スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼382

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド


piratesofcaribbeanwe.jpg

Pirates of Caribbean: at World's End.

カリブの海賊 世界の果てにて。

前作(ロードショーの鬼319)、前前作(ロードショーの鬼73)はこちら。

ポートロイヤルでは、デイビー・ジョーンズの心臓を握り彼を支配しているカトラー・ベケット卿(トム・ホランダー)が専権をふるい、海賊と関係のあったものを次々と処刑台に送っていた。総督であるはずのウェザビー・スワン(ジョナサン・プライス)は殆ど権力を失っていた。そこで殺される罪人たちが歌った歌は、九人の海賊王による海賊会議の招集を義務付けるものだった。
前作のラストでクラーケンにのまれたジャック・スパロー(ジョニー・デップ)を助けるために、女占い師ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)の許に向かったブラック・パール号の面々(航海長のギブズ(ケヴィン・マクナリー)、義眼のラゲッティ(マッケンジー・クルック)、ピンテル(リー・アーレンバーグ)、唖のコットン(デヴィッド・バイリー)、ちびのマーティー(マーティン・クレバ))は、ティア・ダルマによって復活させられたブラック・パール号の元船長ヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)と対面する。バルボッサは、ベケット卿の操るデイビー・ジョーンズ(ビル・ナイ)とフライング・ダッチマン号およびクラーケンによって、世界中の海賊が危機に瀕しているという大義のもと、シンガポールを根城とする大海賊サオ・フェン(チョウ・ユンファ)の許へと一行を向かわせる。バルボッサは南シナ海の海賊王であるサオ・フェンに、デイビー・ジョーンズの力に対抗するために、選ばれた九人の海賊王による海賊大会議(Brethren Court同胞法廷?)を開くこと、そしてそこで海の女神カリプソの力を解放することが必要であること、海賊王の一人であるカリブ海の海賊王ジャック・スパロウがデイビー・ジョーンズの牢獄に閉じ込められていること、彼が後継者を指名していないため、彼の解放が必要であることを説き、その牢獄があるという「世界の果て」へと向かう地図を渡すことなど協力してほしいとエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)とともに交渉する。しかしその最中、東インド会社の意を受けた兵隊が乗り込んでくる。交戦の最中、ビル・ターナーJr.(オーランドブルーム)は、サオ・フェンと交渉し、ブラック・パール号の連中には内緒で、父であるビル・ターナーSr.(ステラン・スカースガード)を助けるために、ジャックと引き換えにブラック・パール号を渡すことを持ちかける。そして表面上は協力しながら、サオ・フェンの貸してくれた仲間であるタイ・ファン(レジー・リー)らとともに、一行は世界の果てに向けて氷河の中や嵐の中を航行する。一方、ジャック・スパロウは、愛船ブラック・パール号とともに、砂漠の中で錯乱状態に陥りかけていた。そんな中、バルボッサの指示の下、ブラック・パール号は、世界の果ての、滝のように海が流れ落ちる流れに乗り、舟はまっさかさまに落ちて行った。
一行がたどり着いた浜辺には丁度ジャックがパール号とともに蟹の群れに運ばれてたどり着いたところだった。一悶着あったものの、船を出航させた一行だったが、途中、殺されたスワン総督に出会ってしまう。しかし、死者の世界であるデイビー・ジョーンズの牢獄から脱出する術が思いつかない。その時、ふと気付いたジャックが船を左右に揺らし、上下を逆にすることを思いつく。企てがうまくいき、現実世界に戻ってくると、サオ・フェン達があらわれ、タイ・ファンたちがブラック・パール号を制圧。フェンは、ウィルを裏切り、ベケット卿と結び、フライング・ダッチマン号より早いというブラック・パール号を得る代わりに、ブラック・パール号をベケットに引き渡す。ベケット卿のエンデヴァー号に連れてこられたジャックは、海賊大会議の開催場所を教えようとはしないが、ベケット卿が、ジャックをジョーンズから守ることと引き換えに、大会議をおびき出すことを提案する。バルボッサは、エリザベスがカリプソの生まれ変わりだと信じているサオ・フェンと、エリザベスをフェンに渡す代わりに、パール号と一行をベケットから解放することを取引する。そこでフェンはエンデヴァー号を攻撃し、それに乗じてジャックはエンデヴァー号から脱出。ベケットはフェンの船をデイビー・ジョーンズに追わせ、エンデヴァー号でブラック・パール号を追う。ジョーンズの攻撃でサオ・フェンは致命傷を負うが死ぬ前に、自らの後継者としてエリザベスを指名する。フライング・ダッチマン号に捕えられたエリザベスとフェンの部下たちだったが、フライング・ダッチマン号には、ベケット卿に派遣されたかつてのエリザベスの婚約者ジェームズ・ノリントン提督(ジャック・ダヴェンポート)が乗っていた。ノリントンのおかげでエリザベスは脱出するが、正常な判断力が失われつつあったビル・ターナーSr.によってノリントンは殺されてしまう。ノリントンが死んだことで心臓を取り返そうとするジョーンズだが、ベケット卿の意を受けたマーサー(デヴィッド;シェフィールド)が心臓を守っており、依然としてフライング・ダッチマン号はベケット卿の統制下であった。一方、ブラック・パール号からベケットに信号を送り続けていたビル・ターナーJr.だったが、ジャックはそれに対して、ジャックの持つ、一番欲しいものを指し示すという方位磁針を渡し、船から突き落とす。ベケットとジョーンズに助けられたビルは、方位磁針によって海賊大会議が開かれるという難破船入江を目指す。
一方、難破船入江では、各地の海賊王たちが集まっていた。中国のミストレス・チン(タカヨ・フィッシャー)、インドのシュリ・スンバジ・アングリア(マーシャル・マネッシュ)、アフリカの紳士ジョカール(ハキム・カエカジーム)、トルコの海賊アーマンド(ガッサン・マスード)、スペインのエドゥアルド・ビラヌエバ(セルジオ・カルデロン)、フランスのシュヴァル船長(マルセル・リュール)。彼らは、口々にカリプソの解放や東インド会社との決戦に向けて自らの主張を怒鳴りあうが、海賊法典の管理人であるキャプテン・ティーグ(キース・リチャーズ)が、戦争あるいは交渉を決定できるのは、大海賊王だけだと、昔の決まりを持ち出すと、大海賊王を選ぶ選挙が始まる。そこで、全員が自らに投票するであろうと予想されていたが、ジャックがエリザベスに投票したことで、エリザベスが大海賊王に選ばれる。エリザベスは開戦を決定し、開戦前の最終交渉(パーレイ)が行われる。
小島でのパーレイで、ウィルを連れてきたベケット卿とジョーンズは、大海賊王に選ばれたエリザベスと交渉が決裂する。エリザベスはジャックとバルボッサを連れてきていたが、ウィルとジャックを交換し、バルボッサはジャックを渡す前に、ジャックから海賊王の証である8レアル銀貨を奪い取っておく。そして、船に戻ると、戦いの前に九つの海賊王の証の力を使い、カリプソの魂が閉じ込められたティア・ダルマからカリプソを解放する…。




左右に船を揺すってひっくり返そうとしてましたけど、あんなんじゃひっくりかえらないような作りになってるはずですよ、船ってのは。簡単に転覆しちゃうじゃん、あれだと。

海賊王たちは全員8レアル銀貨を持っているのかと思ったら…、ラゲッティの義眼って…。

「パーレイか戦争か」ってテレビでは訳されていたが、パーレイってカタカナで訳すとは…。
雰囲気出すために今と綴りの違う英単語出してるだけなんだけど、翻訳の人はテンパっちゃったんだろうな…。古英語って読んだことなければ(古フランス語もそうですが)難しいのか?
音に合わせて、読んでいけば簡単なんだが、そもそもその単語が語彙になければ訳せないんだろうね…。
Parley←Parlayって想像力。


ビル・ナイは、このシリーズ以外では、シャンプー台の向こうに(ロードショーの鬼143)、ラブ・アクチュアリー(ロードショーの鬼132)、アンダー・ワールド(ロードショーの鬼149)なんかを見てます。

キーラ・ナイトレイは、スター・ウォーズのアミダラ王女の侍女、ラブ・アクチュアリーなんかを見てます。

ジョニー・デップは、シザー・ハンズ(ロードショーの鬼297)、シークレット・ウィンドウ(ロードショーの鬼170)、チャーリーとチョコレート工場(ロードショーの鬼141)、レジェンド・オブ・メキシコ(ロードショーの鬼76)、コープス・ブライド(ロードショーの鬼146)の主人公の声です。

トム・ホランダーは抱擁(ロードショーの鬼155)、のユアンです。

オーランド・ブルームは、ロード・オブ・ザ・リング(ロードショーの鬼15)のレゴラス、トロイ(ロードショーの鬼65)のパリス、ブラック・ホーク・ダウン(ロードショーの鬼61)なんかを見てます。


ケヴィン・マクナリーはオペラ座の怪人(ロードショーの鬼221)ではジョゼフ・ビュケ役です。

チョウ・ユン・ファはアンナと王様(ロードショーの鬼190)を見てます。
スポンサーサイト

tag : ジョニー・デップ オーランド・ブルーム

ロードショーの鬼319

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

piratesofthecaribbean2.jpg


Pirates of Caribbean: Dead Man's Chest.

カリブの海賊、死者の宝箱。

前作はこちら(ロードショーの鬼73)


無事にブラック・パール号を取り戻した、海賊ジャック・スパロー船長(ジョニー・デップ)だったが、部下のジョシャミー・ギブズ航海士(ケヴィン・R.マクナリー)、ピンテル(リー・アレンバーグ)、片目のラゲッティ(マッケンジー・クルック)、オウムを肩に乗せたコットン(デヴィッド・ベイリー)らが不審に思うほど、何かに怯えていた。そして、その夜、靴紐のビル、ことビル・ターナーSr.(ステラン・ステルスガルド)が現れ、十三年前のデイヴィー・ジョーンズ(ビル・ナイ)の使者として現れ、彼との契約の履行を迫る。そう、かれはデイヴィー・ジョーンズを恐れていたのだった…。
一方、東インド会社のカトラー・ベケット卿(トム・ホランダー)は、スパローを逃がしたビル・ターナーJr.(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)を逮捕、ターナーにスパローのコンパスを取って来いと命じる。幾多の港を経て、ついにスパローのいるという噂の島にたどりついたビル。ところがそこでは、スパローが食人原住民の族長になっており、族長は神として食べられる運命になっていることが判明、とらえられていたビル達は何とか脱出し、ブラックパール号で島から逃げ出す。ようやくスパローと合流できたビルは、コンパスがほしいなら鍵を探せと言われる。占い師ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)の示唆により、鍵で開けられるものの中には、デイヴィー・ジョーンズの心臓が入っていることがわかった一行は、鍵を求めて、ジョーンズのフライング・ダッチマン(空飛ぶオランダ人)号を探す。一方、エリザベスは父親ウェザビー・スワン総督(ジョナサン・プライス)の助けで牢獄を脱出するが、父親の企みは露見し、結局自力でベケット卿を脅して脱出、スパローたちとの合流を図る。一方、スパローはビルを犠牲にして逃げ出したが、100人分の魂をデイヴィーに捧げることを誓い、海賊の集まるトルトゥーガに赴く。そこで出会ったのはかつてスパローを捕まえた、ジェームズ・ノリントン卿(ジャック・ダヴェンポート)。すっかり落ちぶれた彼は、スパローへの敵意はあるが、彼の船の乗組員となる。そして船員の補充をしたスパローは、エリザベスのビルを思う気持ちを利用して、デイヴィーの心臓の納められた宝箱のある十字架島へと向かう…。





ビル・ナイは、シャンプー台の向こうに(ロードショーの鬼143)、ラブ・アクチュアリー(ロードショーの鬼132)、アンダー・ワールド(ロードショーの鬼149)なんかを見てます。

トム・ホランダーは、抱擁(ロードショーの鬼155)、のユアンです。

tag : ジョニー・デップ オーランド・ブルーム

ロードショーの鬼297

シザーハンズ

edwardscissorhands.jpg


Edward scissorhands.

鋏の手のエドワード。


リボン化粧品の訪問販売員のペグ(ダイアン・ウィースト)は、今日も街の奥さま連中ヘレン(コンチャッタ・フェレル)やジョイス(キャシー・ベイカー)の所を廻っていたが、今日も一セットも売れない。バックミラーを動かし、ふと目に入った街のはずれの山にある屋敷を訪問してみることに。動物の形にきれいに刈り込まれた樹木を見た後、ペグが出会ったのは、手が鋏状になった男エドワード(ジョニー・デップ)であった。エドワードは、孤独な発明家(ヴィンセント・プライス)に製造されて、その発明家の死後は、一人でこの屋敷に住んでいたのだ。彼女は、自分の家にエドワードを連れて帰ると、夫のビル(アラン・アーキン)と息子のケヴィン(ロバート・オリヴェリ)に紹介。あまり動じた様子のない夫のビルは、泰然と構えていた。ある日、庭の芝に水をやっていると、エドワードが庭の木を恐竜の形に刈り込んだ。また、ペグが連れてきた謎の若い男に、いつも若い男を誘惑しているジョイス(キャシー・ベイカー)などの街の奥さま連中は、大興奮。ただ、信心深い女エズメラルダ(オーラン・ジョーンズ)だけは、エドワードを悪魔の使いと、警戒を呼び掛けていた。バーベキューパーティーを開いて、みんなに紹介しろと、ペグに迫る。バーベキューパーティで次第に町の人に受け入れられたエドワードは、各家庭の庭木の刈り込みを頼まれ、素晴らしい想像力を発揮して独創的な庭木を作る。また、ペットの犬の毛のトリミングをやり、それも大評判。そして、最後には人間の髪の毛のカットをやり、これも、その独創的なヘアスタイルを作り出すことから、引きもきらせず人が押し掛けていた。そんなある日、ペグの娘のキム(ウィノナ・ライダー)が旅行から帰ってくる。自分の部屋が使われていたことで大騒ぎしたキムだったが、不承不承納得。一方、エドワードは次第にキムに惹かれていく。ところが、キムの恋人ジム(アンソニー・マイケル・ホール)は、自分の父親から金を盗もうとして、エドワードがハサミを使って鍵をはずす技術を持っているのを知り、キムに頼んでエドワードに鍵を開けてもらうことに。ところが、鍵をはずしたものの、ジムが考えていたより警報装置は複雑で、エドワードだけが取り残され、残りのキム達はエドワードを置いて逃走。エドワードだけが逮捕されることに。キムは、エドワードが自分に好意を抱いていることをしって、次第にエドワードに惹かれ始める。ところが、この強盗未遂のために、周囲のエドワードを見る目は、人気者から危険人物へと変わり始めていた…。


ティム・バートンの映画は、いつも、途中で見続けるのがつらくなります。
じっさい、エド・ウッドは放棄したし。

この映画もかなりつらかったです。

ウィノナ・ライダーは、標準以上の美貌をもつとは思いますが、いいなあ~と思ったシーンは少なかったです。



キャシー・ベイカーは、コールド・マウンテン(ロードショーの鬼101)のスワンガー婦人。

アラン・アーキンは、暗くなるまで待って(ロードショーの鬼231)のロート。

tag : ジョニー・デップ ティム・バートン監督

ロードショーの鬼170

シークレット・ウインドウ

secretwindow.jpg


秘密の窓。


スティーヴン・キングの中篇『秘密の窓・秘密の庭』が原作らしい。

プロットだけを聞くと、ミザリーみたいと思ったのも当然か。
監督・脚本のデイヴィッド=コープは、脚本家として有名で、ジュラシック=パーク1,2とかスパイダーマン、トイ・ソルジャーなんかを書いてるのか…。

小説家モートン=レイニー(ジョニー・デップ)は、妻エイミー(マリア=ベロ)の浮気現場に踏み込んで以来、離婚調停中。半年前から別居して、湖畔のコテージで執筆活動中だが、中々筆が進まない。偶に来てもらう家政婦がお気に入りのクッションの位置を変えるのすらイライラしてしまう。
ある日、モートンの元に、「俺の小説を剽窃したな!」と乗り込んでくる男ジョン=シューター(ジョン=タトゥーロ)が、俺の小説を読んでみろと彼の書いた小説を置いていく。




いや~、出版された小説の奥付見れば一発ジャン!とかず~っと思ってたんですが…。
日本だと雑誌からの採録には、初出が必ず載ってますよね?
そこがず~っと引っ掛かっててなかなか入り込めませんでした。

ジョニー=デップいい男ですよね。服が破れててもそれを着続けてるくらい実生活ではズボラだけど、ソファーのクッションの位置にはこだわる神経質な感じ。

嫁さんは特に美人でもないですが、それなりに見やすい映画でした。
あまり上手い作りとは言えませんが。

あらすじを詳しく書いてしまうと全く楽しめないのでこれくらい。





保安官はエンディングで気付いているような素振りを示すが、何が根拠なんだろう?
というか、死体を捨てる時に時計を伏線にしているような素振りだったが、その伏線は解消しないんだ!
元嫁さんは、心配して何度も電話かけてきているのか、ただ単に離婚調停を早く終わらせたいのか?死んだ子供の話や構ってくれなかった云々とか言ってたからまだ揺れているのかと思いきや、そうでもないのかもしれない…。
謎。


デップは、ラ=ノベナ=プエルタ(第九の扉)の時みたいでした。

tag : ジョニー・デップ

ロードショーの鬼146

コープス・ブライド


Corpsebride.jpg


Tim Burton's Corpse Bride.


ティム=バートンの死体の花嫁。


エド=ウッド以来見続けるのが苦痛だった映画ですな。(エド=ウッドは早送りしちゃったし…。)

いつものように、ヘレナ=ボーナム=カーター、ジョニー・デップ、クリストファー=リーなんかが出てきます。(声でだけど。)

一応最後まで見ました。
ヴィクターの行動原理がいまいちよくわかりづらい…。
バーキスは詐欺師のくせに、金を持っている家と没落貴族の区別もつかないあたり三流の結婚詐欺師か…。


人形が全然可愛くないので基本的に評価できません。
ハッピーエンドへの道筋が見えにくいのも良くない。


そうそう、Mizukiの家で聞かされたラブゾンビを思い出したよ。

tag : ジョニー・デップ ティム・バートン監督

ロードショーの鬼141

チャーリーとチョコレート工場。

charlie



Charlie and the chocolate factory.

ティム=バートン監督、ジョニー・デップ主演。

デップの吹き替えの人の演技がひどくて死にそうになった。
ふ~ん、デスノートの夜神月の人なんだ…。別にあれ見てた時は駄目だとは思わなかったが…。

なぜかおかまチックに演技してて、違和感ありまくり。「人を食ったような、子供じみた人」という風にウィリー=ウォンカを私が捉えてしまっていたのと、そもそもIKKOみたいなしゃべり方が大嫌い(そもそもおかまが嫌いなだけじゃなくて、IKKOの日本語ってイントネーションがおかしいよね日本語として。誰も指摘しないのかな周りの人。)なのがあいまって、嫌悪感を感じてしまったんでしょう。

おかまっぽいしゃべり方でも、フィフス・エレメントのクリス・タッカーの声を当てたような感じとかなら違和感はなかったし、多分石田彰だったらもっと怪演してくれたと思うよ。


話自体は教訓じみたもので、やっぱり家族は大事!って事を前面に押し出したお伽噺型?
悪ガキ達は懲らしめられ元に戻れない子もいました。
映像は綺麗で、工場の中はまさに夢の世界。
色々な発明品もオリジナリティーがあるし、ところどころぞっとするような場面もありました。
後、この映画見るとアメリカの御菓子は食べたくなくなるよね。


ウンパ・ルンパの皮肉を込めた歌が色んなバンドのパロディーになってましたね。
リスの子供の時は、ビーチボーイズっぽいし、テレビの子供の時は、ハードロック調でジミヘンぽくなって、ビートルズ調かと思いきや、クイーンになったり。


チャーリーのお母さん役ヘレン=ボーナム=カーターは、猿の惑星(ロードショーの鬼81)参照のあの猿の側のヒロインか。特殊メイクで元の顔は全然想像できんかったなあの時は。今見たら、大竹しのぶっぽい。
お父さん役ノア・テイラーは、今井朋彦と保阪尚希を足して二で割ったような顔。

20051002-papamama.jpg

金持ちのわがまま娘の父親役ジェームズ=フォックスは、「恋するための三つのルール」にでてたらしい…。
吸血鬼役で有名なクリストファー=リーは、ウォンカの父親役。


ま、でもかわいい女性も出てないし二度と見ないな。

tag : ジョニー・デップ ティム・バートン監督

ロードショーの鬼76

さて、今日はレジェンド=オブ=メキシコ;デスペラード。

legend.jpg


Once upon a time in Mexico.


いや~、研究室一のバンデラスファンを自称する私としては、見なきゃ駄目でしょう。(いや、某焼き肉の時に某女性がファンではなかったか説が出てきたので負けてられないわけですよ。←基本負けず嫌い。)


いや、そのことに何のステータスもありませんが。


さて、話は、回想シーンがポコポコ挟まっていて分かり辛い。
しかも、前作と出てくる俳優が被ってはいるが、ストーリー的には繋がっていないっぽい。
いや、こんがらがるね~。

ダニー=トレホ、今回も出てきたよ。
前回の投げナイフ使いも、間抜けな死に方したけど、今回も裏切りに失敗して死ぬし。

前作の結末では、ブッチョに女殺されたんじゃなかったっけ?
マリアッチ(楽団)も全滅したはずなのに、違うやつが登場。

しかし、バンデラス、やたらと、女を宿敵に殺されますよね。
そしてそれを引きずって生きている男を演じさせられる。

とても、エヴィータの時に、「マドンナに散々口説かれたけど、英語が分かんないんで聞き流していたよ!惜しいことしたね(笑)。」とか言っていた男とは思えない。


まあ、銃撃戦のシーンは前回同様。
跳弾とか、銃の反動とか無視して、片手で撃ちまくる。
当ったら人が吹っ飛んでくのも同様。(打つほうの衝撃はすごいと思うんだけど…。)



歌のシーンは前作より少なかったかな。
前作のトカ~ルラギターラ(ギターを弾く)♪見たいに歌ってるのも、ベッドの上で、指板を押さえられらなくなった彼の代わりにおさえ方をバンデラスが教えながら彼女と二人で弾いてる時に歌った歌も結構好きでしたけどね~。
今回は、あの、スペイン風「主よ、人の望みの喜びを」?とかがよかったです。マラゲーニャ(マラガの女)?まあ、あれは…。



ジョニー・デップはな~。
別にジョニー・デップである必要はなかったよ。
最後眼を刳り貫かれたんだが、テレビ放送だけに暈かしてありました。(眼帯をつけた片目男のもそうだったけど。)


さて、この映画を見た感想は~

1.メキシコは風が強い。
2.メキシコは治安が悪い。
3.メキシコは恋人が殺される。
4.メキシコは裏切りが多い。

さてどれでしょう。

tag : アントニオ・バンデラス ジョニー・デップ

ロードショーの鬼73

はいはい。

この間は、パイレーツ・オブ・カリビアン;呪われた海賊達。

pirates.jpg


Pirates of Caribbean; The Curse of the Black Pearl.

カリブの海賊、黒真珠号の呪い。

う~ん。キーラ=ナイトレイ美人だな。

あのイ○リス海軍の軍服を着て男装した時の後ろから写したショット。あの穴のあたりが溜まらん。(←すごく特殊な嗜好ですね。)

いや、眉毛が太いのも良かったけど。


え~っと、カットされた部分が多いらしいので、機会があればDVDでも見てみようと思います。


しかし、あの呪い便利ですよね。だって金貨はもう全部揃ってる(物語の終了時点で)わけだから、襲撃する時だけあの呪いにかかって、償いの血は数滴で良いんだから、ちょっとだけ指を切って垂らせば解除されるんでしょ。

え、話の筋?
それはどうでもいいよ。後、オーランド=ブルームとジョニー・デップの決闘シーンは見応えがあったと思いました。

tag : ジョニー・デップ オーランド・ブルーム

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。