スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全に体調を崩しました

この時期になるといっつも喉の奥を痛めて血が出るんだよね…。
その所為で微熱が出て思い通りに体が動かない…。





松山ケ■イ●でクラウ★ーさん!実写化。
全く、無茶しやがって。




否定的なコメントとか、晒すとか書いてあって、ひょっとしてこのブログ?とか思ってしまいましたが、違った模様。
ったくもうちょっと黙って見てろよ。何のために人がフランス語の間違い書き込まずに我慢してきたんだと思ってるんだ!

ちなみに、このブログも全然他人から見たら痛いコメントが多いと思いますが…。
ま、感じ方は人それぞれってことで。
スポンサーサイト

そういえば

と総入れ歯って似てません?




マックの偽装が発覚したのは本郷三丁目、新大塚、早稲田などaguila氏の行動半径内にある店ばっかりです。
一つ嘘をつかれるとどこまで信じていいか分からなくなるんですよね…。

本三のがなくなるのはチョット…と思ってましたが、とりあえず直営店になるだけだそうで。




DQ4ですか…。

あのCMのアリーナとかミネアとかかなりかわいいですよね。(←舶来品に弱い)



DSでDQ5も出るらしいですよ。
http://www.kajisoku.com/archives/eid1868.html

ロードショーの鬼120

デンジャラス・ビューティー。

misscongeniality


Miss Congeniality.

ミス友愛。

コンジニアリティーとは、友愛・一致?
こういったミスコン(ミスUSAや、ミスユニヴァース)の期間中、もっとも友好的に行動し、コンテストを価値のあるものにしたミスコンの候補者に贈られる賞だそうで。
この映画では終わった後に送られてましたが、普通は、ミスコンの最中に選ばれるそうです。


この映画見るのは三度目です。
むりやり90分に縮めているのでかなり省略されてましたが、どこが省略されたかわかったぐらい。

サンドラ・ブロックの最初のメガネはかなり良いですし、今回は省略されていましたが、格闘訓練中に捜査に加えろとゴネルところとか結構好きです。後、チロル風の民族衣装。




この映画唯一の見どころは、ミス=テキサスことDirdre Quinnだろう。
こういう気の強そうな女性のバッチリメイクに弱いんだよね~。(←というか細い首筋に弱いだけだろう)

後、ミス=ロードアイランドのHeather Burns。スザンヌみたいな顔してます。

ロードショーの鬼119

トリック劇場版2。


トリック2


最初の方見逃したんでよくわかってませんが…

え~っと、あの刑事のコンビは全く役に立ってませんね。
何の為に出てきたんでしょう?

堀Kさんは、やっぱりかなり苦手。
さらわれたならそのまんまで良いじゃんとか思ってしまいそう。

「滑車を利用して巨石を崖の上に持ち上げた」って摩擦とか完全に無視してんじゃん!


最後のあの洞窟が謎。
出口とかブラジルとか書いてあるってことはだれかがずっと手入れしてたってことだよね…。
それから、あの霊能力者が何であの洞窟の存在を知っていたのか、そもそも、どうしてあそこに子供を捨てに行ったのか?

子供の空想でももっとましな物作るんじゃ?
納得できないものですが、まあ、金儲けのために作った続編だろうしね…。

それはそうと

新プロバイダでつなげましたよ。






デリスだよそれは!
Dが抜けてるよエリスだと。

Déliceってのは、英語で言うとdelight(tとcはよく入れ替わる。)やdelicious(美味しいってのは嬉しいってこと)と同語源でラテン語のdeliciæから来てるから、「喜び」。





原幹恵が異様にかわいい。
昨日は彼女をおしゃれな飲み屋に連れて行く企画をニヤニヤしながら見てました。(好みのタイプの芸能人を見ると自然に笑みがこぼれる。)

宣伝

Low-tech Sonさんの楽曲が、さよなら絶望●生のキャラクターソングCD?につかわれたそうです。

zetubo_cd.jpg
絶望歌謡大全集。
一曲目です。

興味のある方は聞いてあげてください。

(というか、Mizuki君、画像をクリックしたらアマゾンにリンクしなきゃそこは。)

というわけで

queenのベストパフォーマンスとも名高いライブエイドからの映像。

前作ホットスペースの不振から解散を決意しながら作ったといわれるワークス。実際に、メンバーはこのアルバムを最後にしようと自分たちの総決算になるようにつくったと。(永遠の誓いなんかは、かなりボヘミアンラプソディーを意識して作ってあって、前半にオペラパートを入れたり、ギターソロもブライアンは好き勝手に弾きたかったらしいが、フレディーの強い要望でボヘミアン…ぽく弾けといわれたらしい。ま、自分の案については自分のビデオで弾きまくってたけど。)

で、この映像は、アフリカの貧困にあえぐ国々を支援するためのチャリティーコンサートのために、イングランドのサッカーの聖地ウェンブリー・スタジアムで行われたコンサートの様子。(このコンサートには他にもジョージマイケルとか有名なミュージシャンが参加してます。)

エ~ロエ~ロ、リ~ロリロレ~ロ♪
hammer to fall
愛という名の欲望crazy little thing called love



見てください、自分たちのコンサートで集めた観客ならこんだけノッテるのもわかりますが、このオーディエンスの反応で自分たちの人気を再確認した彼らは解散を止めたと言われています。(世界同時テレビ中継だったので、会場からだけの反応だけではないとも言われてますが)

そろそろ

十六回忌です。

ロードショーの鬼118

オーシャンズ12。

oceans12


Ocean's 12.

オーシャンと12人の愉快な仲間たち。

これもいつ録画したかは覚えてませんがかなり前かな。

いや~前作見てないんで、メインキャスト以外、全然わかんないや。
しかも前作にはあったんだろうけど、誰が何のスペシャリストなのか紹介するシーンが無いので、皆目見当つきません。


とは言え、スピード感のある面白い映画でしたよ。

ただ、あのジュリア・ロバーツ演じるテスが、ジュリア・ロバーツのふりをする下り。思わず反則だ!と叫びそうになりました。いや、ブルース・ウィリスみたいに、ブルース・ウィリスとして出てきて、本物役やるのはいいんだよ。別の人として現われて、本物の自分を演じるって…。

マット・デイモンの母親は、あれは、変装して現れたんだよね…。ルパン三世的。

そして、あのフランス人の怪盗。まさに怪盗だよね、あれだけ神出鬼没だと。こっちもルパンぽい。


キャサリン・ゼタ・ジョーンズジュリア・ロバーツも良い女です。
ゆえに、いい映画。

tag : ジュリア・ロバーツ ブラッド・ピット マット・デイモン ブルース・ウィリス キャサリン・ゼタ・ジョーンズ スコット・カーン

ロードショーの鬼117

ジョンQ;最後の決断。


johnq



John Q.

無理やり訳すなら、佐藤五郎とかか?

John QってのはJohn Q. PublicとかJohn Q. Citizen(あるいは、John Q. Taxpayer)で平均的な一般人を意味するそうで、この映画もそういう平均的な一般人を暗示させているそうな。日本で言うと山田+太郎みたいなもんかね。Qがクインシーなら、クイントゥスで五郎ってなもんですけど。(シクストゥスが六郎で、セプティミウスが七郎、オクダヴィウスが八郎、デキムスが十郎だろうけど、九郎って何?)



で、本作のJohn Quincy Archibald(ジョンクインシーっていわれて、アダムスとか思ったが、アーチボルトだと。アーチボルトっていうと昔はそういうバスケ選手を思い出したが、学者崩れの戦士しか思い浮かばなくなった…)は、デンゼル・ワシントン。グローリー、ペリカン文書、クリムゾン・タイド、などいろいろ見たことがあります。勿論一つも覚えていません。


「さあ、泣いてくれ!」ってな作りになってますので、素直に泣くのがいいでしょうね。ここで、意地でも泣かない!って態度で見出すと楽しめません。

一番最初は、意味不明な事故の映像から始まって、違う映画見てんだっけ?って気になります。(後でこの映像の意味がわかります。)

それから、時間が巻き戻されて、一家の現在の状況説明。子供の愛らしさも強調されています。その子供が突然病院に担ぎ込まれる。もちろん突然発症したんじゃなくて、潜伏してたんだろうけど、心臓が肥大化しすぎそれに伴ういろいろな不都合で、移植しなければ、間もなく命を失うだろうと。

ところが、ジョンの就業形態(正社員のままだが労働時間が減らされた)の変化から、ジョンが知らないところで保険のランクが切り下げられていた。そのため、高額の保証が得られず移植者リストに名前も載せられない。

医師や院長はあきらめろと諭し、退院を勧告するが、妻はなんとかしろと突き上げる。お金は絶望的なまでに足りない…。

ということで追い詰められた主人公は医師や患者を人質にとって病院に立て籠る。


救急病棟を乗っ取って、息子の治療(っていうか移植)を要求するジョンだが、事情が伝わってない救急患者が運ばれてくると逡巡した後に受け入れるあたり、あくまで「いい人」が追い詰められて仕方なく立てこもった感が伝わってきます。


自分が自殺してその心臓を移植しろ!と要求するシーン、冷酷に思えた院長や医師が人間味を見せたとき、あるいは死を覚悟した主人公がこれからのことを子供に言い聞かせるシーン、etc...泣き所は満載ですな。


籠城が終わってエンドかと思いきや、最後は、裁判のシーンまで。
アメリカは社会保障費削減のために国民皆保険を切り捨てたんですが、日本に生まれてよかったなあと思わされる映画です。


ヒロイン?
あの金髪の院長?奥さん?立てこもりの人質になったカップルの女の方?

まあ、院長さんかな。冷たい感じが良い。


tag : デンゼル・ワシントン

寅午

中学生が言うことを聞かないので
aguila「打ん殴るぞ、くそガキ!グーで!」
女生徒「でも先生手に脂肪がついて手殴っても痛くなさそうだね。」
aguila「…。それ、昔、女の人に言われたことがある。人の腹をなで続けやがるから、グーで殴るぞっていったら。」
女生徒「それで?」
aguila「もちろんボコボコにしてやったけど。」(註;虚勢です。aguila氏は女性を殴るような度胸は持ち合わせていません。)
女生徒「…。はあ~(ワザとらしく溜息)。そんなことしてるから婚期が遅れるんだよ。」
aguila「…。

うるせえ~!

婚期が遅れたのは俺じゃなくて、その女かも知れんだろうが!


(いや、私が知らされていないだけで結婚してるかもしれないんですが。)

女生徒「何言ってんですか。現に先生結婚できてないじゃないですが。」


グサッ。(精神的外傷が甚く刺激された音)


aguila「うるさい。大体、『婚期』って言うな。婚期ってのは女の人に使うもんだ。」←それはジェンダーですよ。
女生徒「うう。」






…。
何ていうんですか。

男には婚期などない。

あるのはタイミングだ!





まあ、本当の所、人の腹をなでていた女(jardin bourguignon)が言ったのではなく横に居たアンジェリーナ嬢が言ったわけですが。
勿論、その時は、女性を殴るわけにはいかないので、報復としてボンバー佐藤氏の腹を撫で返していたわけですが。←(お前が俺の腹をなで続けると、佐藤君が困るんだぞ!)意味不明ですが、佐藤氏は生暖かい目で見てました。

え、二度目に撫でられた時は頭突きしただろうって。うん、あれは俺が殴れないのを知って撫で続けたからだよ。





aguila氏の元クラのT内氏は、爺さんが占い師だそうで、G習院の法学部に通っていたらしいが、爺さんの占いがお前は、某国立駒場大学には受からんと言っていたので反発して文3に来たそうなのですが、彼自身も手相を見ることができるそうなので、試しに見てもらったところ…

竹N「あ~、aguilaさん。20~21のときに一回婚期逃してるね。」
aguila「今、21だよ。」
竹N「次は、40くらいだね。来るとしたら。」
aguila「まあ、爺さんの占いがそのくらいだから参考までに聴いとくよ。」

とはいえ、20~21の間に出会った女の人全員に一対一で面接してみたくなりましたよ。「お前は俺と結婚する気が有ったのか無かったのか?」って。


全く思い当たる節が無いもんな~。∑ΟΦΙΑ時代は除くとして、お嬢か、双子のフルート使いの妹の方か?
(註;ジャルダン嬢にもウット嬢にも出会ってはいたが、全く親しくなかった。)

ロードショーの鬼116

ワイルドシングス2。

wildthings2


Wild things 2.


ワイルドシング「ズ」だろうとか突っ込まない。
いつ録画したか覚えてないくらい昔に録画してますね。
たぶん半年以上前。

前作(ロードショーの鬼32参照)が、どんでん返し含みだったので、今回はかなり捻くれてみてました。おかげで全然楽しくない。

出てきた女は全然可愛くない。

話の筋は、前回をなぞっているようでなぞっていない。
母親の再婚で大金持ちの義理の娘となった優等生、飲んだくれの娘で札付きの悪である不良娘、二人に抱き込まれた検視官。

途中までは劣等生の不良娘が展開を引っ張っていき、前回を髣髴とさせるが…

それから、うまく保険金をだまし取った後、三人で3Pを始めたので、また3Pか。ワイルドシングズって実はサスペンスものではなく、女子高生と3Pする映画か!?と心の中で突っ込んでおきました。


女の子の質も話の筋も一作目の方がよかったですよ。
全然爽快感が無かった。

ロードショーの鬼115

ル・ディヴォース パリに恋して

ledivorce



Le divorce.


ケイト・ハドソンはちょっと痩せたドリュー・バリモアにしか見えない。目元とかそっくり。
ナオミ・ワッツは最高。


フランスアメリカ合作映画だそうな。


ガス入りの水とか吹き替えていたが、炭酸入りの水とは言わないのか?


パリに留学してきたアメリカ人。先に留学して、現地フランス人と結婚した姉のもとにやってくると、姉の夫が家を出ていくシーンに出くわす。妹はやがて姉の夫の叔父と不倫関係に入る。
この手の、「不倫はしたが私は成長したわよ!」的な反省のない女は苦手。

パリに留学する外国人女性ってのはみんなのこんな感じなのかね?
下着姿がエロいです。


しかし、エロいといえば、オリヴィア役のグレン・クローズ。眼鏡はずしてる時はそうでもないが、眼鏡をかけると俄然エロい。断然エロい。老けてるけど。

姉の夫役のメルヴィル=プポーとか、日本人の女の人が好きそうなタイプ。

ロードショーの鬼114

おしゃべり馬 ひみつの必勝作戦。


readytorun



Ready to Run.

走る準備はできている、位の意味か?


ディズニーのテレビ映画だそうで、映画館での上映はなかったそうな。

話的にはレーシング・ストライプス(ロードショーの鬼89参照)に似てました。

騎手になりたがっている女の子、夫を事故で失い女の子が騎手になるのを反対する母親、勝てないと馬鹿にされ続けた馬、元一流の調教師、...etc.

ま、シマウマと違ってれっきとしたサラブレッドですから、ヘッドホンを付けて(馬にヘッドホンを付けてレッチリの曲を聴かせる)レースに集中できるようになると、連勝を重ねていくわけですが。


主人公の女の子は、一族の秘伝として馬と話せる特殊能力を持つことがある云々という設定でしたが、その能力の名前が「ラ=コンフィアンサ=デ=カバーリオス」と突然カタカナが出てきました。

フランス語だとコンフィエンスだろうし、フランス語ならカバーロ(カバージョとかカバーリョ)ではなくシュバルだし、多分スペイン語なんだろう、と。

La confianza de caballos(発音は「ラ・コンフィアンサ・デ・カバーリョスorカバージョス」)なら、馬からの信頼だろうけれども、何でスペイン語?とか思っていたら、地名をSonoraとか言ってたから、ネットで調べるとアリゾナの南、メキシコの州だと。なんだメキシコだからスペイン語なのか。確かにアメリカの映画で英語しゃべってるからと言って舞台がアメリカとは一言も言ってなかったな…。



レッド・ホット・チリペッパーズが好きな人が作ったのかなと思わされる映画でしたが、吹き替えの訳がチリペッパーズって言ってたので、そこはレッチリと略して欲しかった。

ヒロイン(クリッシー・ペレス)はラテン系?
普段着は全然似合ってない+最後のパーティーの時の格好は最悪だったが、それ以外はまあ普通。

readytorun2.jpg



ロードショーの鬼113

グレムリン。

グレムリン



Gremlins.


見ててかなりイライラする映画でした。


まず、あの発明家の父親。ああいう性格の奴が身近にいたら間違いなく切れそう。(話を聞かない+強引)
つ~かあんな商売でよく金があるね。

それから指示を守らずにカメラのフラッシュを向けたり、事故とは言え水をかけてしまったりするあの家族。指示守れよ!学校の生物の先生に調べてもらうためとはいえ、二度目は故意に水をかけるし。



後、主人公がひ弱すぎる。
すぐに突き飛ばされてピヨる。(朦朧状態)

後、話の展開がご都合主義すぎる。
何でプールがあるような体育館(スポーツセンター?)に逃げ込むんだよ?
何で分裂して増えたグレムリンのほとんどが映画館に集まってるんだよ?
っていうか、水で分裂して増えることを知ってて悪知恵が働くんだったら、どうして追い込まれてプールに行くんじゃなくて、積極的に水を探して分裂しとかないんだよ?
グレムリンの襲ったり襲わなかったり、殺したり殺さなかったりの基準があいまい。話の都合で殺された人と、殺されてない人がいて興醒め。



後、ヒロインのクリスマスに関するエピソード。聞くと漏れなくブルーになります。




最後の中国人の教訓は余計。

ヒロインは…まあ、そこそこ。

超返信

へ~、その会社だったんだ。
Gヘナってのは、アラブ世界を舞台にしたとか、エンブRIoってのは、シンタックスエラー社渾身の新作らしいとか情報は持ってたんだけど。


タカ■(おもちゃ会社)の子会社だったのをpopラが買い取ったんですか…。





S紀元社の雑誌での連載を富士MIが文庫で出してたり、サポートのムックタイプをS紀元社が出したりしてますね…。
もしかして子会社化した?(K川と富士MIが昔そんな関係≪K川の事業部扱い≫だった。)

そうそう、シンタックスエラー社の代表作 SWは、2.0 になるそうです。

  1. 選べる種族が八種類、技能が十五種類!
  2. 舞台はフォーセ■アではない!
  3. グラスラン●ーは残るニュウ!





正直、WizがBCFやCDSになった時どう感じました?(PCゲームの話ですが)
ルールは複雑にすれば面白いか、シンプルにした方が面白いか?と問われれば間違いなくシンプルなのがイイと答えてしまいます。たとえば魔法の系統を複雑化させすぎると、

  • 見せ場を作るために、他のクラスでは対応できないそのクラスにしか出来ない特技を作る
  • そうすると、そのクラスがいないとゲームが行き詰る状況が増える


その点、SWの技能は十(PCが使えるのは八つ←プリーストの宗派や、シャーマンの男女は考えないと)っていうのが適正数値だったと思うんですけど。(もちろん、徐々にデータが公開されて、ダークエルフ・マーマン・ケンタウルス・フェザーフォルクなどのPC化が可能になったし、現在ではゴブリン・ゴブ…ロード・ゴブ…シャー・メロウなんかも増えましたし、ダークプリーストの詳細化、ドラゴンプリーストのデータ公開で幅は広がったし、ケイオスランドでは、ファイター三種≪シーフと同じで筋力の半分までの武器で戦える軽装戦士・素手で戦う戦士・従来の戦士。前二者はレンジャーなんかと同じ経験値≫や、ケイオスランド・セージとかバリエーション増えましたが…、ああ混沌魔術ってのもありましたね。)兼職が比較的容易なことも考慮すると。

当然、比較的に不便な代替措置は用意するわけですが…

例えば、重傷を負ったPCの回復を考えると、プリーストが勿論一番活躍するわけですが、その代替措置としては…

  1. 3レベル女シャーマン(精神点消費が大きい・最初から使えない・女性キャラクターであることが必要)
  2. バードの呪歌(回復が遅い・自分は回復できない)
  3. レンジャーの応急処置(マイナスを一にするだけ。)


というものが考えられます。

これが他のキャラクターも制限なしで回復できるんだったら、プリーストの見せ場は奪われるわけですし(同じゲームに戦士と騎士をそれぞれ登場させた場合、差別化に成功しているゲームは少ないと思いますよ。)、全く回復手段がなければ、プリーストが戦列を離脱した(気絶・昏倒・パーティの分割)場合、全くゲームが行き詰るわけです。


後、魔法の量と成長のさせ方も秀逸だったと思います。
使える魔法は少ないが成長が容易なプリースト(使える魔法の数は一番少ない)、成長は遅いが一レベルあたりに使える魔法が多い+対象を無力化する強力な魔法(スリープ、パラライズ、ルーンロープ、雷縛り、ペトリファイ)+便利魔法が多いソーサラー、両者の中間で主にソーサラー(いやむしろルーンマスターか。)を無効化するための能力が多いシャーマン。成長はしやすいが発動に制約の多いバード、PCの使えない邪悪な能力の多いダークプリーストと特殊な背景の必要なドラゴンプリースト、とちゃんと棲み分けができてるし。

最悪、プリーストとソーサラーがいれば大抵の状況には対応できるし、かといって他の職業を増やしても、被る場面が少ない




SWの特徴は、レーティング表(バトルテックのパクリと言われ続けた)とクラススキル(トラベラーのパクリと言われ続けた)だろう?

グラスランナーってのは、会議の最中の単なるジョークだろう?それを本気にして、他の種族は造語なのに、これだけ英語由来のままとは…。
(あ、ドワーフとエルフがあったね)

ドラゴンハーフのギャグメーカー・ご都合主義、央華のテトリス・裏成功・連続攻撃のようなシステム面での革新はなかったかもしれないが、ゲームを文庫形態で配布・販売可能にした点が画期的なところだと思うけどね。ああ、後、多面体ダイスの入手の難易度を考慮して、D6のみでゲームができるようにした点ね。

あ、あと、ファンブルすると経験値がもらえる(無いよりはましな程度)ってのは、他のゲームにはなかったね。





しかし、背景世界を変えるんだったら今までたくさん出版されてきた小説やリプレイがいっさい使えなくなるんですよね…。その点損失だと思うんですが、おそらく新作を出さないと書店に並べてもらえないんだろうね…。

っていうか、背景世界引き継がないんだったら、ネームヴァリューのあるタイトルの名前借りただけでM野とかにアイディア料払うのが嫌になっただけじゃん?(払ってるか知らんが)とか言われるんじゃないの?
毎回システムが変わるFFみたいなものか?


ケイオスランドのサポートはちゃんと出るのかが心配。
ケイオスランドで使うはずのルールをファンドリアで使っちゃったのもその所為かしら?




文庫本・本形態での普及には正直限界があるんですよね。昔は、数も少なかったから、比較的長い間店頭に置いてもらえていたし、おもちゃ屋さんに置くよりも、リプレイや小説といったメディアミックス商品との販促効果もあったんでしょうし。
でも今は追随する商品が増えすぎて、店頭に物が氾濫して消費のサイクルが早くなりすぎた。
おもちゃ・ゲームという観点からすると、数年間遊び続けてほしいわけですが、発売後数年たった本が書店の店頭に並び続けるかというと、難しいでしょうし…。
初動で買わないとほとんど入手が不可能だよね。

新規の購買者が少ない(ルールブックなんてそうそう買いなおしませんよね)→書店に置いといても儲からない→店頭から消える→絶版→
サプリメントは出るが、本体の購入に結びつかない。

TRPGの賞味期限は大体三年ぐらいですかね。そのサイクルでリニューアルできないゲームは淘汰されると。(Gヘナがいきなり穴スタシスになったのはその所為か?)
というか、出版社じゃなくておもちゃメーカーの子会社から出してたのは、書店での展開に限界を感じたからかね?

たぶんこの2.0は、オリジナルのSWほどの展開(リプレイ・ノベル・シナリオ集)はできないと思いますよ。






私も、aguila_bicefala 2.0とかになってみますかね。





皆さんついてきてますか?




モケケピロピロの初出はクリスタニアじゃなかったっけ?
グイズノーとシロフォノだかが一緒なのかな~と思った記憶が。

more...

●ンダム

リッチー・コッツェンの哀戦士が結構忠実だったので、●クトのガンダムアルバムもあのくらいだろうと思って、今度試聴してみようと思ってたんですが、この間ヘイヘイヘイで曲の最後だけ聞いたんですが…


サビのコードが違ってんじゃ?


いや、実にGa%$tらしい編曲になってましたけど…。(コーラスの感じとかがソロの曲にそっくり。)

あそこまでざっくり変えてくるとは…。

boirez

Mizukiに私信(指針?)。見てるか知らないけど。


コカ・コーラに強力ライバル登場! 
11月13日17時5分配信 COURRiER Japon + hitomedia


バイエルンに住むある農夫が化学添加物を全く使わない炭酸飲料を開発し、ドイツで大ブームを巻き起こしている。この「ビオナーデ」という名の飲み物は、すでにマクドナルドやIKEAなどでも販売されており、今年の売り上げ予想は250万本を上回るという。
農夫が「添加物ゼロのファンタ」と喩(たと)えるビオナーデは、ビールと同じように麦芽を発酵させて作る。レシピ開発のために10年の月日と150万ユーロを要したため、一時は破産寸前まで追いつめられたという。だが、小さなスポーツ大会やイベントでの地道なP。
Rが功を奏し、いまではドイツ国内でビオナーデの売り上げを上回るのは、ファンタやスプライトなどのコカ・コーラ製品だけだ。そのコカ・コーラ社は数億ユーロでの買収を持ちかけたが、ビオナーデ社は断ったという。
ドイツでは「21世紀のコカ・コーラ」と言われており、近々、米国や日本でも発売される予定だ。

フプロスト(ポーランド)より。






ビオナーデ



【8月20日 AFP】ドイツ国内でオーガニック清涼飲料「ビオナーデ(Bionade)」の人気が高まっている。この飲料は南部都市ロヘン(Roehn)の醸造者Dieter Leipoldさんが考案したもの。「よりよい世界の公式飲料水」とのキャッチフレーズ通り、オーガニックの素材を発酵させて製造しており、味はホルンダー(西洋ニワトコ)、ハーブ、ライチー、ジンジャー・オレンジの4種類。8月にはハンバーガー・チェーンのマクドナルド(McDonald's)と販売契約を結んだ。(c)AFP


http://www.afpbb.com/article/economy/2285320/2158294
ビオナーデっすよ。
コカコーラのライバルだそうですよ。
なんか強そうな名前。




後こっち。


妖怪汁


「妖怪汁」という不気味な名前の缶飲料をめぐる情報が、ネット上を飛び交っている。パッケージは、水木しげるさん原作「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクター。さて、6種類ある飲料のお味は?(アサヒ・コム編集部)


生産しているのは食品メーカーの「アプリス」(東京都港区)。98年に自動車レース「フォーミュラ・ニッポン」の関連飲料をつくったことをきっかけに、独自性の高い缶飲料の製造を始めた。当時、レトロブームにのって注目を集めていた「ゲゲゲの鬼太郎」を、キャラクターに選んだ。

 現在、発売中の「妖怪汁」シリーズは6種類。「目玉のおやじ汁」は、お風呂好きなところからゆず味に。「猫娘汁」のパッケージはりんごにひっかき傷で「汁」の文字。気になる「ねずみ男汁」は、くせの強さを出すため夏みかん・はっさく味にしたという。

 ネット上では、「さっぱり飲める」「高速道路のサービスエリアで売っていた」「空き缶を捨てるとたたりがありそう」など、試飲情報から目撃情報、怪情報まで流れている。

 30缶入りのケース単位なら、同社のホームページから注文できる。



http://www.asahi.com/komimi/TKY200711080361.html


妖怪汁だそうな。

ぜひ飲んでみてほしい。

ロードショーの鬼112

トリック 劇場版。

トリック劇場版



う~ん。多分以前断片だけ見てますね。
芳本美代子と山下真司の夫婦だけは覚えてますから。


しっかし、中学生くらいの男の子が見たら喜びそうな映画ですね。
全編に卑猥な感じがあふれている。みうら●ゅんが夜中にやってるシン■ルズとかいう番組だったら、喜んで飛びつきますよ、あの村の中にやたらとある亀の石像。そして、あの亀を形どった紋章。あれ、誰も言わないけど…

いや、言ったら品格を疑われるので言いませんが、男子中学生は大喜びするよ。うちの学校の奴らとか。


途中で出てきたあの神様を名乗る女の子。
台詞は訛ってるんだが、カードを配ったり説明するときには、訛りが抜けてて、普通に喋ってたのでそこは指導すべきだろう!とか思ってみてたんですが、あれ、これ成海璃子じゃん?若っ!とかおもって、後でウィキで調べるとやっぱりそうでした。(眉毛が太いので気づいた。)

へえ、上田の同級生の官僚たち、苗字がそれぞれ、安田、本郷、駒場って言うんだ、どっかの大学ではお馴染みですな~。(浅野とか六本木とか弥生とかではない)


仲間さんは、このシリーズに出てくる仲間さんがいいのであって、ゴクセンとかの仲間さんは全然だめなんです。

普段は敬語で話してるのに、ツンデレのときだけため口+呼び捨てとかね。(もちろん黒髪ストレートヘアーってのもポイント高いですよ。)

ロードショーの鬼111

ボーン・スプレマシー。

ボーンスプレマシー


The Bourne Supremacy.


うにゅ。


にゅう。


なんだか無駄に殺しあってますね。


前作の後世界各地を転々としながらインドに彼女とともに隠れ住んでいたジェイソン・ボーン。彼女が殺されてしまったことから、再びボーンの活動が始まる!

なんか、スパイものっていうよりは、カーアクションが長かったような。

最後、ジェイソンが忍び込んだ女が誰だか一瞬わからなかったんだが、「愛するものを奪われたものは、その真相を知る権利がある云々」で、ああ、例のロシアの政治家(奥さんに殺されたことになってる)の娘さんね!あのフランスでスパイの後方支援活動していた人かと思っちゃったよ。


記憶を失ってる設定ってのは便利だよね。(シナリオにとって)都合の悪いことは忘れてることにすればいいんだし。

なんで、トレッドストーン計画の仲間だけは(そしてその住んでるところは)覚えていたんだろう?

後、あの直情的な、CIAの女指揮官。アボットの部下が気づいたようなことに気付かないで、ボーンに狙いを定めるあたり、無能なのでは?

そのパメラが泊ってる宿を見つけ、その部屋の番号を、フロントでかけてる最中に盗み見して部屋を割り出して…っていう一連の手順だけ参考になって、かつスパイ映画らしいな~と思いました。
この映画で感心したのは其処ぐらいか?

ドイツの警察が、ポリツァイ!ポリツァイ!(警察だ、警察!)とか叫びながら突入していくのは吹き替えしてなくて、ドイツ語が訳せなかったのか?とか勘ぐってしまいましたが。(←雰囲気を出すためだよ)



前作は、パリ、フランスがよく出てきましたが、今回は、ドイツ~ロシアが主な舞台で、特に美人も出てこなかったし(前作の恋人役はいきなり死んじゃうし)、評価はあまり良くないですよ。

tag : マット・デイモン

ロードショーの鬼110

椿山課長の七日間。

椿山課長



映画の宣伝をずいぶんやってる頃に、小説を読みました。

読んで、「良かった」という感想を持ったことはどこかに書きましたが、浅田次郎の小説でなければ救われない気持ちになるところでした。


で、小説を読むとき、映画の登場人物を頭に思い浮かべながら(どうやら西田敏行が伊東美咲になるんだ、ぐらいの情報は持ってましたから)読んでいました。


で、今回映画を初めて見たわけですが、初っ端からなんか違う感が…


確か、邪淫の罪を犯したという判断に納得がいかないから現世に戻るような設定だったような…
いきなりボタンを押して消滅しちゃったand天国にいってからでも消滅できるとかになってました。

なんだろう、邪淫ってのがネガティブだから、大人から子供まで見てもらうために、どうしても現世に戻りたい!だけにしてしまったのかな。
(子供が見るような映画にそぐわない?)

大学教授みたいな風貌になるはずだった、やくざの親分はなぜか美容師風の若者に。多分、若い女の人を引き付けるために成宮君をキャスティングしたが、そんな奴は出てこないんで変更したのかな?


邪淫の罪云々がオミットされた関係で、課長の腐れ縁の女のひととは、一回だけとかになってましたね。

主人公である課長は、結局他人の子を育てていたってんで、郭公を思い出しました。

ここで主人公が嫉妬に狂ったりすると、救われない感じだったんですが、小説では主人公の清々しさに何となく救われた気持ちになりました。映画だと、なんか、納得いかないな。

そうそう、小説だと、やくざの親分の話は、思い込みの激しいヒットマンの話とか出てくるんですが、多分時間内に収まりきれないという理由で適当に省略されてました。

小説だと、子供が、正体をばらしたかなんかで「恐ろしいことになる」結果だったような記憶がありますが、この映画だと、全員天国に行けるっていうハッピーエンド。なんかソフトな結末でしたね。


全体的に、小説をソフトにしてしまったので、物足りない感じでした。

女王の教室でも思ったし、ドリーム・アゲインでも確認できたが、志田未来は苦手。

それから、やたらと最近須賀健太の映画ばかり見ているが、日本の子役は彼しかいないのか?

浅田次郎の描く任侠(はみ出し者)は「金ぴか」の時にも思ったが、好きです。
話を縮めた分、主人公のお父さんがちょっと活躍しなくなってました。

で、ま、伊東美咲は嫌いじゃないので、まあ、いい映画だったということで。

不調

火曜日は、いつものように運動してたんですが、ロッカーのかぎをベンチの上に放置したまま一時間以上その場を離れていました。

いつものように、運動を終えてロッカールームに行こうとすると、鍵が無い!

…で、その時やっと鍵を一時間以上放置していたことに気付いたわけです。何も盗まれてない様ですが、不用心ですな。




「歌姫」

相武さんがいい感じです。

結局、女は積極的な男に弱い!とか言ってましたが、男だって積極的な女に弱いんです。


あと、誘った時嬉しそうな顔するのが良いですよね。




この間、
aguila「俺、ギャルっぽい女結構好きだぜ!」
リケンティア「ええっ!?」
フロランタン「そんな~?無理しなくってもいいですよ。」

…。

ギャルっぽい女が好きというのにどのような無理が必要なんですかね?

「ギャルサー」に出てた女の子が結構可愛いな~と思ってたんで、それまで俺は若い女が好きなんだと思っていたが、そうではなくてギャルが好きなんだ!と思い直した次第だったのに。

彼らは、俺がギャルっぽくない女が好きなんだと思ってるんですかね?




この間、すき家でメガ牛丼喰ってみました。
喰っても喰っても肉でした。もっと御飯がある方がよかった。




Popラ社は、この間「F●チュン・■エスト」を角川の子会社が依然としてラインナップとして出してるのに、自社の文庫で出す(加筆修正して、イラストはそのまま)!とかやってラノベに殴り込みをかけていたので、すっげ~アグレッシブ!とか思っていたんですが…。




誰か結婚でもしたんですか?(某女性のブログをみて…)

ま、高校の後輩A山(K都大学E学部)が結婚したことを後輩G藤の日記から知ったので、自分には一切そういう情報が伝わってこないな~と。




La Rochelaise嬢は、コミュニティプラザ?でバイトしてるので、大学のロゴの入った商品を売るのに精を出しているわけだが、ガロガロ君は知らなかったらしく、その話をすると、「ああ、それで!この間やたらと宣伝してたから」と言ってました。この間先輩方がいらっしゃったときの話ですかね?




髭を剃りました。

ひらめき!あ~あ。




Queenのファンが探してるのか?






というわけで、女王様物語のyou tubeがあるのを発見したが、関連して、王様の動画~ドリシが何故かhighway starをやってるのを発見~サザンがなぜかHighway starをやってる~と延々とyoutube。

ドリシは、live in japanのイントロのキーボードからコピーしてた。ヨルダン=ルーデスか?
so called, highway starはなんかそれらしいセリフ言ってたね。
ドラムはポートノイ?恰好がイアン=ペイスそのもの。
ジェームス=ラ・ブリエはコピーが本物よりうまいんだよね。One Visionのイントロの「ハッ!」のタイミングがフレディそのものですごく感動した覚えがあるけど。


で、サザンのhighway star。原由子がジョン=ロードのフレーズを弾くのか?と期待しながら見たら、何と二人で弾いてる。えっ?そっちの方が難しくねえか?




mixiに研究室コミュができたっぽい。
学部生しか入ってないようだが…。

そういえば

mixiのA村Uが管理するコミュ(要するにうちの高校の)で、どうやら、高校時代に良い思い出を持ってない奴が、某教師(ヒロヤ●タカシの中学校時代の担任)に俳句(短歌?)を作らされた恨みを、見た奴が気分を害するような感じで綴ってやがった。

aguila氏は、特に接点もなかったので(aguila氏たちの国語と言えばK坪だからな…)大して悪い思いではないのですが、ま、一回は怒鳴られましたね。その教師は、ま、正月に宮中(皇居?)で行われる歌会始に何度か呼ばれてますし、彼が担当した学年だと思うんですが、中学生が(当時の)最年少で歌会始の召人になったような話を新聞報道で見たことがあります。

ま、その書き込みをした奴は、そういうのを作るのが嫌でたまらなかったらしいんですが、(全員に押し付けるのは強制だ云々。)某先生はそういう歌会とかに呼ばれて(そして呼ばれる生徒を持ったことで)調子に乗ったんですかね?

で、つらつらと思ったんですが、現国の授業って、この文章はこういうことを言っているとか、この小説はこういうことだ!とか、この詩はこういう感情が…とか、教科書に載ってる文章の解説をするだけでなく、たまに作文とか作りますよね。(いつもではないですが)

詩や俳句、短歌などを作らせるのが、現国の授業として妥当かわかりませんが、他人の言ってることを理解することも必要ですが、自分の言いたいことをちゃんと伝えることも必要なのではないかと考えると、散文だけじゃなく韻文を作る練習をさせてくれてるんだ、と肯定的にとらえる余裕がなかったんですかね?

とはいえ、aguila氏は詩とか読むの大嫌いでしたから、作らされてたら地獄でしたね。

茨木のり子とかは結構好きでしたけど…


わたしが一番きれいだったとき
街々はがらがらと崩れていって
とんでもないところから
青空なんかが見えたりした

わたしが一番きれいだったとき
まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で
わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

わたしが一番きれいだったとき
誰もやさしい贈り物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて
きれいな眼差だけを残し皆(みな)発っていった

わたしが一番きれいだったとき
わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで
手足ばかりが栗色に光った

わたしが一番きれいだったとき
わたしの国は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか
ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

わたしが一番きれいだったとき
ラジオからはジャズが溢れた
禁煙を破ったときのようにくらくらしながら
わたしは異国の甘い音楽をむさぼった

わたしが一番きれいだったとき
わたしはとてもふしあわせ
わたしはとてもとんちんかん
わたしはめっぽうさびしかった

だから決めた できれば長生きすることに
年とってから凄く美しい絵を描いた
フランスのルオー爺さんのように ね


ま、で、言いたいことはそういうことじゃなくて、受動的な、解説を聞いてるだけの授業の典型といえば、社会科の科目ですよね。世界史とか、先生が何年に何があったそれはこういう事件につながっていった云々とかを聞いてるだけで、絶対、「自分で書く歴史の書き方!」とか「君たちが書くフランス史!」みたいな授業はあり得ませんよね。

…やってみますか。

超俺的世界史。

超超昔!           人類が誕生。

超昔!            アッシリア最強。

超昔からずいぶん経った    アレクサンドロース、強っ!

そのちょっと後        ガイウス・ユリウス・カエサル…



…飽きた。つ~か現代までたどり着かないよね。

でも、うちの大学の前期の世界史の第一問とか、結構みんな世界史を作っちゃいますよね。教科書に書いてないことでも。





「普仏戦争の切っ掛けになった事件の一つは、スペインのイサベル二世が亡命して、スペインの王位を誰が継ぐかってことになって、ホーエンツォレルン家の一族からスペイン王を出す動きがあって、それにフランスが反対して、結局ドイツ帝国は折れるわけだけれども、その時ライヒスカンツラーだったオットーってやつが…(中略)…のがエムス電報事件だよ!」

と解説をしていると、

「結局スペインの王位はだれが就いたんですか?」

「…。カルリスタ戦争もプリモ・デ・リベラの独裁も扱わないんだから、大丈夫。君たちは知らなくていい。結局いろいろあってブルボン家に戻ったし。今の国王もファン=カルロス=ブルボンってブルボン家だし!」

…。

ま、スペインとか、大航海時代以降は、フランコまで出てこないし、フランコ死後とか存在してないも同様だし。ましてや、ファランヘとかカウディージョとかカシキスモとかいう単語は知らなくていいよ♪。


ちなみに、このときは、サヴォワ家から王様が来ましたが、直ぐに退位してしばらくいろいろあって、イサベルの息子が王位につきました。

腰いたい

故人を偲んで昔馴染みが痛飲する予定が、aguila氏以外の連中が遅刻してきやがったので大激怒。

O「あの、今、市ヶ谷なので先にどっか入ってて下さい」

…。


向こうは十歳ぐらい年上なのだが、「そんな頓珍漢な心配してる暇があったらとっとと来て下さい。」とか怒鳴りつけかけました。


H(メールで)「すまん、十分ほど遅れる!」


…。

お前が三十分ぐらい遅れるのは織り込み済みだ。「メールとか打ってる暇があったら、その間に走れ!」と返事を打ちかけましたが何とかこらえました。


やっぱり自分はかなり短気だな…。






なんだか十二月の唯一あいている週末は、キャサリンK林(社心)に持って行かれそう。

とりあえずセイントS矢ネタでも仕込んでおきますか…。

ロードショーの鬼109

フィラデルフィア・エクスペリメント。


philadelphiaex.jpg



1943年十月にフィラデルフィア湾内で行われた海軍の極秘実験…。

その実験は、強力な電磁波によって艦船をレーダーから映らなくするための装置の実験であった。その実験は失敗し、多くの船員が…


アメリカのよく知られた都市伝説を基にした映画です。

そういえば、妖M夜行の「戦慄のミレニ■ム」は、この話が重要な鍵を握ってましたよね。ニコラ・テスラのテスラコイルとか。



まあ、その話は置いといて、この映画では、この実験によって四十年後にタイムスリップしてしまった二人の海軍兵士の話を中心に進んでいきます。


主役の男は、顔はいいが、むやみに人を殺しすぎるような?
こいつが考えもなしに逃げたせいで、死ななくても良い奴が十人ぐらい死んだような…。


まあ、話は一応ハッピーエンド?
ヒロインも、美人ではないが、こんなもんだろう。

ロードショーの鬼108

ボーン・アイデンティティ。

bourneid.jpg


The Bourne Identity.


最初の数分を見ていませんが…。



それなりに面白かったです。

そういえば、バイオ・ハザードでは使われてたパソコンがバイオでしたが、この映画も、パリのアジトで使われていた電話がパナソニック製で、欧米でも日本の電気機器(家電製品)は使われているんだなあと感心してしまいました。(ヨーロッパの家電と言えば定番はフィリップス≪蘭≫だとばかり…)


ミニで逃げる主人公たちに対してバイクで追跡する追跡側。そう、バイクならクラッシュも避けやすく、転倒した車の間にできた狭い隙間でも
すり抜けて追って来れます。アメリカの映画ってあんまりバイクでカーチェイスしませんよね。やっぱり馬力が違うからかしら?この映画では、逃げる側があんまり馬力のない車だから、バイクで追っても大丈夫なわけか。


パリのノートルダム寺院とか、ポン・ヌフ(ロ嬢がアラブ人とタイトルマッチをやった)とか結構知ってるところが出てきてテンションが上がりました。新凱旋門(ラ=デファンスの)は行ったことなかったですが。

さほど美人ではないですが、ヒロインはそれなりに美人だったので、まあ、良い映画だと思いましたよ。

tag : マット・デイモン

ロードショーの鬼107

はいはい。今日は、バイオハザードII アポカリプスでした。

biohazardii.jpg


Resident Evil; Apocalypse.

邪悪の巣窟;黙示録編、位の意味ですかね。

キャミソール、ミニスカ、ブーツ姿の女の人が、拳銃をぶっ放すのを見るのが好きな人向けの映画です。

ミラ=ジョヴォヴィッチだけでなく、シエンナ・ギロリーもほぼ同じ恰好。

ていうか、どんだけ肩の大きく開いた衣装が好きやねん?ってかんじですよね。


ホラーが苦手なので、ちょっとでも大きな音が出ると驚いてしまい、びくびくしながら見てましたが、時に登場人物の行動に苛っと来てました。多分、この間久しぶりに読み返した藤田和日ρと田中Y樹の対談で、藤田(うしとら)先生が、「ホラーって、登場人物がその場に自分がいたら自分が取るであろう行動をとらないとリアリティーが無い…云々」と言っていたんですけど、それですね。ちょっと納得しました。


周りに生きている人間がいる限り、ゾンビ(リヴィングデッド)たちはそっちを襲うんだろうけど、ゾンビ化すると、共食いはしないの?
ゾンビ犬とかは、死体を食べてるみたいだし、共食いはしないことはないんだろうけど…(共食いするなら封鎖して放置すれば個体数は減るような…)
っていうか、足が鈍いくせに、突然集団で現れすぎ。
シエンナとミラが最初に会ってすぐ行くことになる墓場。
どうして地面の中にアンだけゾンビが隠れてるの?
死体が空気感染でゾンビ化したのなら、あんなに肉体が腐敗せず残ってる遺体がそんなに何体もあるわけないだろうし、じゃあ、地面に隠れる(というか自分たちを隠す)くらいの知能が残ってるってこと?
小学校でも、あのキャスターに襲い掛かった小学生ゾンビたち、何であんなに大勢がタカってくるのに気付かないわけ?
そもそも、血液感染なの?空気感染なの?

など、ご都合主義の所為で、いろいろ突っ込みどころはありましたが、主役の二人が美人なので良いでしょう。

最後のアリスの実験体が何体も廃棄されているところが、手塚治虫チックというか、SFチックなものを感じました。

そしてすべての謎の解明は三作目へ!

ま、あらかじめ連作ものとして作ってるのであって、売れたから続編を作ったわけではないんでしょうけど。

ロードショーの鬼106

Always 三丁目の夕日です。

ponant.jpg


小雪にしな垂れかかられたら、大抵の人は言うこときくでしょう。

あの真っ赤なシャツっていいな。ほぼ原色に近くて光沢のあるやつ。


小雪が帰ってくるのは続編待ちか。

続編が見たくなりました。

堀北Mは、まあ、苦手な顔です。

後日譚

さて、五万ちょっとで新しいパソコンを買ったわけだが、そのパソコンは翌日の午前中には配送された。

で、早速開封して、添付品の確認を行い、それから、指示通り保証書の確認と、実際の製品についている型番とシリアルナンバーを確認。


…。


保証書のシリアルナンバーと、製品に張ってあるシリアルナンバーが違う…。


買った店に電話するのがよいのだろうけど、このマニュアルには、メーカーに問い合わせろと書いてあるし…。

ま、フリーダイアルだからメーカーに電話する。
メーカーの音声ガイダンスに従って窓口にたどり着こうとする物の、修理や接続の相談窓口の話ばっかりでどれにかけていいか分からず…。思い切って適当な窓口を選び事情を説明すると、購入後一年以内の故障修理窓口にかけろと言われる。

かけなおす。

その窓口の担当いわく、「ちょっと確認してみます。折り返し電話します。」
aguila「じゃあ、接続とかセットアップとかしない方がいいですね。」
窓口「そうですね。ちょっとなんとも言えません。」

…。
…。

三時間経過。

…。
…。


メーカー「そういうことはあり得ません。うちの責任ではありません。」
aguila「…。ま、まあそうでしょうね。」(んなことはわかってるんだよ。)
メーカー「やはり、販売店さんの方にお問い合わせになってから…」
aguila「じゃあ、まだ接続とかしない方がいいんですよね。」
メーカー「そうですね。」

う~ん。三時間待たせた挙句、そんなガキの使いみたいな返事を聞かされることになるとは…。
三時間も何を確認していたんだ?
てっきり、工場~販売店の流れを追って、どこに原因があったのか、誰の責任なのか、再発防止のためにどのような対策を取ろうと思っているのかぐらいは言ってくれるのかと思ったが、別に向こうは最初から一言もそんなことは言ってなかったので、気を取り直して、販売店に電話をかけることにする。

…。
やっべー、接続の話とか、修理のサポートとかは電話番号がやたらと書いてあるが、そもそも、セットアップする前の保証書と製品番号が違ってたとかそんなトラブルに関して受け付けているらしき電話番号が見つからねえ!

しょうがないので、長期保証の故障修理窓口に電話する。
そこで、とりあえず、販売店のレシートに情報が書いてあるからそこにかけろと。

で、かける。フリーダイヤルでもないのにやたらと待たせる。
やっとつながったので事情を説明。
「そうですか、ちょっと確認してみます。」

さらに数時間経過。

「すいません、こちらの手違いです。二週間ほどすれば正しい保証書をお送りいたしますので、製品の方は使用して構いません云々。」


いや~、保証書の記載事項が保障されていないことってありうるんですね。今までメーカーで封入して出荷後は一切手を触れられずに手元に来るもんだと思っていたが…


ああ、そうか、展示品だったもの(ディスプレイ用)を買ったから、それを箱に戻してって作業をやってるうちにそういうことになったのか…。


正規の品を値段どおりに買う人には起こり得ないトラブルですね。
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。