋するための三つのルール


Mickey Blue Eyes.

青い眼のミッキー?
死体を埋める際に、名前を聞かれて、彼女の父親がその場で思いついた名前。



ヒュー・グラント主演のラブコメ。

オークションハウスに勤めるマイケルは、プロポーズした相手に断られたが、後日話を聞くと彼女はマフィアの構成員の娘で、彼が犯罪活動に巻き込まれるのが嫌だったとのこと。
自分達には関係ないよということで婚約するが、すぐに、彼の勤め先がマネーロンダリングの手段に使われ始め、マフィアの影を嫌う彼女に嘘をつくのだが、彼女はとある理由で嘘をつかれるのも大嫌い…。

一つ嘘をつくと次々と嘘をつかねばならなくなる、で、またその場の出まかせが面白い!
後、彼女のおやじのマフィアの、「何とかなるさ!」的な思考。

ヒュー=グラントは、about a boy(ロードショーの鬼48参照)の時はテリーI藤そっくりだと思ったが、今回はなんというか、垂れ目の外人…、シルベスター=スタローンとか、ポール=マッカートニーとか…
う~ん、誰だろう。

ラブコメの王道です。定番です。
お奨めを聞かれたらこれを奨めます。

最初を見逃してしまいましたが、レンタルで借りてでももう一回見たい作品。

ヒロイン、ジーン・トリプルホーンは大したことないけど…。

ロードショーの鬼121

誰が為に鐘は鳴る。

forwhom

誰が為に

For whom the bell tolls.

誰のために鐘は鳴る。

アーネスト=ヘミングウェイ作『誰がために鐘は鳴る』の映画化だそうで。
小説の方は、「ため」が平仮名だそうな。

ゲイリー=クーパーとイングリッド=バーグマン。
どっちも美男美女ですな。

アメリカの大学のスペイン語講師ロバート=ジョーダン(クーパー)は、フランコと戦う国際旅団に参加し、フランコ支配下のインフラ(橋とか線路とか社会基盤)を壊す通商破壊行動に従事していました。そこで下された新たな使命を果たしに、人民戦線内閣に協力するゲリラ集団の中で出会った若い女と恋に落ちる…。


オープニングから、ジョン・ダンの詩の朗読。


No man is an island, entire of itself;
every man is a piece of the continent, a part of the main.
If a clod be washed away by the sea, Europe is the less, as well as if a promontory were, as well as if a manor of thy friend's or of thine own were:
any man's death diminishes me, because I am involved in mankind,
and therefore never send to know for whom the bells tolls;
it tolls for thee.


(ほんとはold englishなので最後の子音を発音することを表すためのEが無駄に付いた綴りですが)


如何なる者も、自身だけで全き孤島ではない。
それぞれが大陸の一欠けら、その主要部分の一部である。
もし、海によって、ある土塊が洗い流されたとしたら、それは、岬が洗い流されたのと同じであり、汝か汝の友人の荘園が洗い流されたのと同じである。
よって、どのような人間の死も、私を損なう、なぜなら、私が人類の一部分だからである。
ゆえに、問う勿れ、「誰がために鐘は鳴るや」と。
そは、汝の為に鳴るなれば。


まあ、きっと「対岸の火事」扱いして支援しない英仏及び米への皮肉なんですよね。
フランコには、ヒトラーとムッソリーニが援助して、スペインは「ファシストたちの実験場」と呼ばれる新兵器投入の舞台になってしまっていました。


作戦が漏れたのが敗因らしいが、空襲があって酒場から人がいなくなったとはいえ、あんな簡単にべらべらとしゃべってるからじゃねえの?

ラストはかなり不満。

ステッペンヴォルフ

そんな日です。




今日はなんだかビザンツの騎士が研究室に来ていた。
そして、腐乱酢留学中のはずのコルヌ=コピアさんも。
極めつけは蘇格蘭のKBさんも。


なんで?





ビザンツの騎士と話してて、ギリシャを勢力圏に持つオーソドックスよりも、普遍教会の神学の方がギリシャ哲学の影響が強い云々ときく。(騎士は正統教会の神学を学んでらっしゃる)
へ~面白い。

個人的には

十二月八日は、ジョン=レノンが殺された日です。

queenファンは、アルバム「ホット=スペース」を取り出し、life is real(ソングフォーレノン)かput out the fireを聞くことになっています。(フレディーとブライアンがジョン=レノンの悲報をを聞いて作った曲とされています。)

life is real






何となく、レノンを意識して作ったなあ~という感じの曲(レノンのソロ?)ですが、queenの中では(というかフレディーの作った曲の中では)ワーストファイブに入ります(初期ロジャーの曲はほぼすべて嫌いですから)。
see what a fool I've beenといい勝負。



They called him a hero in the land of the free.
But he wouldn't shake my hand, boy.
He disappointed me.
So I've got my handgun and blew him away.
The critter was a bad guy.
I had to make him a pay.
You might fear for my reason, I don't care what they say.
Look out baby it's the season for the mad masquerade!

wordの

2007に苦慮しております。互換性低すぎ。
なんで、デフォルトのファイル(の拡張子)がdocxとかになってて、以前のOSで開けないんだよ!(←98とか使うからジャン。)
デザインも全然違って、機能がどこにあるかわかんないし…、まえのワードと比較するって項目をクリックするとネット上に飛ばされるし…。

なんか、OSのXpみたいに、ワンクリックで以前の使用に戻せる機能を付けといてほしかった。

後、ショートカットキーが明示されてないのがイライラ。全部マウスクリックに頼ってやがる。この低能が!




T田真恋Tは微妙だな。味のある顔というべきか…。




野球の話。(オリンピック予選)
まだします。
デッドボールをくらって(それが認定されずにファウル扱いになって)そのあとのヒットのとき、ベンチを見ながら「どうだ」と言わんばかりのガッツポーズが印象に残りました。
あと、台湾戦での、星野監督が帽子を落とすぐらい狂喜乱舞してた様子。





げ●し■ん2の声優にいらいらしていたが、なんと、「殿下」の人だったのね…。





ずいぶん昔の話だが、ロンハーのおとこ検定…、

彼女に作ってもらいたい料理の一位がカレーになりましたが、俺も彼女に作ってもらいたい料理はカレーです。

だって、失敗が無いんだもん、ルー使ってる限り。

サバの味噌煮とか、臭み抜きに失敗したら生臭い鯖喰うことになるんだぜ…。
ビバ、失敗のない料理!

ま、aguila氏は前から言ってるように、「好き嫌いは多いが『味にはうるさくない!』」ですが。
←うちの母親はあんまり料理がうまくない。共働きの所為もあって手を抜いて作るんです。極めて低確率ですごい美味しいのを作るんですが、高校生ぐらいからほとんどうちのクラリネット使いの姉が作っていたような…。

ええ、母親が作った時は生臭い鯖の煮付けとか、野菜が生煮えの野菜炒めとか…

閑話休題。それはさておき

あと、今日のス★ンヌ。
「小悪魔」になるための本を読んできて勉強したそうだが、その本によると、
「『好きか?』って聞かれたら、『大嫌い』って言いながら抱きつくんだそうです!」

おお、その本の作者よくわかってるジャン。←ドストライク。

あ、後あの眼鏡。全国の女性に伝えたい。
男はあの手のメガネに弱い!




弾くだけでモーターが動いて自動で設定のチューニングにあわせてくれるギターをギブソンが発売したそうな。30万ほど。




ロシアの伝統的な民芸品マトリョーシカ人形と、ロシア人科学者テルミンの発明した電器楽器テルミンを組み合わせた、マトリョーミンの演奏風景が流れていた。

むっちゃシュール。





tengoはタンゴじゃなくてテンゴだよ。
動詞tener「持つ、保つ」の一人称単数現在。

だから「私は~をする」で、loが中性代名詞で「それ」とかだから、

lo tengoなら「私はそれ(おそらくダンス?)をする」だろうと思うよ。(スぺ語はラテン語と同じで動詞の活用語尾で主語が推測されるから人称代名詞の主語を書かない。)

タンゴは、左上にエル・タンゴって書いてあるジャン。

ん、あわせて私はタンゴするって感じになるのか?(文法的に正しいのかは知りません)

ボデーガは今辞書みると酒蔵だそうな。
トロンテスとノルトンは固有名詞でしょう。

アルヘンティンのワイン飲んでみたい。


そうそう、アルヘンティンで思い出しましたけど、アングル人どもと争ったフォークランド紛争って、フォークランドをマルヴィナス諸島って言うから、アルゼンティンではマルヴィナス紛争っていうんだ云々っていうことは知っていましたが、そのマルヴィナスってのは、ブルターニュのサン=マロSt. Malo出身の人のことをフランス語で形容詞化したらMalouin(e)っていうから、サン=マロの人がよくやってくるのでÎles Malouines→マルヴィナスっていうんだっていうのを最近知りました…。そうか、ブルターニュの人はそんなところでまで活動してたんですな。

お、今調べたら、サン=マロ出身の探検家ブガンヴィールBougainville(これを昔サロンでブーゲンビリアという熱帯植物に関係あるんだと思ってブーゲンビリアが云々と読んだらムッシュにフランス語風に発音してくださいと言われた)に因んでだそうな。



寒い

久しぶりにロックブーケのVMSに行こうとして見つからず。

丸井の地下にあったころは地下通路を通ってよく行ったものですが、移転して地階のビルになってから全然行かなくなったんです。

で今日行ってみたら昔あったはずの場所になくってもしかして潰れた?とか思ってしまいましたが、今調べたら丸井の八階に移転だと。何時からなんだろう?


ま、おかげで普段歩かないあたりをしばらくウロチョロ。

ふ~ん、今週末レオンカヴァッロの道化師やるんだ。
Queenファンとしては一回聴いておきたい(「永遠の誓い」のオープニングオペラパート)けど…。







よく覚えてないが、猫の話は「知られざる伝説」系だったような…

ハレノチグゥの作者とかは四コマ書いてなかったっけ?
もう、ほとんど覚えてねえや。





今年中に終わらせておきたいこと?
う~ん、人生とか?




野球、勝ちましたね。中継中に長嶋娘が出てこなくて本当によかった。
ただ、リプレイではなくて、走ってる選手のアップとか無意味なカットが多いんですけど…。
テレA、野球中継の素人か?そこは、スローでのリプレイだろう!とかおもってフラストレーションがたまった。





フランスからアクセスがあってちょっと動転。いや、多分全然関係ないんだけど。

ふふふ。

管理人の私ですらコメントを書き込めない事態に激怒しておりました。






ハバネロの旨スープが気になっています。






韓国戦、二塁三塁までは結構簡単に走者を進めることはできたんですがなかなか点に結びつきませんでしたね。

あれ全部入ってればもっと楽だったろうに。

四時間も試合した選手にはお疲れさまと言いたい。
後、どうでもいい映画の放映を中止してまで中継を続けたテレ朝えらい!
後、中居君があんまり出てきませんでしたね。もう少し出てきてもよかったんじゃ?
(副音声とかだったのか?)
長嶋娘はいらないけど。
あと、とんびはカツゼツ悪すぎ。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。