スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼344

エネミー・オブ・アメリカ

enemyofthestate.jpg


Enemy of the State.

国家の敵。


諜報機関のプライバシー侵害を許すような法案に反対する議員フィリップ・ハマーズリー(ジェイソン・ロバーズ)がNSAの工作員、デイヴィッド・プラット(バリー・ペッパー)に殺害される。しかし、殺害現場の湖畔には、自然動物の研究者ダニエル・ザヴィッツ(ジェイソン・リー)が仕掛けた、動くものに反応するビデオがあり、そのビデオの中に殺害の様子が映されており、NSAに出向中の行政官トーマス・レイノルズ(ジョン・ボイト)もその現場にいることが記録されていた…。
一方、ロバート・クレイトン・ディーン(ウィル・スミス)は、労働組合に圧力をかけるマフィアのボス、ピンテーロ(トム・サイズモア)と交渉していた。ピンテーロに不利なビデオテープを謎の情報屋ブリルとその連絡役レイチェル(リサ・ボネット)から手に入れていたディーンは、ピンテーロに脅しをかけられたが粘り強く交渉を続ける。ピンテーロの店を出る時に、FBIがピンテーロを監視していることなどを知らされる。ピンテーロの店を出たディーンは、学生時代の元カノでもあるレイチェルに、クリスマスプレゼントを贈ろうと、女性ものの下着を売る店に入る。一方、ザヴィッツのビデオが殺害現場を録画している可能性に気づいたNSAは、ザヴィッツの抹殺とテープの破壊を企み、それに気づいたザヴィッツは、ゲームのカセットに偽装して部屋を逃げ出す。必死の逃走を続けるザヴィッツは、下着売り場で偶然ディーンとであう。二人は、ジョージタウン大学の同級生だったのだ。助けを求めるザヴィッツに、名刺を渡すディーン。そして、ザヴィッツは、ディーンのクリスマスプレゼントを入れた紙袋に、ビデオのデータをディーンに気づかれないように忍び込ませた後、逃走を続けるが、ディーンの目の前で飛び出してきた車に轢かれて死ぬ。ザヴィッツの死体からビデオのデータが見つからなかったNSAは、死体に残された名刺と、店の防犯カメラの画像を分析し、ディーンに渡ったのではないかと予想し、警官を装って、引き渡しを要求するが、渡されたことに気づいていないディーンは、ビデオを渡さない。ディーンの真意を測りかねたNSAは、空き巣を装ってディーン宅を荒らすが、やはりデータを見つけ出せない。そこでディーンを社会的に抹殺することによって、もしビデオを公表しても社会的な影響力を行使できないようにする。まず、妻のカーラ(レジーナ・キング)は、ディーンがレイチェルと昔関係があったことを勘ぐり、浮気しているのではないかと不安がっていたが、何度も会っていること、情報料として振り込んだ多額の金などを公表し、不倫疑惑を雑誌や新聞に書きたて、また、ピンテーロと親密な関係があるような疑惑を持たせ、弁護士事務所を解雇させる。ピンテーロの仕業だと思ったディーンは、反撃のため情報を集めようとし、ブリルとの接触を図るがそのためまたレイチェルに会ったことが、大きく報道されてしまう。とはいえ、レイチェルに聞きだした方法で、ブリルを名乗る男(ガブリエル・バーン)に会うと、空き巣騒ぎの時に仕込まれた発信機や盗聴器の一部を探知してもらい、一旦信用しかけるもののその男に殺されかける。そしてそこを救ったのが、本物のブリル(ジーン・ハックマン)だった。ブリルは、自分の身元がバレルのを異様に警戒しており、国家の監視に引っ掛からないように生きていた謎の男だった。NSAに追われていることを教えてもらい、協力を求めたものの断られたディーンだが、なぜ自分がNSAに追われているかを突き止めて(但しデータの中身はまだ分かっていなかった)、再びブリルに会おうとするが、そのためにレイチェルに会いに行くと、すでにレイチェルは、ディーンの仕業に見せかけて殺害されていた。なんとかブリルに再会し、レイチェルの仇討ちのためにとしつこく交渉し、ブリルの協力を得るが、ブリルの隠れ家は、ディーンのミスにより、襲撃されてしまい、また、ハマーズリーの殺害現場を映したビデオも破壊されてしまう。果たして、二人はNSAに復讐できるのか…。





う~ん、矛盾はあったにせよ、面白い映画でした。
特に最後のシーン。

この映画見るのは二回目のはずなんですよね。あの金網に囲まれた隠れ家とか、そこが爆破される様子とか、見た記憶はあるんですが、その前後が全く覚えてません…。

ジーン・ハックマンが老けたな~。走ってる様子がよぼよぼの爺さんだもん。


ディーンの妻、カーラ役のレジーナ・キングは、デンジャラス・ビューティー2(ロードショーの鬼182)のサム・フラー捜査官。

バリー・ペッパーは、グリーン・マイル(ロードショーの鬼228)のディーン・スタントン。


ジョン・ビンガムことイアン・ハートは、キリング・ミー・ソフトリー(ロードショーの鬼186)のダニエル。ハリーポッターと賢者の石(ロードショーの鬼6)のクィリナス・クィレル。


ジョン・ヴォイトは、ナショナル・トレジャー(ロードショーの鬼125)、真夜中のカーボーイ(ロードショーの鬼60)、ミッション・インポッシブル(ロードショーの鬼289)なんかを見ています。

技師フィードラーのジャック・ブラックは、マーズ・アタック(ロードショーの鬼336)、ジャッカル(ロードショーの鬼296)、なんかを見てます。

ジョーンズことスコット・カーンは、60セカンズ(ロードショーの鬼57)、アメリカン・アウトロー(ロードショーの鬼308)、オーシャンズ11(ロードショーの鬼281)、オーシャーンズ12(ロードショーの鬼118)なんかに出てます。


ジェイソン・リーは、ジャージー・ガール(ロードショーの鬼242)、ドリーム・キャッチャー(ロードショーの鬼53)なんかを見てますね。

ジェイソン・ロバーズは、フィラデルフィア(ロードショーの鬼168)の社長。

トム・サイズモアは、ドリーム・キャッチャーや、ブラック・ホーク・ダウン(ロードショーの鬼61)に出てました。

ガブリエル・バーンズは、エンド・オブ・デイズ(ロードショーの鬼21)のウォール街の銀行家。

ジェイミー・ウィリアムズことジェイミー・ケネディは、マスク2(ロードショーの鬼163)の主人公。


セルビーことセス・グリーンは、ミニミニ大作戦(ロードショーの鬼207)のライル。

マーク・シリバーバーグことフィリップ・ベイカー・ホールは、ザ・ロック(ロードショーの鬼332)の連邦最高裁長官。
スポンサーサイト

tag : ジーン・ハックマン ウィル・スミス スコット・カーン

ロードショーの鬼340

ニューオリンズ・トライアル


runawayjury.jpg


Runaway Jury.

逃げて行く陪審員。
と思ったら、run awayには、値段が上がりすぎて統制が利かなくなった…という意味があるそうなので、それで。


ま、口直しには最適の映画です。

結構いい映画ですよ。


まあ、裁判員制度とか導入されそうな昨今、陪審員制度の先進国であるアメリカの様子を知るには最適では。

暇な主婦は、やりたがるよね、陪審員。



証券会社に勤めるジェイコブ・ウッド(ディラン・マクデーモット)は、息子ヘンリー(ジャック・マッセイ)の誕生日を祝った翌日、普通に出勤してきた。秘書デボラ(アンドレア・パウエル)と話している間に、数日前、事務所を解雇されたペルティエという男がセミオートマチックの機関銃を持って事務所を襲撃し、ジェイコブら十一人の命を奪った。二年後、ジェイコブの未亡人セレスト(ジョアンナ・ゴーイング)は、弁護士ウェンデル・ロアー(ダスティン・ホフマン)に弁護を依頼し、簡単に機関銃を販売するメーカーを訴える訴訟を起こそうとしていた。ロアーの許には、フィラデルフィアから自分を売り込みにきた、陪審コンサルタント、ローレンス・グリーン(ジェレミー・ピヴェン)が見習いとして、通常の三割の値段で雇われることになった。一方、訴えられそうな銃会社は、凄腕の陪審コンサルタント、ランキン・フィッチ(ジーン・ハックマン)を雇い、対抗しようとしていた。ランキンのやり方は、陪審員候補者を事前に盗聴・盗撮・身上調査し、銃規制に反対しそうな連中を陪審候補の中から選び、また、反対しなさそうな連中は、弱みを握って脅したり、金銭を餌に自らの有利なように票を入れさせたりすることで銃メーカーを勝利に導くものだった。ランキンはこのやり方で、数々の訴訟を、銃メーカーの勝利に導いてきた。候補者の一人、リッキー・コールマン(ローダ・グリフィス)は、民主党員でバプテスト派の宣教師の妻で、二人の子供の母親だった。民主党員もバプテスト派も嫌い(銃規制に賛成?)だというランキンの意見で被告側が受け入れる陪審員候補から外されそうだったが、数年前に中絶手術の経験があること、その手術に付き添った男性が、夫以外の男だった事などを突き止められ、脅しに使えると判断され、被告側が受け入れる陪審員候補の中に入れられた。このような情報を得・分析するために、実際に法廷に立つ弁護士ダーウッド・ケイブル(ブルース・デヴィソン)以外にも、ランキンの許には心理学や法学など各分野の専門のアシスタントを集められていた。カウフマン(マルゴ・ムーア)、バーク(デヴィッド・ドイヤー)、ラム(リーランド・オルサー)、法律言語学者のレインズ(マイケル・アラタ)、荒事担当の、ドイル(ニック・サーシー)、ジャノヴィッチ(ネスター・セラーノ)、他にも、オーウェンズ(ジョー・クレスト)ら、他にも、秘書のアマンダ・モンロー(マルグリット・モロー)などがいた。また、ランキンは飛行機に乗り遅れるようなやつは容赦なく、スタッフから外すほどの厳格さをもった男だった。一方、ニューオリンズの町のゲームショップの副店長、ニコラス・イースターのもとにも陪審員候補者に選ばれたことを告知する手紙が届く。アパートの管理人プラスキ氏(テッド・マンソン)相手に軽口をたたいた後、ヴードゥー教のロウソク店に行き、謎の女性マーリー(レイチェル・ワイズ)にそのことを告げ、勤務先のゲーム店に行く。ゲーム店の仲間には、陪審員になりたくないと相談をするニコラスだったが、その数日前から、ニコラスは、ランキンのチームによって分析されていた。尾行されたり、ランキンのアシスタント、マクシーヌ(ロリ・ヒューリング)はニコラスのゲーム店で射撃ゲームを買ったりしていた。陪審員が候補者の中から選ばれる日、イースターは、同じく候補者のパンクな格好の女リディア・ディーツ(コリ・イングリッシュ)などと話しながら、陪審が選ばれる様子を眺めていた。ランキンは、ケーブル弁護士にイヤホンや隠しマイクなどを仕込み、法廷近くの拠点から遠隔で指示を下していた。サークルフーズというスーパーの副店長ロニー・シェイバー(ビル・ナン)は、スーパーの買収と昇進を餌に票を買えると踏まれ、受け入れ。彫刻家のミリー・デュプリー(ラスティー・シュバイマー)は、夫ホッピーが悪徳不動産業者で叩けば埃が出る身とみられ、受け入れ。海兵隊の教官を務めるフランク・ヘレラ(クリフ・カーティス)は、銃の売買に寛容とみられ、受け入れ。盲目のハーマン・グライムズ(ジェリー・バンマン)は、家族ペグ・グライムズ(イレーネ・ツィーグラー)に付き添われ、出廷していたが、ハーキン裁判長(ブルース・マクジル)に、陪審免除を持ちかけられると、それには違憲判決が出ていることを例に挙げ、陪審義務を果たしたいと申し出る。こうして、陪審候補者の中から、原告・被告が受け入れる陪審員とその補欠が二日かけて選ばれる。イースターは、裁判長を怒らせ、ランキンの事前調査では拒否することになっていたが、やむを得ず受け入れられることに。陪審員に選ばれたイースターは、マーリーのもとに、選ばれたことを報告に行く。そう、二人は恋人であったのだ。そして、裁判が始まると、陪審の中から、陪審長を選ぶことになり、ランキンの指示を受けたヘレラが陪審長に立候補したが、黒人女性ロリーン・デューク(ジャニータ・ジェニングズ)らが反対。紛糾しかけたところで、イースターは、グライムズが唯一、裁判長に口答えできた法律的知識と意志を持つ男であることを示唆し、彼を陪審長にすることに成功する。また、イースターとマーリーの二人は、初日のランチの配達を遅れさせ、おしゃべりなデル係官(キャロル・サットン)が夢中になっている隙に、缶詰にされている部屋を抜け出したイースターが裁判長と一緒にレストランで豪華なランチを陪審員全員に食べさせることに成功した。また、初日の午前中、金髪のかつらをかぶったマーリーは、二人の弁護士に、陪審員の票を買収しないか?安い日当と粗末なランチに陪審員はうんざり、というメッセージの入った髪を届けさせる。そう、二人の目的は、陪審員をうまく操って、訴訟当事者から、金を巻き上げることだったのだ。陪審を買収することは、重い罪になり、また、裁判の審理が無効になる恐れがあるため、双方とも、相手の策略だと思い、信用しないが、マーリーは、愛国心を信じろとのメッセージを送り、翌日の審理で、陪審員全員が、アメリカ国旗に忠誠宣誓をささげ、法廷全員で国旗に対して起立と宣誓をすることに。その様子を見ていたランキン陣営は、陪審を操るのはイースターだと見抜き、イースターの家にドイルを不法侵入させ、パソコンのデータなどを入手する。これに怒った、マーリー達は、ランキン達が彼らの陣営に有利だと思って受け入れていた陪審員ステラ・ヒューリック(ノーラ・ダン)をアルコール中毒で、審理中にも隠れて酒を飲んでいることを裁判官たちにばらし、陪審員から外させる。こうしてランキンの側とマーリー達の駆け引きが始まる。バスケ好きの黒人エディー・ウィースには、HIVポジティブ(陽性)の結果が出たことを調べ上げ、バラスと脅しをかけたり、ミリーの夫ホッピーに罠を仕掛け、偽捜査官に化けたオーウェンズが、ミリーに圧力をかけたり、中絶のことをばらされたリッキーが自殺未遂を図ったりと様々な手を使ってくる。しかし、彼らには、金儲け以外に真の目的があったのだ。はたして、その目的とは、そして、裁判の行方は!…。





ipodが厚かったです。古い型だからでしょう。




ダスティン・ホフマンは、結構老けましたね。マッド・シティ(ロードショーの鬼322)、真夜中のカーボーイ(ロードショーの鬼60)、トッツィー(ロードショーの鬼47)、クレイマーVSクレイマー(ロードショーの鬼46)、レインマン(ロードショーの鬼27)などを見てます。


ジーン・ハックマンも老けました。クイック・アンド・デッド(ロードショーの鬼26)(ロードショーの鬼26revisit)、スーパーマン(ロードショーの鬼30)、ジェロニモ(ロードショーの鬼94)、カナディアン・エクスプレス(ロードショーの鬼98)、ロイヤル・テネンバウムズ(ロードショーの鬼300)なんかに出てました。

ジョン・キューザックは、ロードショーの鬼としては、コン・エアー(ロードショーの鬼261)しか見てないのかな。


レイチェル・ワイズは、コンスタンティン(ロードショーの鬼233)、ハムナプトラ(ロードショーの鬼151)、ハムナプトラ2(ロードショーの鬼259)、アバウト・ア・ボーイ(ロードショーの鬼48)なんかを見てます。


陪審員、ジェリー・フェルナンデスことルイス・ガスマンは、見て、一発でわかったな。ブラック・レイン(ロードショーの鬼159)の人だ。ボーン・コレクター(ロードショーの鬼329)にも出てました。アンガー・マネジメント(ロードショーの鬼211)にもルー役で出てました。


ブルース・デヴィソンは、Xメン(ロードショーの鬼33)、Xメン2(ロードショーの鬼150)にケリー上院議員として出てました。

ディラン・マクデーモットは、エディソン(ロードショーの鬼158)のラザロフ。

弁護側のコンサルタント、ジェレミー・ピヴェンは、ブラックホークダウン(ロードショーの鬼61)のウォルコット、僕の愛しい人だから(ロードショーの鬼313)のカーン役でした。

ラムことリーランド・オルサーは、ボーンコレクターのリチャード役。インデペンデンス・デイ(ロードショーの鬼265)では、医療班のアシスタントをやっていました。

クリフ・カーティスは、シックス・デイズ・セヴン・ナイツ(ロードショーの鬼309)のキップ、トレイニングデイ(ロードショーの鬼177)のスマイリーです。


銃機器ヴィックスバーグ社の重役ガーランド・ジャンクル役のスタンリー・アンダーソンは、キッド(ロードショーの鬼222)のボブ・ライリーです。アルマゲドン(ロードショーの鬼103)では、合衆国大統領をやっていました。

盲目のグライムズことジェリー・バンマンは、ピンク・キャデラック(ロードショーの鬼180)のバディです。




2010/04/17追記

ビル・ナンは、スパイダーマン2(ロードショーの鬼64)のジョセフ・ロビー・ロバートソン

tag : ダスティン・ホフマン ジーン・ハックマン レイチェル・ワイズ

ロードショーの鬼300

ロイヤル・テネンバウムズ


theroyaltenenbaums.jpg


The Royal Tenenbaums.

華麗なるテネンバウム一家?



ロイヤル・テネンバウム(ジーン・ハックマン)には三人の子供がいた。長男のチャスはベン・スティラーは、科学者として、そしてその科学技術を応用して起業し、ビジネスマンとして十代のうちに成功していた。養女のマーゴ(グウィネス・パルトロー)は、劇作家としてデビュー、やはり十代のうちに成功していた。二男のリッチー(ルーク・ウィルソン)は、テニスプレイヤーとして成功していた。しかし、ロイヤルの浮気で、妻エスリーン(アンジェリカ・ヒューストン)とは離婚。チャスの金を使い込んでいたことを訴えられ、弁護士としての資格は取り上げられ、マーゴの誕生会で演じられた劇の脚本を貶したことで、一家への出入りを禁じられていた。妻、エスリーンは、考古学者として有名であり、会計士のヘンリー・シャーマン(ダニー・グローヴァー)と親密になっていた。テネンバウム家の老執事パゴダ(クマール・パラナ)にそのことを報告され、ロイヤルは、余命六週間と、嘘をつき、家族を集めることに。チャスは、アリとウージという二人の子供をもうけていたが、数年前に妻を失い、そのショックから抜け出せずにいた。マーゴは、指を一本失い、一度離婚し、現在は、心理学者、ラーレイ・シンクレア(ビル・マーレイ)と結婚していた。リッチーは、昔から行動を共にしていた(それこそマーゴと二人で博物館に忍び込んだ時も)友人イーライ・キャッシュ(オーウェン・ウィルソン)には打ち明けていたが、マーゴのことが好きで、テニスの試合会場に、ラーレイと観戦に来たマーゴを見て試合を放棄してその後現役を引退していた…。それぞれ父にわだかまりを持つ上の二人と、中立的なリッチー。再び一家は、そのきずなを取り戻せるのか?





アリとウージの子供たちがかわいいです。若い頃のチャスも。

ロイヤルに頼まれて医者の役をやるホテルマン、ダスティはシーモア・カッセル。
ラーレイの研究対象である少年ダドリーは、ステファン・リー・シェパール。



ジーン・ハックマンは、スーパーマン(ロードショーの鬼31)、カナディアン・エクスプレス(ロードショーの鬼98)、ジェロニモ(ロードショーの鬼94)、クウィック・アンド・デッド(ロードショーの鬼26)(ロードショーの鬼26revisit)なんかを見てます。



ダニー・グローヴァーは、刑事ジョン・ブック 目撃者(ロードショーの鬼206)、リーサル・ウェポン(ロードショーの鬼290)、リーサル・ウェポン2(ロードショーの鬼291)、リーサル・ウェポン3(ロードショーの鬼293)、なんかを見てます。

オーウェン・ウィルソンは、いろんなのを見てますね。80デイズ(ロードショーの鬼23)、(ロードショーの鬼23revisit)、ホーンティング(ロードショーの鬼203)、シャンハイナイト(ロードショーの鬼63)、(ロードショーの鬼63revisit)、シャンハイヌーン(ロードショーの鬼4)、ウェディング・クラッシャーズ(ロードショーの鬼288
、アーマゲドン(ロードショーの鬼103)などなど。

弟のルークの方がかっこいいですね。チャーリーズ・エンジェル、チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル(ロードショーの鬼17)に出てます。

ビル・マーレイは、トッツィー(ロードショーの鬼47)、パラダイス・アーミー(ロードショーの鬼252)、ワイルド・シングズ(ロードショーの鬼32)、チャーリーズ・エンジェル(ロードショーの鬼70)なんかで見てます。

クマール・パラナは、ターミナル(ロードショーの鬼271)に出てきましたね。

グウィネス・パルトローは、抱擁(ロードショーの鬼155)が良かったです。この映画はひどすぎる。あのパンダメイク。

tag : ジーン・ハックマン オーウェン・ウィルソン ダニー・グローヴァー ビル・マーレイ アレク・ボールドウィン

ロードショーの鬼26 revisit

前回は、こちら

thequickandthedead2.jpg



The Quick and The Dead.


寂れた田舎町リダンプション(贖罪)を訪れた女ガンマン、エレン(シャロン・ストーン)は、年一回この町で開かれる早撃ち大会に参加するつもりだった。町の外で、「犬」のケリー(トービン・ベル)を懲らしめた後、町の酒場に入るまでに住民に冷やかされながら、酒場に入った後はまず店主ホレース(パット・ヒングル)に侮られたものの、一瞬で態度を改めさせる。酒場には既に大会目当てのエース・ハンロン(ランス・ヘンリクセン)などがおり、他にも殺人で三十五年の刑を食らったが、三日で脱獄しそのまま駆けつけてきた「傷男」スカーズ(マーク・ブーン・ジュニア)、などが続々と駆け付けていた。ホレースの娘カティ(オリヴィア・バーネット)に懐かれながらも、部屋に向かう途中、街の住人が雇った殺し屋クレイ・キャントレル軍曹(キース・デイヴィッド)への依頼の場面に出くわしてしまう。

その晩、大会の開会が宣言され、腕に覚えのあるガンマンたちが参加の名乗りを上げていく。(順不同)
  1. 早撃ちスウェーデンチャンピオンを名乗るグートソン(スヴェン・オール=トールセン)
  2. スー族の戦士、斑のある馬(スポッテッド・ホース)(ジョナサン・ジル)。決め台詞は「スポッテッドホースは、銃弾では死なない!」
  3. 曲芸撃ちの名手にしてトランプの使い手、エース・ハンロン(ランス・ヘンリクセン)。両手撃ちができる。
  4. フィー・へロッドことキッド(レオナルド・ディ・カプリオ)。
  5. メキシコのガンマン、カルロス・モントーヤ(アルトゥーロ・ガステラム)
  6. テキサスのプライドこと、ヴァージル・スパークス(ジョセフ・ライナー)
  7. 幼女趣味を持ちカティを狙っており大会には参加する気がなかったがキッドにからかわれ急遽参加を決めた、ユージーン・ドレッド(ケヴィン・コンウェイ)。彼はスカーズの友達であり、エレンが町に現れた時には既に酒場にいた。



もちろん、キャントレルやスカーズも参加し、
最後に、ジョン・へロッド(ジーン・ハックマン)が現れ、へロッドのかつての部下で足を洗い神父として孤児を育てながら生きていたが、へロッドの退屈しのぎの為に孤児たちを殺され、無理やり連れてこられた凄腕のコート(ラッセル・クロウ)が引きずり出される。そして、翌日から大会が始まった…。




前にも言ったけど、この時代の服装が結構好きです。ジーン・ハックマンの装いとか。
後、ドレスアップしたシャロン・ストーン
シャロン・ストーンの長めの上半身シャツ+下はパンツのみってのも色っぽくて好きですけど。

パット・ヒングルはバットマン(ロードショーの鬼96)、バットマン・リターンズ(ロードショーの鬼97)のゴッサムシティの警察本部長ゴードンを演じていました。

キース・デイヴィッドは、アーマゲドン(ロードショーの鬼103)のキムジー将軍、ヴォルケーノ(ロードショーの鬼249)の警官エド・フォックス、ウェアザハートイズ(ロードショーの鬼165)のモーゼズ・ホワイトコットンとして出てました。


スヴェン・オール・トールセンは、サーティーンウォーリアー(ロードショーの鬼90)、グラディエイター、エンドオブデイズ(ロードショーの鬼21)、チャーリズエンジェルフルスロットル(ロードショーの鬼17)、レッドソニア(ロードショーの鬼185)、ピンクキャデラック(ロードショーの鬼180)などに出演しているそうです。


エレンの父親、保安官はゲイリー・シニーズ。グリーンマイル(ロードショーの鬼228)、アポロ13、フォレストガンプなんかで見てます。

マーク・ブーン・ジュニアは、ヴァンパイア最後の聖戦(ロードショーの鬼139)では主人公ジャック・クロウのハンターチームの一員として、アーマゲドンではNYの若者として、ジェロニモ(ロードショーの鬼94)には鉱夫として、バットマンビギンズなんかにも出てました。

tag : サム・ライミ監督 ジーン・ハックマン シャロン・ストーン

ロードショーの鬼98

カナディアン・エクスプレス。

narrowmargin.jpg



Narrow Margin.

その女を殺せ(1952, the narrow margin)のリメイクだそうで。


まあ、最初のカーアクションは見ものですな。カーアクションがそんなに好きなわけではないですが、ただ何台もの車の間をすり抜けて、通り抜けた後は衝突の山!って感じのアクションより、森の中を木にぶつかりながらすり抜けていく(そして上からはヘリに乗った敵から機関銃が斉射されている)シーンはそれなりに迫力があると思います。


後半は、列車の中での殺し屋との知恵比べ。

こういったマフィアものでは、必ず裏切り者がいるわけですが、今回もやっぱり検事補の一人がギャングへの内通者。今と違って、携帯が普及していないので、停車駅で停車している間に公衆電話から必死にかけたものの、裏切り者でしたって展開。

アメリカのマフィアものって必ず裏切り者がいるけど、本当にそんなに汚染されてるんですかね…。その設定がアメリカ人にとって奇異に感じられないほど。


まあとにかくあの手この手を使ってギャングの殺し屋が親分の殺人現場を見た、証人となりうる女を探して躍起になります。

伏線はらしきものは一応全部消化。

最後は、列車の上でのアクション。


ジーン=ハックマンはお疲れ様といったところですね。

まあ、ヒロインも、実は殺し屋だったと判明する女もそれなりの顔をしていたので、評価は低くないですが、原作の方はもっとサスペンスもの、知能戦ものっぽいそうです。

tag : ジーン・ハックマン

ロードショーの鬼94

そして今日は、ジェロニモ。

jeronimo.jpg



Geronimo: An American Legend.


ジェロニモはメキシコ人がつけたあだ名だそうな。なら、ヘロニモ?って発音するんじゃ?聖ヒエロニムスもびっくりである。

ジーン=ハックマンの鬚面にびっくり。
あだ名は、ナンタンルパン(灰色の狼)Nantan Lupan。
この人

マット・デイモンが出て居たそうなので、どいつだ?とネットで調べたところ、狂言回し役の若い士官だった…。

美人が出てこないので、評価は低いです。
訓練された馬が、即座に地面に横に伏せて、射撃の遮蔽物になるのはすごいと思いましたが、自分が危険だと馬は理解できてないんだろうね…。

tag : マット・デイモン ジーン・ハックマン

ロードショーの鬼31

どうも、3000円分サマージャンボ宝くじを買ったら、3300円分当選した運がいいのか悪いのか分からないaguila bicefalaです。ほんの二週間で資金の10%Upと考えれば効率はいいような気がしますが、これがたとえ30万円分買っていたとしても、33万分当選するのは難しさの次元が変わるので、こういう資産運用はしないほうが賢明!

さて、昨日は、こちら。

d111452891.jpg



なんだか随分省略されていたのか、良く分からないところがあった。
いつの間にケントはロイスをデートに誘ったのか?とか。

ジーン=ハックマン良かったです。
ヒロインのロイスは、なんだか、背が高くなった仲康みたい。うわっ、仲康だ!とか思いながらずっと見てました。


やっぱ、テレビシリーズのケントと、ロイス(テリー=ハッチャー)が良いと思った。

この映画がなぜ受けて、しかも二本も続編が作られたのか不明。
クリストファー=リーブは、確かにかっこいいとは思うが、この前髪をたらした髪型は微妙。

tag : ジーン・ハックマン

ロードショーの鬼26

西部には二種類の人間しか居ない。

「速い奴と死んでる奴だ!the quick and the dead!」


というわけで今日はこれ。クイック・アンド・デッド。

s-premium_1903_34004685.jpg



「the+形容詞」で、「○○な人」なんだから、冠詞がついてないと意味が無いと思うんだが…。



ジーン=ハックマンの恰好がすごく気に入った。
ただ、ああいうスリルを追い求める気持ちが良く分からない。
なんか精神がすごく荒んでるんだよね。
一応息子(ディカプリオ)を殺してしまった時には悲嘆しているそぶりは見えたけど…。

ディカプリオとラッセル=クロウはどうでも良いや。
監督のサム=ライミってスパイダーマン以外になんか撮ってなかったっけ?

ま、結局ヒロイン、シャロン=ストーンが美人だったので高評価。

tag : サム・ライミ監督 ジーン・ハックマン シャロン・ストーン

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。