スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードショーの鬼354

トゥルー・ライズ


truelies.jpg


本当の嘘。


ハリー・タスカー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、合衆国のスパイ。相棒の、アルバート・ギブソン(トム・アーノルド)、ファイザル(グラント・ヘスロー)らとともに、スイスの別荘で行われているテロリストたち及び彼らへ武器を密輸する武器商人のパーティーに潜入。魅力的な古美術商ジュノ・スキナー(ティア・カレル)らとタンゴを踊ったりしながらも核弾頭とその売却の資金の流れをつかむ。本国に帰り、上司スペンサー・トリルビー(チャールトン・ヘストン)に報告をするも、事態の全容はつかめていなかった。そこで、資金の流れている先であるジュノを調べるため、ジュノの事務所を訪れる。ジュノはやはりテロリストとつながりがあり、ジュノのアトリエにいたテロ集団赤いジハードを率いるサリム・アブ・アジズ(アート・マリク)は、ハリーを警戒・襲撃することに。ハリーは、普通のサラリーマンのふりをして、妻ヘレン(ジェイミー・リー・カーティス)や、娘ダナ(エリザ・デュシュカ)と暮らしていた。へ連との約束を棒にふりながら、アジズの襲撃をかわし、アジズを取り逃がすものの、彼の二人の部下を倒し、彼の手がかりをつかむ。翌日、ヘレンに昨日のことを償うために、食事に誘おうと彼女の仕事場まで行くがそこで、謎の男サイモン(ビル・パクストン)という男からの電話に浮足だつ妻の姿に出くわすことになり、浮気を疑ったハリーは逃げ出すようにその場を立ち去る。その男サイモンは、スパイのふりをして、退屈な日常に飽きたヘレンを危険な香りでだまそうとするジゴロだったのだが、彼女の浮気を疑ったハリーは、組織の力を使って真相を突き止めようとする。そして、二人の密会の場所に乗り込み、サイモンを懲らしめ、彼女に脅しをかけ、退屈しないように偽の指令を与えて、彼女を驚かせようとするが、真相を明かす寸前に、アジズ達に襲撃されたハリーとヘレンは…。



シュワルツェネッガーの映画です。
深夜に見ていたので寝落ちしました。

ま、この映画見るの三回目くらいなんだけどね。

シュワルツェネッガーが007をやったら?という感じの映画です。
ハリアーがホバリングしてるシーンとか、スパイなのに戦闘機の訓練受けてるあたり、何でもこなすスーパーマンですよね。


グラント・ヘスロウは、ダンテズ・ピーク(ロードショーの鬼338)で技師グレッグ、エネミー・オブ・ステイツ(ロードショーの鬼344)のレニー役、スコーピオン・キング(ロードショーの鬼19)に馬泥棒アーピッド役出てます。

ジェイミー・リー・カーティスは、大逆転(ロードショーの鬼208)、マイ・ガール(ロードショーの鬼84)に出てます。
映画の紹介では、ホラー映画に出ることが多くてこの映画からコメディに挑戦、絶叫が有名で絶叫女王と呼ばれていたとのことだったが、大逆転は十分コメディだったような…。

17/09/2009追記

トム・アーノルドは、ブラック・ダイヤモンド(ロードショーの鬼144)のアーチー役。
スポンサーサイト

tag : アーノルド・シュワルツェネッガー

ロードショーの鬼267

キンダガートン・コップ

kindergartencop.jpg

幼稚園デカ。

キンダーガートンって伸ばしたいですよね。

ジュニアを撮ったアイヴァン・ライトマン監督の作品です。

いや~これも普通に面白いです。

シュワルツェネッガー、普通に演技上手いよな~と思ったが、実は、声優の玄田さんの所為かも知れない。彼以外の声のシュワルツェネッガーには違和感を感じると思う。(たとえ本人の声でも)ジャッキーと石丸さんみたいな関係だと思う。



少々荒っぽい刑事ジョン・キンブル(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、麻薬組織のボス、カレン=クリスプ(リチャード=タイソン)をずっと追っていた。一方、クリスプは、別れた妻レイチェルが連れていった息子カレン=クリスプ=ジュニアをずっと探していた。クリスプは、レイチェルが大金を持ち逃げしたとデマを流し、町のチンピラから情報を集めた。ダニー(トム・カーランダー)は、運送業の仕事の最中に、レイチェルを見かけ、その情報と見返りにクリスプから大金をせしめようとしたが、クリスプに始末される。ダニーのガールフレンド、シンディ(アリクス・コロムゼイ)は、物陰に隠れてそれを見ていたために、キンブルに、証人として証言することを強要される。クリスプの母親エレノア・クリスプ(キャロル・ベイカー)といる彼を拘束した警察だが、決定的な証拠がつかめない。そこで、居場所を特定できない彼の元情婦であるレイチェルを探すことに。そして彼女の息子(そしてクリスプの息子)がいるはずの幼稚園に潜入捜査し、姿をくらませているレイチェルを見つけ出す計画が立てられ、元教師であるフォエベ=オ’ハラ(パメラ・リード)がその役目を果たすはずだったが、なんと、直前に低血糖症で入院。代わりに、教師経験のないキンブルが、幼稚園の先生として潜入することに!初日から、校長のミス・シュロスキー(リンダ・ハント)には疑いの目を向けられ、エマ(サラ・ローズ・カー)や、ドミニク・パルミエリ(クリスティアン・アンド・ジョセフ・カズンズ)などにひっかきまわされる。隣のクラスの担任でドミニクの母親ジョイス・パルミエリ(ぺネロぺ・アン・ミラー)らに助けられながら、なんとか教師を続けていくキンブル。火災訓練や、文化祭でのリンカーンの演説、虐待を受けている子供の親との対決など教師として能力を発揮していくキンブル。さらに、ドミニクの母親ジョイスとも惹かれあっていくキンブル。しかし、果たしてクリスプの息子はだれなのか、シンディが殺され拘束を解かれたクリスプはどうするのか、そして、レイチェルはだれなのか…!










この映画でもシュワルツェネッガーはオーストリア移民出身ということで、英語のぎこちなさをごまかしてるのかな?(前述の通り玄田さんの演技で我々にはわからないわけですが)


パメラ・リードは、ジュニア(ロードショーの鬼264)にも出てきてましたよね。

ぺネロぺ・アン・ミラーは、シャドウ(ロードショーの鬼173)のヒロイン。

15/09/2009追記

ペネロペ・アン・ミラーは、「レナードの朝」(ロードショーの鬼14)でレナードが惚れる別の患者の娘ポーラだし、「スパイダー」(ロードショーの鬼69)の上院議員の奥さん役。




キャロル・ベイカーって若い頃はすごい美人だな~っとおもっていたら、大いなる西部(ロードショーの鬼147)のパトリシアお嬢様か!

若い頃のキャロル・ベイカー


今となっては見る影もないですが。


カレン・クリスプことリチャード・タイソンは、ブラック・ホーク・ダウン(ロードショーの鬼61)に出てたそうな。

この映画、エマがかわいいですよ。


tag : アーノルド・シュワルツェネッガー

ロードショーの鬼264

ジュニア。


junior.jpg


Junior.


オーストリア出身の産婦人科学者アレックス・ヘス(アーノルド・シュワルツェネッガー)と産婦人科医ラリー・アルボガスト(ダニー・デヴィート)は画期的な新薬を作りつつあった。免疫機構を緩和し、免疫機能の不全で母胎が胎児を異物として排除し流産するリスクを減らすエクスペクテインと呼ばれる薬だった。ところが、人体に投与する実験は倫理委員会に拒否され、研究室は閉鎖、資金は打ち切りという結果に。そこで、アルボガストはオーストリアに帰ろうとするヘスを説得し、男性の体に胎児を入れ、免疫機構の緩和の実験をしようとした。適当な卵子がないため、ヘスたちのラボの次の所有者となり新しく大学に赴任してきた冷凍卵子研究の専門家、ダイアナ・レディン(エマ・トンプソン)の保存している卵子を盗み出す。学部長ノア・バーンズ(フランク・ランジェラ)にばれないように、データだけ得られたらスグに子供は堕胎する予定だったが、なぜか母性に目覚めたヘスは、産むまで実験をやめないと言い出す。一方、アルボガストの元妻アンジェラは、子供ができないため離婚していたのだが、アルボガストと離婚後ゆきずりの男との子供を妊娠してしまう。そう、夫婦の不妊アルボガストの方に問題があったのだ。エアロスミスのバンドのメンバーだと思い込んだアルボガストのイライラと、レディン博士に惚れてしまったヘス…。最後は大団円です。


よく、映画オタどもには、シュワルツェネッガーの映画とジャッキーの映画はちゃんと全部見ろ!といってますが、やっぱりシュワルツェネッガーの映画面白いですね。コメディとして良質だと思います。
ターミネーター路線じゃなくても普通に面白い。

エマ・トンプソンは美人だと思いますよ。ラブ・アクチュアリー(ロードショーの鬼132)のときは結構歳が行ってましたが。


ダニー・デヴィートは、ツインズでのシュワルツェネッガーとのコンビもありますね。バットマン・リターンズ(ロードショーの鬼97)のペンギン男です。

アルボガストの秘書ルイーズ、アイダ・タトゥーロは、恋するための三つのルール(ロードショーの鬼122)にでてるそうで。


アルボガストの病院の医者で、ヘスの出産手術に立ち会うネッド・スネラー医師ことジェームズ・エックハウスは、大逆転!(ロードショーの鬼208)なんかに出てますね。(カメオで)


フランク・ランジェラ…、ノヴェナ・プエルタの大富豪で、デップに本とってこいって言ってる人か!

tag : アーノルド・シュワルツェネッガー

ロードショーの鬼23 revisit

Around the world in 80 days.

前回はこちら。ロードショーの鬼23


う~ん、今回は、満足。サモハンも、ジャッキーもいつもの吹き替えの人で、安心できた。
サモハンのあの人の声好きなんだよね。ジャッキーも、字幕で見ると本人の声に、これはジャッキーじゃない!とか思ってしまうくらいあの声(アパチャイの人)に慣れてるからな~。

主演のセシル=ド=フランスがかわいいと前回も言ってましたが今回も、ムッチリに満足。
ほお、フーリア(日本未公開)の監督の映画なんかに出てるんだ…。

ちなみに、aguila氏は、至極単純な理由でこのフーリアのサントラを持ってます。




インドで襲ってくるサソリ団の女刺客がかわいい。マギーQというのだそうだ。エイベックスさんにそっくり。(←黒髪が長いだけだろう。)

maggieq.jpg


あ、あと、トレイニング・デイ(ロードショーの鬼177)に出てきていた、マーシー・グレイの役、わかりました。
気球に乗ったあと、荷物を取り返すためにいったん降りたジャッキーが、ロープにぶら下がって登りきるまでのドタバタの中で、居眠りしていて小火(ぼや)が起きかけている部屋を覗いてしまったので、建物の中に入って…反対側から再びロープにぶら下がるってシーンです。

蒸気船の船長マーク=アディは、ロック・ユー(ロードショーの鬼30)のローランド。タイム・マシン(ロードショーの鬼202)にも出てきてました。

オーウェン・ウィルソン(アルマゲドン(ロードショーの鬼103)、シャンハイ・ヌーン(ロードショーの鬼4)、シャンハイ・ナイト(ロードショーの鬼63)、アイ・スパイ)と、ルーク=ウィルソン(チャーリーズ・エンジェル(ロードショーの鬼70)、チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル(ロードショーの鬼17))のウィルソン兄弟は、ライト兄弟。


とまあ、前回見逃してた部分を中心に見ましたよ。

tag : ジャッキー・チェン オーウェン・ウィルソン アーノルド・シュワルツェネッガー

ロードショーの鬼185

レッドソニア。

redsonja.jpg


Red Sonja.

赤毛のソニア。

ドラクエの女戦士みたいな衣装でブリジット・ニールセンが戦う映画です。

はるか昔、伝説の王国アトランティスが滅び、悪と暴力が支配する世の中。黄金の仮面を付けた悪の王女ゲドレン(サンダール・バーグマン)が悪行の限りを尽くしている。レッドソニア(ブリジット・ニールセン)はゲドレンの侍女になることを拒否したために家族を殺され、兵士に陵辱された。
月日は経った。偉大なる神の力が込められた宝玉タリスマンが強大になりすぎたため、管理を任されている尼僧院では破壊の儀式が行われようとしていた。しかし、ゲドレンの軍隊が急襲し、尼僧を殺してタリスマンを奪う。
重傷を負いながらも1人だけ逃げ出した尼僧ヴァルナ(ジャネット・アグレン)は、通り掛かった戦士カリドー(アーノルド・シュワルツェネッガー)に助けられた。尼僧は妹レッドソニアに連絡を取って欲しいとカリドーに頼む。その頃、師匠(タッド・ホリノ)の元での修行を終了したレッドソニアは名刀ストームブリンガーを受け取っていた。カリドーの案内で姉に面会したレッドソニアは、タリスマンは光によって強力化し、13日後には嵐と地震を起こして世界を滅亡させるという話を聞かされる。息絶えた姉の意思を継ぎ、タリスマンを取り戻して葬り去ることを誓うレッドソニア。
カリドーは協力を申し出るが、男嫌いのレッドソニアはそれを拒絶。1人で旅に出た彼女は、ハブロックの国で幼き王子ターン(アーニー・レイエス・ジュニア)と大臣ファルコン(ポール・L・スミス)を助ける。ファルコンからゲドレンが闇の国バーカベインにいることを聞き、レッドソニアは馬を走らせる。
途中にある大きな門を開けてもらうため、管理人のブライタグ(パット・ローチ)に会ったレッドソニア。しかし彼は通行税の代わりに体を要求。ブライタグを倒したレッドソニアは彼の部下に囲まれるが、駆け付けたカリドーに助けられ、カリドーが敵を引き付ける間に門を突破する。


もう突っ込みどころ満載。

家族が殺されたはずのソニアに姉がいて尼僧になってる…。
妹を連れてきて事情を説明してから息絶えるそのお姉さん。都合が良すぎないか?
ていうかゲドレンはどうしてソニアを侍女にしようとしたの…。
カリドーこそがヒルカニアの王って途中でわかるんだけど、どうして王様が国をほっぽって旅してるの?グランバニアの王かあんたは!もしくはアラゴルンみたいな状態?あるいは、国を失ったロストロイヤル?

中国の剣の達人って何だよ!とか、ストームブリンガーってエルリックかお前は!とか、色々気になりすぎ。
ターン王子がまたムカつくんだこれが。生意気な顔してるし…。
近道するためにブライタグの門を突破したはずなのに、ターン王子たちが先回りしてるのは何故?


tag : アーノルド・シュワルツェネッガー

ロードショーの鬼23

b0007mciw4.09.jpg

ジャッキー!ジャッキー!ジャッキー!

というわけで、今日は80デイズ。

吹き替え版の原田泰三は良くなかった。口が動いている間に台詞詰め込むので精一杯なんだろうね。まあ、頑張れ。

昔の「80日間世界一周旅行」のテーマソングaround the worldはすごくいい曲だが、今回は別にそんなに曲はポイントではないですね。

シュワルツェネッガーの登場シーンは要らない。

何で、科学アカデミーの会長が警察のトップを動かせるのかは不明。
オービルとウィルバーの自転車屋を出す意味も不明。
ま、最後の飛行装置の伏線か…?

ま、サモハンが出てるし(スッゲー老けたな。)細かいことは気にせずに。

まあ、結局ヒロインのセシル=ド=フランスが美人だったので、何も言うことは無いです。

tag : ジャッキー・チェン オーウェン・ウィルソン アーノルド・シュワルツェネッガー

ロードショーの鬼21

というわけで録画しといたエンドオブで伊豆(このままで良いか)を深夜に見ました。


t-endof.jpg


予告編を見て、やっぱ世界を終わらすのはマイちゃんだろうと、SMB.COM結成当時の我々は噂しあってたわけです。結局見に行きませんでしたが。

まあ、私的には、ヒロインがあんまり美人でなかったので楽しくなかったです。(途中出てきたサタンの配下の嫁さんと娘の方が美人。後、肉体が融合し会うのがそれはそれでエロチックかしら?)
話の筋は、まあ、気にならない。破綻はしてないかな?ってレベルだけど。
多分、シュワルツェネッガーの「アメリカン・タフ・ガイ」ぶりを見るのが主目的なんだろう。とにかく彼はタフ。
悪魔を倒すって言うと、なんだか聖書とか十字架とか聖水とか神秘的なアイテムを期待するわけですが、カリフォルニア州知事は物理的な銃にこだわり続ける。この銃にこだわり続けるところが、アメリカ人受けするんだろうか?銃は効かないンだけどね。それどころか、聖書の言葉も十字架も効かないし、教会の中には平気で入ってくる。鍵掛けた部屋の中に普通に入ってるし、窓から突き落とされて地上に叩きつけられても、地下鉄に轢かれても全然平気で、物理的な障害は彼には何の妨げにもならないのにとにかく銃をぶっ放し続ける。
で、途中から信仰に目覚め始めた彼が、最後は、信仰の力でサタンに打ち勝つと。

まあ、途中のサタンに操られた人々が襲ってくるシーンはゾンビ物か?と一瞬思いました。あと、地下鉄の車両の上から、下から、手を突き出してくシーンとか、まあ、神秘的・幻想的というよりは、ホラー映画(スリルを味わう?)な感じ。

後、サタンが生き返らせた妻と子供を見て、小さい子供良いな!と思いました。フルハウスのミシェルみたい。でもあんまり可愛いので拳骨で殴って泣かせて見たくなる。←それは虐待だ。

なんだか悪魔の出てくる神秘的な映画って言うと、昔見たスペインとフランスの合作映画を思い出しましたが、あっちの方がエロチック、且つ、なんだか退廃的で、救いのない映画でした。
ネットで今調べてみたところ、主演はジョニー=デップだったのねあの映画。
タイトルは、La Novena Puerta(the ninth gate)、監督は、ロマン=ポランスキー。スペイン映画ってよりはフランス映画な感じがした(英語でタイトルがウってあるけど)

tag : アーノルド・シュワルツェネッガー

銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
告知板

どうでもいい告知


ハムナプトラ3の後はインディージョーンズ・クリスタル・スカルの王国を見ました。


プロフィール

aguila_bicefala

Author:aguila_bicefala
本場ではミニグ君に色々着せ替えするのが流行ってるんですよ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
ユーザータグ

オーウェン・ウィルソン ジャッキー・チェン ハリソン・フォード ニコラス・ケイジ ブラッド・ピット アラン・リックマン ブルース・ウィリス ナタリー・ポートマン ウィル・スミス ジーン・ハックマン ジョニー・デップ ティム・バートン監督 アレク・ボールドウィン アーノルド・シュワルツェネッガー ダスティン・ホフマン ハリー・ポッター・シリーズ ジュリア・ロバーツ マット・デイモン トム・ハンクス サム・ライミ監督 ドナルド・サザーランド デンゼル・ワシントン オーランド・ブルーム シャロン・ストーン レイチェル・ワイズ スコット・カーン ビル・マーレイ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ アントニオ・バンデラス ダニー・グローヴァー レベッカ・ローミン ヒュー・ジャックマン スティーブ・グッテンバーグ トム・クルーズ 

リンク

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。