スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼387

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス


starwars1.jpg


Star Wars Episode I: The Phantom Menace

スター・ウォーズ エピソード1 脅威の幻影

関税に関する協定のもつれから、通商連合は、武力をもって惑星ナブーを制圧しようとしていた。ナブーの女王アミダラ(キーラ・ナイトレイ)は、元老院議長フィニス・ヴァローラム(テレンス・スタンプ)に、調停を依頼していた。ヴァローラムは、二人のジェダイの騎士に調査を依頼した。クワイ・ガン・ジン(リーアム・ニーソン)とオビ・ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)である。二人は、ナブーを封鎖する通商同盟の船に乗り込んだ。船には提督であるヌート・ガンレイと法律顧問ルーン・ハーコがいたが、シスの暗黒卿ダース・シディアスに嗾けられ、艦長のドルーティ・ドファインに命じジェダイの到着をなかったものにしようとしていた。謀殺されそうになった二人は、辛くも脱出し、そのままナブーに着陸。一方、ヌート・ガンレイは、二人のジェダイを抹殺し損ねたものの、アミダラ女王からの通信に、元老院議長の特使は到着していない、と強弁する。元老院に訴えられないように、ナブーの通信設備を破壊しようとする。ヌート・ガンレイの返答に、アミダラ女王はナブー選出の元老院議員パルパティーン(イアン・マクダーミド)に、そのことを訴えるが、設備の破壊により通信が途絶えてしまう。着陸後すぐに、ナブーの原生種属グンガンのジャー・ジャー・ビンクス(アーメド・ベスト)と知り合った二人は、水中のグンガンの都市オータ・グンガへと招かれる。顔見知りのターパルス隊長にジャー・ジャーは脅されるが、グンガンの長ボス・ナスと対面した二人のジェダイは、ナブーの首都シードへ向かうため惑星の核方向にのびる水路を使って急行することに。グンガンの中で除け者にされていたジャージャーの命は、クワイ・ガン・ジンの機転で助かることに。一方、通商連合はアミダラ以下、執政官のシオ・ビブルや護衛のパナカ隊長(ヒュー・クオーシー)など、ナブー政府の要人を軟禁する。しかし、一瞬の隙を突かれ、ジェダイ達と合流したアミダラ女王に脱出されてしまう。アミダラは民とともにナブーに残ることを主張するが、命の危険が迫っていると脅され、元老院のある惑星コルサントに向かうことにする。しかし、脱出の際、封鎖線で宇宙船に損傷を負ったため、近隣の惑星タトゥーインに着陸することに。この星は、通商連合の手の及んでいない星だったが、銀河共和国の権威を無視するジャバ・ザ・ハットの支配する星だった。一方アミダラに逃げ出されたヌート・ガンレイは、シディアス卿に報告をするが、シディアス卿は女王捜索のために弟子のダース・モールを派遣することを約束する。脱出の際にパワーシールドの修理に活躍したドロイドR2D2は、アミダラに称賛され、侍女パドメによって磨いてもらうことに。宇宙船の修理をするためには部品が必要だとわかったため、部品の調達に出たクワイ・ガン・ジンと、アミダラ女王に監視のために付けられた侍女パドメ(ナタリー・ポートマン)そしてジャー・ジャー・ビンクス、R2D2は有翼の宇宙人ワトーの店を訪れる。共和国の通貨が通用していないタトゥーインで物を調達することは不可能に思われたが、ワトーの店で働く子供の奴隷アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)と仲良くなってセブルバに絡まれたジャー・ジャーが救われたこともあり、砂嵐を避ける間アナキンの家に招かれることに。アナキンは母シミ・スカイウォーカー(パルニラ・アウグスト)とともにワトーの奴隷だったが自宅でこっそりポッドレーサーを作成したり、プロトコルドロイドのC3POを作成するなど、器用な手先を持っていた。通貨を持っていないジェダイ達は、賭博好きのワトーの性格をシミから聞き出し、それを利用することに。また、奴隷の身分からの解放を頼むシミに、フォースの力を使ってワトーを賭けに乗せ、アナキンだけでも解放させる賭けに乗せることに成功する。一方、クワイ・ガン・ジン達を待つ宇宙船には、ナブーからの逆探知を目的とした通信が届き、タトゥーインにダースモールがあらわれることに。レースは、セブルバの妨害にも関わらず、アナキンは優勝し、奴隷から解放され、宇宙船の修理が済むころ、ダースモールが襲撃をしかける。辛くも逃げ出した一行は、コルサントにむかい、そこで、元老院がもはや機能を失っていることを思い知らされる。また、ジェダイ評議会では、評議長メイス・ウィンドウにクワイ・ガン・ジンがシス達が活動を開始したのではと報告する。そして、アナキンをジェダイにすることを提案する。それは拒否されたものの、元老院に幻滅したアミダラ女王は、ナブーに帰還することになり、その護衛として、クワイ・ガン・ジンとオビ・ワン・ケノービが再びナブーに赴くことに。制圧されたナブーには、反抗する力は残っていなかったが、アミダラはグンガン達と協力し、通商連合の占領を解こうとする…。







…。
ナタリー・ポートマン以外に何か見るべきところのあった映画だろうか?

…。グンガンの水中都市と、ナブーの首都シードの様子は住んでみたいと思わせる街でしたけど。
シードの様子は、この間行ったイスタンブールみたい。(宮殿の屋根がドーム状)

ジェダイの戦闘の時、よくクルクルとまわるな~という感想を以前から抱いていましたけど、戦闘中に地面から足を離して且つ相手に背を向けるのって、すごく勇気のいる行動だよなと思います。


それから、いっつも言ってますけど、この政治体制が全く意味がわからない。元老院の権限はどうなっているのか?元老院議員は各惑星から何人選ばれるのか?元老院議員と女王の管轄は?元老院議長の不信任案をどうして元老院議員じゃない女王がだせるの?こういう政治制度作ったやつは頭が悪いとしか思えない。


リーアム・ニーソンは、ホーンティング(ロードショーの鬼203)、ラブ・アクチュアリー(ロードショーの鬼132)、バットマン・ビギンズ(ロードショーの鬼256)、ナルニア(ロードショーの鬼229)のアスランの声、なんかをやってます。


ユアン・マクレガーは、スタウォーズのエピソード2と3(ここ)、ブラック・ホーク・ダウン(ロードショーの鬼61)なんかを見てます。

ナタリー・ポートマンは、レオン(ロードショーの鬼166)、マーズ・アタック(ロードショーの鬼336)、地上より何処かで(ロードショーの鬼187)、コールド・マウンテン(ロードショーの鬼101)、終わりで始まりの四日間(ロードショーの鬼352)、あなたのために(ロードショーの鬼165)なんかを見てます。

キーラ・ナイトレイは、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの呪われた海賊船(ロードショーの鬼73)、デッドマンズ・チェスト(ロードショーの鬼319)、ワールドエンド(ロードショーの鬼382)のエリザベス、ラブ・アクチュアリーなんかを見てます。


サミュエル・ジャクソンは、ジュラシック・パークに出てます。


テレンス・スタンプはスーパーマン(ロードショーの鬼31)のゾッド将軍。

アミダラの五人の侍女の中にはソフィア・コッポラもいたんですね…。ペギー・スーの結婚(ロードショーの鬼124)を見たことがあります。
スポンサーサイト

tag : ナタリー・ポートマン

ロードショーの鬼352

終わりで始まりの四日間


gardenstate.jpg


Garden State.


ガーデン・ステイトとは、ニュージャージーの愛称です。


ニューヨークでヴェトナムレストランのウェイターをやりながら売れない俳優をやり続けているアンドリュー・ラージマン(ザック・ブラフ)は、ある朝、父親からの電話で目が覚める。下半身不随の母親が風呂で溺れ死んだというのだ。葬式のために彼は、九年ぶりに実家に帰る。葬式では、叔母のシルヴィア(ジャッキー・ホフマン)が、ライオネル・リッチーを歌っていたが、墓掘りに来ていた業者が、かつての親友マーク(ピーター・サースガード)とデイヴ(アレックス・バーンズ)に会い、やはりかつての親友ジェシー(アルマンド・リエスコ)がマジック・テープの特許を当てて大金持ちになった話を聞く。特に予定がなかったアンドリューは、父親ギデオン(イアン・ホルム)と顔を合わせたくないのもあり、ジェシーの家でパーティーが開かれると聞き遊びに行くことにするが、バカ騒ぎする友人たちに何となく馴染めないものを感じていた。酔っぱらった翌日眼が覚めると、マークの家におり、マークの母親キャロル(ジム・スマート)と中世レストランで甲冑を着て働く同世代のティム・フリードマン(ジム・パーソンズ)と一緒に朝食をとる。しかし、前日、頭痛がするといって父親に予約を取ってもらったコーエン医師(ロン・リーブマン)の許へは大幅に遅刻してしまう。待合室で待っている間に、ルービン(ジェイヌ・フディシェル)の犬に絡まれているところに助けを求めた自称ウソつきの少女サマンサ(ナタリー・ポートマン)と心を通わせ会う。コーエン医師とのやり取りで、父親の影響下からの脱出を示唆されるが、帰り道に、サムと出会い、サムの家に行くことに。サムの家には、「兄」と称する黒人のティティンベイ(アト・エサンドォー)らがいたが、ペットのおおい、ごちゃごちゃした家だった。サムの家族と交流を深め、癲癇持ちのサムの屈託のなさに、次第に惹かれていくアンドリュー…。しかし、彼は、葬式が済んだらニューヨークに帰らなければならない男だった。はたして父親と疎遠だった彼は、関係が回復できるのか、彼女との運命は…。




ナタリー・ポートマン以外は、さして有名な俳優が出てるわけでもない映画でした。

非常に内省的で、まあ、単館上映しかされないような映画でしたが…。
ネタばれになるので書きませんが、意外と深刻なことをさらっと言います。

この映画に出てくるナタリー・ポートマンみたいな女に弱いですね、aguila氏は。


ピーター・サースガードは、フライト・プラン(ロードショーの鬼205)のカーソンか。

tag : ナタリー・ポートマン

ロードショーの鬼336

マーズ・アタック


marsattacks.jpg


Mars Attacks!

火星が攻撃してくる!



ケンタッキー州のある田舎。牛の群れが背中を燃やしながら、焼き肉のような匂いをさせて逃げ惑う。そして、空飛ぶ円盤が目撃される。
合衆国大統領ジェームズ・デイル(ジャック・ニコルソン)は、見るからにお調子者の報道官、ジェリー・ロス(マーティン・ショート)から円盤出現の報告を受けていた。ロスは、どのタイミングで公表するかに浮足立っていたが、デッカー将軍(ロッド・スタイガー)は、情報はマスコミに対して隠匿し、迎撃態勢を整えるべきだと強硬に主張する。一方で、ケイシー将軍(ポール・ウィンフィールド)は、疑問を呈する。大統領は最終的に、学者、ドナルド・ケスラー博士(ピアース・ブロスナン)の「高度な文明を発展させているのならば、平和的なはず!」という楽観的な意見を採用する。そのころ、ファッションにしか興味のない大統領夫人のマーシャ・デイル(グレン・クロース)は一生懸命自分の服を選んでいたが、一人娘のタフィ・デイル(ナタリー・ポートマン)は、冷静に皮肉る。一方そのころ、ラスベガスのカジノでは、元ボクシングチャンピオンのバイロン・ウィリアムズ(ジム・ブラウン)は、現在ではカジノの客寄せの仕事をやって生計を立てていたが、別れた妻ルイーズ・ウィリアムズ(パム・グリーアー)から、二人の間に出来た息子ネヴィル(ブランドン・ハモンド)とセドリック(レイ・ジェイ)が帰ってきていないことを電話で相談されていた。また、不動産王アート・ランド(ジャック・ニコルソン、二役)は、カジノで妻バーバラ・ランド(アネット・ベニング)の愚痴を聞いていた。バーバラはアートの生き方に幻滅しており、ウェイトレスのシンディ(ジャニス・リヴェラ)に酒を頼むことすら我慢ならなかった。一方、GNNの人気キャスター、ジェイソン・ストーン(マイケル・J・フォックス)は、自分の番組のチェックを行っていたが、そこで恋人で、同局のファッション番組の司会を務める恋人ナタリー・レイク(サラ・ジェシカ・パーカー)から、彼女の番組が中断され大統領が特別番組を行うことを知らされる。報道部門の彼が知らされていなかったことにいきり立つが、デイル大統領の演説は始まる。デイルは、火星から円盤が大量に発信したことを国民に公表し、「太陽系に知的生命体が存在したことを喜ばしく思う!」と発言、テレビで見ていた娘タフィーは、「地球にはいないもんね!」と毒づかれる始末。一方、ラスベガスのカジノで、ニュースそっちのけでギャンブルに興じる、ルード・ギャンブラー(ダニー・デヴィート)、ドーナツ屋で放送を見るリッチー・ノリス(ルーカス・ハース)、火星人の到来を天啓と思い一人瞑想にふけるバーバラ。そして、ジェイソンと、ナタリーが同棲する家に局からの電話。宇宙人の専門家としてケスラー教授へのインタビューをナタリー司会で行うことに。またもや報道局が出しぬかれたことにジェイソンはいきり立つ。一方、リッチーは、実家に帰ると、軍人で帰省中の兄、ビリー・グレン・ノリス(ジャック・ブラック)が、父(ジョー・ドン・ベイカー)と二人で、ライフルの組み立て競争に熱中していた。父も、母、スー・アン・ノリス(オーラン・ジョーンズ)も、二人ともミリタリーマニアで、おとなしいリッチーを役立たず扱いしていた。バスの運転手を務めるルイーズは、運行中にゲームセンターで遊ぶ、外泊中の息子二人を見つけると、緊急停車し二人を捕まえ、乗客に賞賛される。一方、ナタリーは、ドナルドとのインタビュー中に一目惚れし、手をつないだり興奮していたが、その放送は、火星人に電波ジャックされ、会見の場所が決まる。バーバラは、セミナーを開き、火星人の到来を歓迎する趣旨の発言をし、ビリー・グレンは、軍に戻り、恋人シャローナ(クリスティーナ・アップルゲイト)や家族との別れを惜しむ。悲しむ、母スー・アンに、冷静に事実を指摘すると、家族で浮いているリッチーは、祖母フローレンス・ノリス(シルヴィア・シドニー)を老人ホームに連れて行くことを命じられる。会見の場では、穏やかだった火星人が、見物客の放った平和の象徴、鳩の出現に突然激昂、会場にいたケイシー将軍以下出席者全員を虐殺。会場の警備をしていたビリー・グレンはテレビの前で死亡。取材に来ていたジェイソンは、ナタリーを救うために飛び出すが死亡。気を失ったナタリーを火星人は円盤に運び込む。デッカー将軍は、今度こそ報復を!と主張するが、まずコミュニケーションの確立が先だとするケスラー教授の意見が通り、新翻訳機を完成、火星人に大統領が呼びかけ、議会での火星人の謝罪が決まる。ところが、この議会でも、火星人は、虐殺をおこない、議員や要人を殺戮し、ケスラー教授を連れ去る。それでも、核攻撃への決断を下さない大統領。一方、火星人達は、どうにかして大統領を暗殺しようとし、女性に化けてホワイトハウスへの侵入を試みる。お調子者の報道官、ロスをだまし、ロスが警備のミッチ(ブライアン・ヘイリー)に頼んでホワイトハウスの中に火星人が化けた美女(リサ・マリー)をまんまと潜入させる。この暗殺は失敗したものの、ついに火星人の全面攻撃が始まる…!






大統領と議会関係者を一堂に集めないのは、ちゃんと決まってるんだよね。法律で。




この映画を見るのは、二度目ですが…。



何度見ても、トム・ジョーンズは何でこんな扱い?と思ってしまいます。

今回思ったのは、空の撮り方が、シザーハンズの時とおんなじだなってことと、「家族が大事!」って説教臭さ。チャーリーとチョコレート工場に通ずるものがあります。

それから、火星人の弱点って、電波に乗って火星にも届いてるんじゃ?
自分の映画(猿の惑星)でもそんなシーンあったジャン。


ダニー・デヴィートは、ジュニア(ロードショーの鬼264)、とバットマン・リターンズ(ロードショーの鬼97)のペンギン。

デッカー将軍は、エンド・オブ・デイズ(ロードショーの鬼21)のコヴァック神父。

アネット・ベニングは、マーシャル・ロー(ロードショーの鬼210)のエリーズ・クラフト。

グレン・クロースは、ル・ディヴォース(ロードショーの鬼115)のオリヴィア(眼鏡をかけると良い熟女)。

ビリー・グレン・ノリスことジャック・ブラック(ロードショーの鬼296)は、ジャッカルに出てましたね。ジャッカルんときと同じ感じ。ケツ出して逃げ回る。


その弟リッチー・ノリスは、ルーカス・ハース。目撃者(ロードショーの鬼206)のあの子供。

ケイシー将軍こと、ポール・ウィンフィールドは、推定無罪(ロードショーの鬼323)の判事。


火星人が化けたロボット役のリサ・マリーは、猿の惑星(ロードショーの鬼81)のノヴァ。

ジャック・ニコルソンは、イージーライダー(ロードショーの鬼100)の飲んだくれの弁護士、NY式ハッピーセラピー(ロードショーの鬼211)、バットマン(ロードショーの鬼96revisit)のジョーカー。イージー・ライダーの時は何とも思わなかったが、奴のニヤッとした顔が苦手。


ナタリーポートマンが相変わらずきれい。

tag : ティム・バートン監督 ナタリー・ポートマン

ロードショーの鬼187

地上(ここ)より何処(どこ)かで


512FE6K11XL__AA240_.jpg
anywherebuthere.png



Anywhere but Here.

ここではないどこか。何処でも良いけどここは嫌。


しかし、この写真のナタリー・ポートマンはよくないね。

natsus.jpg



こっちの方がいいかな。


前半一時間だけ見て、見るのが詰まんなくてかなり放置しておいた作品。
やっと残りを見ました。

アデル・オーガスト(スーザン・サランドン)は田舎の町の退屈な暮らしに飽き飽き。娘アン(ナタリー・ポートマン)を連れてロサンジェルスはビバリーヒルズに引っ越そうとしていた。職も決まっておらず、また、再婚相手のスケートのインストラクター、ジェフとも離婚して。アンは、引っ越しには反対で従兄弟のベニー(シャーン・ハトシー)と別れるのも嫌だし、そもそも、アデルが慰謝料の為にジェフが浮気したとでっち上げたのも、ジェフはゲイであると仄めかしたのも気に入らなかった。ビバリーヒルズに着いて不動産屋のゲイル・レターファイン(キャロライン・アーロン)と知り合いになったり、歯科医師ジョシュ・スプリッツァー(ハート・ボックナー)と関係を持ったり、金もないのに派手な生活を繰り広げるアデル。一方、アンも同級生ピーター(コルビン・オールレッド)にモーションをかけられ…。






初っ端からビーチボーイズのサーフィン・サファリで盛り上がります。母親だけ。娘はその母親が気に入らなくてしょうがない感じが良く出てます。
奔放で考えなしの母親に対してもっと普通の生活を望む娘。
(電気代を払い忘れて電気を止められたり、生活必需品も買ってないのに「10セントしか所持金が無かったら靴を磨きに行け」っておじいちゃんが言ってたわ、だからパーっと食事しに行きましょう!フレンチで!という母親。やっと見つけた教師の職を安月給と言って次の仕事も決まってないのに、辞職したり、娘を女優にしようとオーディションを受けさせたりする。)
とはいえ、親子だけあって、アンの行動も時には母親を困らせる。(フレンチレストランで見栄を張ろうとするがやっぱり高いのでなるべく出費を抑えようとするが、わざと大量に注文する娘。)
けれども決して断ち切れない親子の絆、母一人子一人の母子家庭の絆が描かれてます。

母親の突拍子もない行動が見てらんない。
後、娘のことを、「くまのぷーさん」(プー・ベアー)呼ばわり。

警官がいい味出してます。
幼馴染のメアリーと別れる際に「私の下着姿の写真は全部燃やしてね」と言われるが、アメリカではお互いのそういう写真を女の子同士で撮り合うのだろうか?そこが気になって気になって…。

ナタリー・ポートマンは胸が無いけどきれいだな。

tag : ナタリー・ポートマン

ロードショーの鬼166

レオン。


leon.jpg


Léon. the professional

玄人、レオン。


というわけでナタリー=ポートマンのデビュー作ですよ。

ナタリー=ポートマン。

…。

コールド=マウンテン(ロードショーの鬼101)のあの、旦那に似てるって理由だけでジュードロウを泊めた未亡人(子供を家に入れるために兵士を殺した…)、マーズ=アタックの大統領の娘か。


監督は、フィフス=エレメント、タクシー、ジャンヌ=ダルクなど電波系コメディーを撮らせたらぴか一のリュック=ベッソン。

映画好きも映画そんなに好きでない人も見たことのある一作ではないでしょうか。



麻薬取締官スタンフィールド(ゲイリー=オールドマン)はフィフスエレメントのゾーグそっくりとか思ったら、当人だったよ。まるっきり同じ演技だし。(首の傾げ方)

子供のナタリーも可愛いです。
そして、なぜか登場する破壊大帝メガトロン様。

tag : ナタリー・ポートマン

ロードショーの鬼165

あなたのために

wheretheheartis.jpg


Where the heart is.

心のある場所。

5という数字が嫌い(母親が父親と彼女を捨てた日が五のつく日…)なノヴァリー=ネイション(ナタリー=ポートマン)は、自分を妊娠させた彼氏ウィリー=ジャック=ピケンズ(ディラン=ブルーノ)と、テネシーのトレイラーハウスをでて新天地カリフォルニアへと向かう。彼氏の車は、中古を修理したものだが、床が抜けており、とりあえず動くといった程度のものだった。途中、眠ってる隙に靴をその穴から落とした、ノヴァリーは、途中のウォルマートでトイレに行くついでにサンダルを買うからと幾らかお金をもらい、トイレに行き、サンダルを買うとお釣りが五ドル五十五セント。いやな予感がした彼女が駐車場に戻ると、彼氏の車は影も形もない。そう彼女は置き去りにされたのだ。ウォルマートに。



いや、初っ端から妊婦が郊外型のショッピングモールに置き去りですよ。
しかも所持金五ドル五十五セント。
テラ鬼畜。


置き去りにされた彼女は、ウォルマートに忍び込み、夜は寝袋にくるまり、時計売り場から目覚ましを持ってきてセットし、朝は、バスルームの展示コーナーでシャワーを浴びる。食事は食品コーナーから拝借。従業員が来る前にこっそりと出ていく。ただし、いつか返すつもりで、メモ帳に「ウォルマートへの借り」として今まで無断使用した分はすべてチェックしていた。

img04_1.jpg


ある日、駐車場で出会ったシスター、テルマ=ハズバンド(ストッカード=チャニング)に貰ったトチノ木の育て方が分からず、図書館に行くが、そこで図書館の司書(正確にはその弟)フォーニー(ジェイムズ=フレイン)と面識を得る。

img04_6.jpg


そうやってウォルマート周辺を数週間うろついたあと、嵐の夜、破水したノヴァリーは一人夜中の誰もいないウォルマートで苦しむが、窓をたたき割って飛び込んだフォーニーによって奇跡的に病院に運び込まれる。

目が覚めたノヴァリーは、入院費を持っていなかったため、子供を奪われるのではないかと怖れたが、町の人たちは、彼女のこと(置き去りにされたこと)を知っており、また、テレビで放送されたため、ウォルマートベイビーの母親ということで一躍有名人に。ウォルマートの社長は五百ドルをプレゼントし、退院したらウォルマートで働かせてくれることに。また、有名になった彼女の元に、彼女をかつて捨てた母親が訪ねてきたが、助けるつもりで来たものの、五百ドルに目が眩み、五千ドルを持って逐電。再び母親に捨てられる主人公。

行く当てのない彼女は、テルマの所に身を寄せ母娘二人で暮らし始める。

一方、彼女を捨てたウィリーは、直後に道でエンストを起こして困っている女性とその荷物を載せて早速お楽しみモードになったところで、警察に車を止められる。何と彼女の荷物は、盗品であり、彼女は未成年だった。
直ぐに刑務所に入れられた彼は、刑務所の中でギターを弾きながら曲を作る。
出所後すぐに、芸能事務所の社長と契約し、カントリー歌手になる。
いや、この事務所の女社長、某漫画のデス=レコードの社長みたい。
ジョーン=キューザックっていうのか。「靴をなくした天使」の別れた奥さん、「隣人は静かに笑う」(ロードショーの鬼99)の隣の奥さんか。

ストッカード=チャニングは、「パリに恋して」(ロードショーの鬼115)の姉妹の母親役か。

写真の撮り方を教えてくれる黒人キース=デビッドは「クイックアンドデッド」(ロードショーの鬼26)のディカプリオに殺される黒人か。

ウィリーの運命は悲惨ですな。



しかしなんといっても、この映画はナタリー・ポートマン
しかも妊娠中のちょっとポッチャリ感がかなり堪らない。
T盤T子より良かったです。
子役で成功しても、成人するとダメな俳優が多い中で、成人しても変わらぬ魅力を保ってます。
いや、あの柳眉。

tag : ナタリー・ポートマン

ロードショーの鬼101

はい。
順番は前後しているかもしれませんが、101です。

コールド・マウンテン。

coldmountain.jpg


cold mountain.

え、ニコール・キッドマンが綺麗でしたね。

感想はそれだけ。


南北戦争ものと言えば、GWTWが有名ですが、まグローリーも見てやってください。

で、この映画は、戦争中の連合国の側の話。戦争を離れた銃後では義勇軍とやらが、無法の限りを尽くしていました、と。

たった一度のキスだけでお互いを運命の人だと思い込んだ二人の純愛の話。
男が好きそうな映画だな。自分が戦争に行っている間、ずっと自分を信じて待ってくれている女の話。

お嬢様が生きていく為には生活感が無さ過ぎるので、レニー=ゼルヴィガー(この綴りだとルネと読みたいところだが)の登場。
この間新潟行った時、ピエモンテ嬢がどうしても思い出せないゼルヴィガーの名前を出す為にこの映画を挙げていたが、当時は見たことが無いので思い出せなくてもしょうがないわな。

え~、ジュード=ロウは、軍隊を脱走し、無事に帰還しますが翌朝には銃に撃たれて死んでしまう儚い純愛でした。
ラストシーンに出てくる女の子は、二人の間の娘かしら?
原作があるらしいので読んでみたいものです。

ちなみに可愛いと言えば、脱走して動けなくなったジュード=ロウを匿ってくれた老婆が、インマン(ジュード)の体力を回復し精力をつけてもらうために食べさせるのが子ヤギの肉ですが、その肉をとる為に殺される子ヤギです。実に愛くるしい。

tag : ドナルド・サザーランド ナタリー・ポートマン

映画というものは

女の子と見に行かないと全く意味がないと思っています。
美術館とか、絵画展とか、コンサートとかも。

でも、本当に見たい絵画展とか、集中したいコンサートとかは絶対一人で行きます。
だって、隣にいる女の子の方に気をとられて、絶対集中できない自信があります。

とは言え今日は研究室関係の知り合いと、スターウォーズエピソードスリーを池袋に見に行きました。

こういう映画は、まさに女の子と行くのにうってつけ。

・筋が分かってる。
・とりあえず有名。
・行ったことを自慢できる。



感想は、…所詮辻褄あわせのためだけの映画の続編ナンザ、期待しても無駄だよな…。
後、チューバッカを出すのは、蛇足だと思いました。

そうそう、後、スターウォーズシリーズ全般に関していうと、オレはレイア姫がヒロインなら、たぶん救出に行かない。

まあ、野郎と行ったんだがな。

tag : ナタリー・ポートマン

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。