スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼330

女帝キャサリン


catherinethegreat.jpg


Catherin The Great.


キャサリン大帝。女帝エカチェリーナ二世。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズがエカチェリーナ二世を演じています。


ポンメルンのシュティッティン出身のゾフィー・アウグスタ・フレデリーケ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、ロシアの女帝エリザヴェータ(ジャンヌ・モロー)の甥ピョートル(ハンス・ジャニック)と結婚させられ、名前もエカチェリーナとロシア風に、宗教もルター派からロシア正教に改宗させられた。しかし、夫、ピョートルは性的不能で、後継者問題になるとみられたため、ボロンツォフ伯(イアン・リチャードソン)の入れ知恵で、彼女には、セルゲイ・ヴァシリエビッチ・サルトコフ(クレイグ・マクラクラン)があてがわれる。一方、夫ピョートルには、ヴォロンツォフ伯の姪ヴォロンツォバ(ヴェロニカ・フェール)と呼ばれる豊満な美女が付きまとい始める。セルゲイとの間の子をエカチェリーナが妊娠すると、一度もベッドを共にしたことのない状態では、妊娠はまずいと、エリザヴェータ達はピョートルに手術を受けさせ、無事に息子パヴェルが生まれる。その功績により、ボロンツォフ伯は、副宰相になる。また、プロイセンのフリートリヒ二世を危険視する宰相アレクセイ・ペトローヴィッチ・ヴェストゥージェフ・リューミン伯(ブライアン・ブレスト)は、女帝エリザヴェータの閨房に送り込んだ、「ロシアの夜の皇帝」ことアレクセイ・グリコリエヴィッチ・ラズモフスキー伯(オマール・シャリフ)を使って、反プロイセン運動を展開するが、効果は上がっていなかった。
エカチェリーナは、宰相らを牽制しようとするが、彼に、セルゲイは、女帝の差し金であてがわれたことなどを知ると、動揺する。一方、女帝が倒れた場合、プロイセン贔屓のピョートルは、プロイセンのフリードリヒ二世と講和すると考えた、ヴェストゥージェフは、女帝が存命のうちにプロイセンを屈服させねばならないと考えていた。そこで、攻撃命令を待つアプラクシン将軍に、エカチェリーナの署名付きの攻撃命令書を与えて、七年戦争でのプロイセンの敗北を決定づけようとし、エカチェリーナと手を組もうとする。この動きは、ヴォロンツォフ伯に察知され、ベストゥージェフ伯は失脚。エカチェリーナも、謹慎することに。とはいえ、エリザヴェータ女帝は、アプラクシンに攻撃命令を下し、プロイセン軍の副将シュヴェリン伯を捕える。シュヴェリン伯をサンクト・ペテルブルグまで連行する役割を負ったのは、グレゴリー・オルロフ大尉(マーク・マクガン)だった。エカチェリーナは、ペテルブルクまでやってきたオルロフを、クーデタに利用するために誘惑し、軍を掌握する。そんな中、女帝エリザヴェータが危篤に陥り、オルロフの子を身籠って動けないエカチェリーナは、ピョートルがピョートル三世として即位するのを指をくわえてみているしかなかった。ピョートルは、フリードリヒ二世の信奉者であり、ベルリンを陥落寸前の軍隊に撤退命令を出し、プロイセンと講和。シュヴェーリン伯を親衛隊長に任じるほどだった。ルター派に近いピョートルは、ロシア正教の教会の財産を没収するなどし、宗教界からの反発も受けていた。一方、極秘にオルロフの子を産み落とすと、オルロフの有人パセクが捕まったのをきっかけに、ピョートルを拘束、大司教(メル・ファーラー)らの支持を得て、女帝に就任。ベストゥージェフを政界に復帰させる。その後、農奴解放などの理想を掲げるが、イワン六世の暗殺やプガチョフ(ジョン・リス・デイヴィス)と狂信的な修道僧(ティム・マッキナリー)の乱などの事件で最愛の愛人ポチョムキン(ポール・マクガン)と対立してしまう…。







キャサリン・ゼタ・ジョーンズが、伊藤かずえに見えてしょうがなかったです。
伊藤かずえ、って俺にとっては、永遠のヒロインですな…。

ただ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの生声は、全然だめです。
下着姿はエロかったですけど。
ホーンティング(ロードショーの鬼203)、ターミナル(ロードショーの鬼271)、オーシャンズ12(ロードショーの鬼118)、レジェンド・オブ・ゾロ(ロードショーの鬼247)の四作を見てます。

外人の顔は区別がつか~ん!と思っていたら、ポール、マーク、スティーヴンのマクガン兄弟だと。



ラズモフスキー役のオマール・シャリフと言えば、13ウォーリアー(ロードショーの鬼90)ですね。アラビアのロレンスのアリです。

大司教役のメル・ファーラーは緑の館(ロードショーの鬼232)、暗くなるまで待って(ロードショーの鬼231)、の監督やプロデュースをやっています。

プガチョフ役の、ジョン・リス・デーヴィスは、ロード・オブ・ザ・リングズ・シリーズ(ロードショーの鬼15ロードショーの鬼16)のギムリ、メダリオン(ロードショーの鬼18)のインターポールの指揮官、ハンマーストック・スミスですね。インディー・ジョーンズ(ロードショーの鬼244)のサラーです。





ベストゥージェフ役のブライアン・ブレストは、アレクサンダー(ロードショーの鬼36)で、レスリングのトレーナーだったそうな。
…。

というか、フラッシュ・ゴードンの鷹人間ヴァルタン!
スポンサーサイト

tag : キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

ロードショーの鬼271

ターミナル。


terminal.jpg


The Terminal.



トム・ハンクス老けたな。



ヴィクトル・ナボルスキー(トム・ハンクス)はクラコジア人。NYのとある場所に行くためにJFK国際空港にやってきた。ところが、入国直前に、母国でクーデターが起こり、パスポートが無効になってしまった。空港の管理官ディクストン(スタンリー・トゥッチ)は、彼を空港のターミナルに入る権利は与えたが、入国の許可は与えなかった。すぐに片付くはずのこの問題は、内戦がなかなか終結せず、なぼルスキーが空港の外に出ようともしないので、宙ぶらりんのまま。収入も仕事もないナボルスキーは、空腹に耐えかねて空港を出ていくはずだったが、空港職員のグプタ(クマール・パラーナ)や、空港の荷物係ジョー・マルロイ(チー・マクブライド)・空港の飲食店の店員エンリケ・クルズ(ディエゴ・ルナ)らと仲良くなったり、左官職人の腕を生かして、日雇いの労働者として雇われたりする。そして次第に、空港を行き来するアメリア・ウォーレン(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)と仲良くなって行く。果たしてナボルスキーはアメリカに入れるのか、そして彼の目的とは!




男は言い訳をしません。

余計な言い訳は必要ありません。


グプタのシーンと、アメリアのシーンは印象的でした。





…。キャサリン・ダブルゼータ・ジョーンズとか出てこないかな。

キャサリン・ニュー・ジョーンズでもいいが。


彼女の役割がよくわかりません。





Jazz好きではないので特には感動しませんでしたよ。





スタンリー・トゥッチは、「あなたに降る夢」(ロードショーの鬼251)の金をせびりに来る夫ですな。

ディエゴ・ルナは、「天国の口、終わりの楽園」(ロードショーの鬼92)のテノッチとして出てきます。

チー・マクブライドは、60セカンズ(ロードショーの鬼57)や、キッド(ロードショーの鬼222)なんかに。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズは、…、ゾロ、レジェンド・オブ・ゾロ(ロードショーの鬼247)、ホーンティング(ロードショーの鬼203)なんかに出てきました。そしていつも忘れる、オーシャンズ12(ロードショーの鬼118

エンリケが惚れる空港の職員ドロレス・トーレスことゾエ・サルダナは、パイレーツ・オブ・カリビアン(ロードショーの鬼73)のアナマリア。

tag : トム・ハンクス キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

ロードショーの鬼247

レジェンド・オブ・ゾロ

thelegendofzorro.jpg


The Legend of Zorro.


怪傑キツネ仮面の伝説!ってなもんですかね。(ソロはスペイン語で狐の意)


アントニオ・バンデラスの割れた顎が大好きなaguila氏が公開当初見に行くよ~ん、とアウグスタ嬢とかに公言していた映画です。もちろん見に行きませんでしたが。(aguila「アウグスタさんとかどうせモナリザ・スマイルとか見に行くんでしょう?」←明らかに棘を含んだ言い方。
アウグスタ「うん。先週見に行ったよ。」←何ら屈託のない返事。)

閑話休題。

アメリカ合衆国への加盟を控えた1850年代のカリフォルニア。人々は加盟の可否に関する住民投票を行っていた。ならず者ジェイコブ=マクギヴンズ(ニック・チンランド)は、配下の悪党を使って投票の結果を否決に持ち込もうと、投票所を襲撃したり、投票箱を持ち去り結果を改竄しようとしていた。カリフォルニアの人々を守ってきたゾロ、ことドン・アレハンドロ・ムリエタ・デ・ラ・ヴェガ(アントニオ・バンデラス)は、アメリカへの加盟を良いことだと信じ、仮面の正義の味方ゾロとしてマクギヴンズ達の行動を阻止しようとする。しかし、仮面を剝されたアレハンドロは、アメリカの為に働くピンカートン探偵社の探偵たちに顔を見られてしまう…。
アレハンドロの妻であり初代ゾロの娘エレーナ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、アメリカに加盟しさえすれば、平和になり、夫がゾロとしての活動を止め、家族と過ごす時間が増えると考えていたが、もう少しゾロとしての活動が必要だと考えるアレハンドロと大ゲンカ。翌日十歳になる二人の間の息子ホアキン(アドリアン・アロンソ)を学校に連れて行った後、エレーナは、ゾロの正体を知った二人の探偵からの接触を受ける。数日後、アレハンドロはエレーナからの離婚通知書を受け取る…。
三ヶ月後、ホテル暮らしのアレハンドロは、彼の養育者であり、友人のフェリペ神父(フリオ・オスカル・メチョーソ)から新しくカリフォルニアにやってきたフランスの伯爵アルマン(ルーファス・シーウェル)のワイナリーでのパーティへの出席を勧められる。そのパーティで出会ったアルマンの恋人役とは別れた妻エレーナだった。アルマンの恋人役としてふるまうエレーナは、何らかの事情があるのだが、アレハンドロは嫉妬に狂いエレーナを罵る。しかし、その晩、アレハンドロはアルマンの裏の顔の一部を知ることに。一方、エレーナも探偵たちの依頼を受けてアルマンの本当の正体を探っていた…。パーティーに出席していた南軍のボールガール大佐(レオ・バーメスター)や、ワイナリーを利用したアルマンの真の狙いは…


離婚の書類がスペイン語でなくて英語で書いてあってびっくり。
というか、秘密結社の暗号も英語じゃなかったですか?
フランス語だろそこは普通に…。

っていうかアラゴン騎士団て何。ラテン語の秘密結社名もな~。

ピンカートン探偵社って有名な組織だったんですね…。大統領候補リンカーンの暗殺を阻止したことで名をあげ、最盛期には合衆国の常備軍の総兵力よりも多くの探偵を雇っていたそうな…。(南軍と北軍に別れた時期じゃなかろうな?)


CSA(Confederate States of America、アメリカ連合国、アメリカ連邦、南部連邦、南部連盟)の結成は1861年ですのでちょっと早いかな…。

1820年、ミズーリ協定(ミズーリ準州の合衆国への加盟を巡って、1819年メーン州がマサーチューセッツ州から分離して自由州として加盟する代わりに、以後ルイジアナ購入地の36°30′N以北での奴隷州の存在を禁じた。当時自由州と奴隷州の選出の上院議員の数が拮抗(州の数が同じため)しており、自由州選出の議員でも奴隷州に味方することがあったため奴隷州の方がやや優勢だったが)しており、奴隷州と自由州との勢力の均衡を図るために結ばれた南北の妥協。
1846年~48年、米墨戦争(テキサス併合を巡る墨西哥(メキシコ)とアメリカとの戦争。)
1848年、ガダルペイダルゴ条約
1853年、ガズデン地方購入
1854年、カンザス・ネブラスカ法(カンザス・ネブラスカ両準州に住民投票での奴隷制の可否を決せさせるもので、36°30′Nで奴隷州か自由州かを分けるというミズーリ協定の破棄)
1861年、C.S.A.結成。南北戦争開始。
1862年、ホームステッド法(五年間定住して農業をおこなった者には160エーカーの土地を無償払い下げる法律。西部開拓者の指示を得るためリンカーンが制定。)
1869年、大陸横断鉄道完成(ユニオンパシフィック)


エレーナとアレハンドロの口では罵り合っていても、激しくキスをする二人の関係が結構好きです。

ルーファス・シーウェルと言えば、ハイ・アドミラル絶賛のアダマー伯(ロック・ユー(ロードショーの鬼30)に出て来た敵役)。今回も伯爵で敵役です。相変わらず嫌味な敵役を演じさせたらぴか一です。伯爵俳優?

マクギヴンことニック・チンランドはビロウ(ロードショーの鬼230)のチーフ。トレイニング・デイ(ロードショーの鬼177)にはティムと言う役で出ていたそうな。


フェリペ神父ことフリオ・オスカル・メチョーソは、レジェンドオブメキシコ(ロードショーの鬼76)に大統領の顧問官として、ジュラシックパーク3(ロードショーの鬼12)にはエンリケ・カルドーソ役で出ていました。

ライリー知事ことはペドロ・アルメンダーリスは、やはりレジェンドオブメキシコの大統領でした。

ヒロイン、キャサリン・ゼタ・ジョーンズの映画は、ゾロとホーンティング(ロードショーの鬼203)しか見たことが無いんですね…。いや、今ホーンティングに関するエントリーを見たら、オーシャンズ12(ロードショーの鬼118)に出てたのを思い出した。

tag : アントニオ・バンデラス キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

ロードショーの鬼203

The Haunting.

haunting.jpg


ホーンティング。


エレノア・“ネル”・ヴァンス(リリ・テイラー)は、介護していた母親が死んでしまい、親族と財産分与で揉めていた。子供の世話をする代わりに、住んでいた部屋を解約して、彼女はその親族が引き取る云々という話にうんざりしていたし、家賃も滞納気味だったので、不眠症(インソムニア)の患者に対する実験の被験者募集の広告をみてその報酬に釣られて応募してみる。

実験の場所となる大邸宅ヒル・ハウスには、実験をするマロウ博士(リーアム・ニーソン)はまだ来ていなかったが、管理人に警告・注意を受け、他の被験者テオ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)やルーク(オーウェン・ウィルソン)らと会った後、部屋の探検などをする。

被験者には知らせていなかったが、マロウ博士の真の目的は、恐怖に対する耐性を見ることだったので、この屋敷を建てたユーグ・クレインの伝説とその狂気を語り始める。
しかし、この館の秘密はそれだけではなかった。不可解な現象と、エレノアの母の形見がこの屋敷の真実を暴いていく時、館に宿るクレインの霊が牙を剥く!


心霊現象と現実がこんがらがってて見難い映画でしたよ。本当に起きた現象なのか、幻視なのかわかりづらい。


主演のリリ・テイラーが某女性に似ていると思って、そればっかり気になって話に集中できませんでしたが…。その上に、深夜にやってたんで眠たくて眠たくて、気づくとシーンが飛んでるし…。
ま、ホラーだからいっか。

本来なら、シャーリー・ジャクソン原作のこの作品は、スピルバーグとスチーヴン・キングのコンビが手掛けるはずだったそうですが、二人の意見が合わなかったそうです。

監督のヤン・デ・ボンは、スピード、スピード2、トゥームレイダー2、ツイスターなんかを監督し、また、プライベート・レッスン、ダイ・ハード、ブラック・レイン、レッド・オクトーバーなんかを撮影したそうな。



キャサリン・ゼタ・ジョーンズが奇麗です。彼女の出てる映画ってもっと見てるかと思ってたんですが、意外と、ゾロとオーシャンズ12(ロードショーの鬼118)ぐらいしか見てないんだな…。

オーウェン・ウィルソンって、アイ・スパイのエディー・マーフィーの相棒役ジャンと思ったが、良く調べてみるとシャンハイ・ヌーン(ロードショーの鬼4)、シャンハイ・ナイト(ロードショーの鬼63)のロイ・オバノン、アーマゲドン(ロードショーの鬼103)のカウボーイ気どりオスカー・チョイ、80デイズ(ロードショーの鬼23)にはライト兄弟(ウィルバー)として出演…。う~ん、ロイ・オバノンを見て、アイ・スパイのジャンだとは気付かなかったな…。

心理学者マーロウ博士はリーアム・ニーソン。ラブ・アクチュアリー(ロードショーの鬼132)では、直近に妻を亡くし、気力を無くしているが、妻の連れ子サムと心を通い合わせ、サムの恋の成就に力を貸すダニエルを演じてました。

tag : オーウェン・ウィルソン キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

ロードショーの鬼118

オーシャンズ12。

oceans12


Ocean's 12.

オーシャンと12人の愉快な仲間たち。

これもいつ録画したかは覚えてませんがかなり前かな。

いや~前作見てないんで、メインキャスト以外、全然わかんないや。
しかも前作にはあったんだろうけど、誰が何のスペシャリストなのか紹介するシーンが無いので、皆目見当つきません。


とは言え、スピード感のある面白い映画でしたよ。

ただ、あのジュリア・ロバーツ演じるテスが、ジュリア・ロバーツのふりをする下り。思わず反則だ!と叫びそうになりました。いや、ブルース・ウィリスみたいに、ブルース・ウィリスとして出てきて、本物役やるのはいいんだよ。別の人として現われて、本物の自分を演じるって…。

マット・デイモンの母親は、あれは、変装して現れたんだよね…。ルパン三世的。

そして、あのフランス人の怪盗。まさに怪盗だよね、あれだけ神出鬼没だと。こっちもルパンぽい。


キャサリン・ゼタ・ジョーンズジュリア・ロバーツも良い女です。
ゆえに、いい映画。

tag : ジュリア・ロバーツ ブラッド・ピット マット・デイモン ブルース・ウィリス キャサリン・ゼタ・ジョーンズ スコット・カーン

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。